このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

オークファン(Aucfan.com)、ヤフー、楽天、アマゾンなどのショッピング検索を新機能に追加

 株式会社オークファン(本社:東京都渋谷区、代表:武永修一)は、同社が運営するオークション一括検索・比較サイト「オークファン(Aucfan.com)」に、新たにショッピング検索機能を追加した。

オークファンは、2001年1月に実質的に開始した国内最大級のオークション一括相場検索・価格比較サイト。 2006年10月より海外、携帯オークションにも検索対象サイトを拡大。ユーザー数は、2007年5月31日現在で135万人(モバイル版は20万人)を突破している。

特徴的な機能としては、国内の主要オークションサイト7社(Yahoo!、楽天、ビッダーズ、モバオク、ぐるぐる、WANTED、その他)にアマゾンジャパン(Amazon.co.jp)、米eBayを加えた9サイトを一括で検索できる。取引商品のデータベースは2億件を超え、過去の商品の価格や相場を検索できる機能を持つ。ユーザー同士の掲示板・投票板といったコミュニティー機能、オークションのカテゴリ別の詳細な分析(毎日更新)、も充実。
また、携帯版はYahoo!オークション、モバオク(DeNAとKDDIの合弁会社)、楽天オークション、アマゾン(Amazon.co.jp)の4つを同時比較できる。

今回の新機能は、Yahoo!ショッピング、楽天市場、アマゾン、BIDDERSショッピング、アマゾン(amazon.co.jp)などのインターネットショッピングモールの商品を一括検索できる。特にアマゾンの検索結果では、新品価格と中古価格が同時に表示されるようになっている。

運営するオークファン社は、
「弊社が今月行ったアンケート調査によれば、オークション(販売・購入)を利用したことがあるユーザーのうち、93.9%がネットショッピングをやったことがあると答えていた。大抵のオークションユーザーは、
「一応新品価格もチェックしてからオークションで安いものを探す。」
「探しているものがある場合、ショッピングとオークションのどちらかで検索して、見つからなければもう一方で探す」
というように、オークションとショッピングを併用している。
今までオークションで、複数のショッピングモールで商品を検索していたユーザーにとって、1つのサイトで両方の検索が可能になったため利便性が大幅に向上する。更に無料会員機能であるブックマーク機能を使用すれば、ショッピングの商品とオークションの商品を比較できる。」と話す。

同社では、今後もショッピングとオークションの連携を包括的に進めていく予定だ。オークションとショッピング間の障壁が軽減されることによって、今までショッピングしか利用していなかったユーザーが、不要になった商品をオークションに出品するようになったり、オークションユーザーが、必要に応じてショッピングで新品を買うようになったり、今まで以上にインタラクティブになる環境を構築する予定だという。

株式会社オークファンは、2007年6月に設立 資本金3973万円。
事業内容は、(1)月間ユニークユーザー数135万、総PV4000万以上を誇る国内最大級のオークション検索サイト『Aucfan.com(オークファン)』を運営。加えて、(2)複数のオークションに対応した一括取引システムの提供、(3)国内・海外のオークション取引データ(約2億2000万件、流通高1兆5000億円)を生かしたCtoC市場のマーケティング、流通支援事業、などオークション周辺事業を行う。


オークファン(Aucfan.com)
http://aucfan.com/
http://m.aucfan.com *携帯版


【本件に関するお問い合わせ先】
 株式会社オークファン
 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-21-8  セラ51ビル9F 
 TEL:03-5423-7815
 URL:http://aucfan.com/
News2uリリースへ
SEOTOOLS一括見積りサービス
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
iディレクトリ
SEOTOOLSディレクトリ
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る