このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

【第1回】「e-株主リサーチ」クイックアンケート  ? 損しても投資はやめられない? 8月の損益はマイナスが多数も ?

IRコミュニケーション支援の株式会社エーツーメディア(代表取締役社長:永山均 ) は、個人株主と上場企業のコミュニケーションツールとして、インターネットを利用した株主アンケートシステム「e-株主リサーチ」を運営しています。
「e-株主リサーチ」クイックアンケートの結果ダイジェストは以下の通りです。
< 調査趣旨 >
8月に起きた世界同時株安によってどれだけの個人投資家が影響を受けたのか、また、9月以降の投資熱をはかる目的として今後検討している投資商品や“投資”そのものに対する個人投資家のイメージを聞きだした。

< 調査結果概要 >
■2007年8月の損益は個人投資家の8割以上で損
評価損益について聞いたところ、8月に発生したサブプライムローン問題を起因とする株安の影響からか『大損』が46%、『多少損』が36%と損をしたと答える個人投資家が8割を超える結果となった。逆に、『予想通りの利益』4%、『予想以上の利益』1%と8月に利益をあげることのできた個人投資家は全体の5%程度の結果にとどまった。続いて9月の株式市況について聞いた設問では、同問題による先行き不安からか『強気』48%、『弱気』52%と弱気の比率がわずかに多かった。

■注目している株式銘柄はトヨタ自動車がトップ
今後注目している国内株式銘柄について聞いたところ、1番多くの回答がよせられたのは『トヨタ自動車 株式会社』で全体の5%となった。以下、『任天堂 株式会社』3%、『株式会社 東芝』1.5%の順となり、時価総額ランキングで上位を占める大手企業に人気が集中した。個別に社名を回答した回答者数は76名、回答にあがった社数は71社となった。

■今後検討している投資商品でFXが台頭
現在実施している投資商品と今後検討している投資商品について聞いたところ、現在・今後ともに1番多く選ばれたのは『株式』(現在:96%、今後:82%)となり、続いて『投資信託』(現在:44%、今後:33%)となった。また、『FX (外国為替保証金取引) 』が現在の8%に対して今後は16%と2倍以上の数値となり、投資商品として注目されていることが分かった。

■“投資”とは何か? 多くは『資産運用』や『将来設計』をイメージ
あなたにとって“投資”とは何かと聞いたところ、全体の約30%は『資産運用』や『将来設計』、『老後の糧』といった言葉を回答。続いて『夢』『自己実現』、『忍耐』といった人生論にまつわる言葉や『ゲーム』『知的なギャンブル』といった趣味・遊びを連想させる言葉がそれぞれ約20%となった。以下、収入源や実利に関する言葉が約10%、生涯学習や経済勉強といった言葉が約9%となった。また、少数意見として『やめたい』と弱音をはく投資家もいた。

株式投資の注目銘柄では安定感のある大手銘柄が多く、また、投資そのものに対しては堅実かつポジティブな意見が大半を占めた。一方、投資商品全体ではより投資リスクが高いとされるFXに人気が集まっており、トレンドに影響を受けやすい個人投資家の本音と建前が見え隠れする。

<調査概要>
調査方法:インターネットを利用したアンケート
調査対象:e-株主リサーチ採用企業の株主アンケートに回答した個人株主(母集団)から無作為に300名抽出※母集団属性は下記参照
調査期間:2007年8月31日? 2007年9月10日
集計回答人数:181人

質問項目
1. 2007年8月の投資損益はいかがでしたか。
2.ずばり、9月の国内株式市場は強気?弱気?
3.今注目している国内株式銘柄はございますか。
4.今現在どのような投資を行われていますか。
5.今後どのような投資を検討(継続も含め)なされていますか。
6.あなたにとって“投資”とは?

<母集団属性>
母集団4,010名
■性別/男性70%、女性30%
■年代/29歳以下6%、30代30%、40代27%、50代22%、60代12%、70歳以上3%
■職業/会社員43%、会社役員4%、公務員・非営利団体職員9%、自営業9%、パート・アルバイト・フリーター5%、専業主婦13%、学生0%、無職・定年退職13%、その他4%


< e-株主リサーチについて >  

 (株)エーツーメディアが実施する個人投資家を対象としたインターネット調査。次の2つのサービスを提供。

 1. e-株主リサーチ
   上場会社が本決算、中間決算期に個人株主向けに配布する事業報告内にてアンケート告知を行い、インターネットサイトに誘導し回答するシステム。 (携帯電話からでも可)IR担当者はリアルタイムで回答状況を把握可能。また自社の結果だけではなく、同時期に実施している他社との結果比較も可能。従来までのはがきを利用した株主向けのアンケートに比べ、集計時間やコストにおいて劇的なスピードアップとコストダウンを実現。現在、一部上場会社200社を含む、約600社の利用実績あり。今後1年間で1,000社への利用促進を図る。

 2. e-株主モニターアンケート
   e-株主リサーチ回答者に対してモニター会員案内を行っており、現在約8,500名(2007年8月31日現在)が会員登録中。モニター会員に対して、時事問題やトレンドをテーマに、彼らの考え方や意見について定期的(月一回)に調査を開始。個人投資家の実態や企業のIR活動への要望を分析し、個人投資家と上場企業のコミュニケーションの円滑化と情報の需給バランスの最適化を図っていきます。


< 株式会社エーツーメディアについて >

会社概要
 会社名:株式会社エーツーメディア  URL = http://www.a2media.co.jp
 所在地:東京都港区西新橋3-3-1 西新橋TSビル7F
 設立日:2002年8月8日  資本金:6,230万円
 代表者:代表取締役社長 永山 均
 事業内容:IR企画・制作、事業報告書・アニュアルレポート・会社案内作成、IRサイト構築、映像メディア・企業紹介ビデオ作成、事業会社向けインターネットマーケティング、コンサルティング、企画開発
 事業概要:(株)エーツーメディアは、ディスクロージャービジネス大手の株式会社プロネクサスのグループ会社として Enhanced IRを企業理念にIR活動を支援しています。Enhanced IRとは様々なマーケティング手法を駆使し、IR活動の領域を広げることで、顧客企業の投資家を中心にステークホルダーへのプレゼンスを改善・向上していこうという考えです。(株)エーツーメディアは、e-株主リサーチやe-株主モニターアンケートの結果と、多方面からの情報を連動させ、独自の知的アセットを構築し市場の求めるメディアのあり方を模索していきます。

●本件に関するお問い合わせ先
 調査結果、独自調査実施に関して
 第五企画営業部 E-MAIL: e-kabunushi@a2media.co.jp
 TEL:03-5777-3099 FAX:03-5777-3107
News2uリリースへ
SEOTOOLS一括見積りサービス
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
Jエントリー
SEOTOOLSディレクトリ
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る