このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

C-NEWS「第40回東京モーターショー2007」に関する調査 「魅力を感じるクルマ」1位、2位に日産車 自動車開発で期待したいのは「環境への配慮」

15歳(中学生は除く)以上のインターネットユーザー1,000人の回答結果
<調査結果トピックス>
■最も魅力を感じるクルマ 1位、2位を日産車が占める
■「第40回東京モーターショー2007」の内容認知率は66%
■来場意向 「ぜひ行きたい」7%、「できれば行きたい」24%
■「エコカー」ではトヨタ、「未来型車両」では日産車が魅力No.1
■自動車開発で期待したいことは「環境への配慮」41%

 ヤフーバリューインサイト株式会社(本社/東京都中野区、代表取締役社長:田部 信、以下ヤフー・バリュー・インサイト)が提供する、生活者情報マーケティングデータサービス「C-NEWS(http://c-news.jp/)」では、千葉市幕張メッセにおいて開催中の「第40回東京モーターショー2007」に関する市場調査を実施しました。
今後もC-NEWSでは、商品企画のための生活者基礎データや商品販売後の効果検証のためのデータなど、マーケティングシーンで役立つさまざまな情報をタイムリーに提供してまいります。


◇◆◇ 調査結果概要 ◇◆◇

■最も魅力を感じるクルマ 1位、2位を日産車が占める

 世界初出展車などC-NEWSがピックアップした「第40回東京モーターショー2007」での注目35車両の中で、「最も魅力を感じる車」についての回答は多車種に分散しているものの、日産の「ピボ2」がトップ。2位には同じく日産の「NISSAN GT-R」があがった。
 魅力を感じた理由についての自由記述では、「ピボ2」は「かわいい」「デザインが斬新」といった感想が多い。一方、「NISSAN GT-R」は男性を中心に「かっこいい」「一度は乗ってみたい」といった声が目立った。


■「第40回東京モーターショー2007」の内容認知率は66%

 10月26日から千葉市幕張メッセで開催された「第40回東京モーターショー2007」について、「よく知っており、すでに出品車両などの情報を集めている」(9%)と「情報などは集めていないが、なんとなく知っていた」(57%)を合わせた内容認知率は66%。「『東京モーターショー』という言葉は聞いたことがある」(28%)まで合わせた認知率では94%に達する。
 年代別に見ると、内容まで認知している人は30?50代で70%を超える。一方、10代では40%と30?50代の半数程度にとどまった。また、10代においては、「東京モーターショー」という名称そのものを初めて聞いた人が20%と、他年代と比較し、認知が著しく低い。


■来場意向 「ぜひ行きたい」7%、「できれば行きたい」24%

 「第40回東京モーターショー2007」への来場意向は、「ぜひ行きたい」が7%、「できれば行きたい」が24%で、来場意向者は全体の約3割であった。
 年代別では、「ぜひ行きたい」「できれば行きたい」を合わせた来場意向者が最も多いのは、20代で38%。
 その理由を自由回答形式で聞いたところ、「ぜひ行きたい」では、「先進技術に触れたい」「車をみるのが好き」といった回答が目立つ一方、「GT-Rを見たいから」など特定の車種がお目当てという声もあった。「行きたくない」理由としては、「興味がない」「遠いから」「混んでいそう」といった回答が挙げられた。


■「エコカー」ではトヨタ、「未来型車両」では日産車が魅力No.1

 各社から出展されたコンセプトカーを、C-NEWSが「エコカー(環境対応車)」と「未来型車両」と定義分けし、それぞれ魅力度を聞いたところ、「エコカー」ではトヨタの「クラウン ハイブリッド コンセプト」「FT-HS」が11%で上位を占める。「未来型車両」では日産「ピボ2」が約20%でトップ。


■自動車開発で期待したいことは「環境への配慮」41%

 今後の自動車開発に最も期待したい点をたずねると、「環境への配慮」が41%でトップ。「安全性の向上」(26%)が続く。デザインや走行性、装備などよりも環境、安全性を重視する傾向にあった。
 「あなたが考える『理想のクルマ』」について、自由回答形式で聞いたところ、「ゴミを燃料とした車(学生・10代女性)」「空が飛べる車(会社員・20代男性)」「水やソーラー電池でガソリン車並みに走れる車(専業主婦・30代女性)」「寝ながら目的地に行ける車(会社員・40代男性)」など、さまざまな意見が得られた。


<調査概要>
◇調査方法 : インターネットによるクローズド調査
◇調査対象者 : 15歳(中学生は除く)以上のインターネットユーザー
◇調査期間 : 2007年10月27日
◇集計回答人数: 1,000人(男性50%、女性50%)


◆自動車に関するその他調査のご案内

【ライフスタイル】自動車<まとめ>関東では「セダン」、他の地域は「軽自動車」ユーザーが多数(2007年2月)
・最も欲しい車のタイプ、トップは「軽自動車」。既存ユーザーの継続購入意欲高い(2006年12月)
※C-NEWSでは、「東京モーターショー2007」に関する調査第2弾として、「第40回東京モーターショー2007」におけるブランドイメージ調査の実施を予定しております(近日公開予定)


◇生活者情報マーケティングデータ「C?NEWS」について

C-NEWSとは、インターネットという社会インフラを最大限に活用し、市民(Citizen)、消費者(Consumer)といった側面から、生活者の声をタイムリーかつ立体的に社会や企業に伝える、従来にないメディアです。「なぜ、その商品はヒットしたのか?」「活発な消費行動を示す消費者層はどんなプロファイルで、何をどう買っているのか?」 C-NEWSはインターネットリサーチの独自性を活かし、こうした疑問に答えるためのデータを提供すると共に、生活者に向けてマーケティング活動を展開する企業や組織に常に新鮮な「視点」や「仮説」を提供します。

◇ヤフーバリューインサイト株式会社について

ヤフーバリューインサイト株式会社は、2007年7月1日に(株)インフォプラントと(株)インタースコープが合併し、発足いたしました。これまで両社が蓄積してきたインターネットリサーチノウハウを有効的に活用し、インターネットリサーチ市場において質・量ともにナンバーワンを目指してまいります。
「市場の生活者ニーズを捉え、マーケティング課題を解決し、企業の成長に貢献する価値を提供すること」それが私たちの使命です。リーディングカンパニーとしての実績を誇るマーケティングリサーチを主軸に、データ解析、コンサルティング、生活者情報の配信など、企業のマーケティング活動をワンストップでサポートします。

会社名    :ヤフーバリューインサイト株式会社
          http://www.yahoo-vi.co.jp/
所在地    :東京都中野区中央1-38-1 住友中野坂上ビル1F
          TEL: 03-3367-1967(代表) FAX:03-3367-1961
新会社発足日 :2007年7月1日
資本金    :7億円
代表者    :代表取締役社長 田部 信(たなべ しん)
事業内容   :・マーケティングリサーチ事業
          ・データ解析事業
          ・マーケティングコンサルティング事業
          ・生活者情報データ・コンテンツ事業
           [C-NEWS] http://c-news.jp/
          ・メディアサポート事業
           [media park] https://user.mediapark.jp/
所属団体   :・社団法人日本マーケティング・リサーチ協会(JMRA)
          ・社団法人日本マーケティング協会(JMA)
          ・ESOMAR(ヨーロッパ世論・市場調査協会)
          ・応用統計学会
          ・社団法人情報処理学会
          ・日本行動計量学会
          ・日本消費者行動研究学会


<本件に関するお問い合わせ>

 C-NEWSのサービスに関して
 ヤフーバリューインサイト株式会社 C-NEWS編集室
 E-MAIL: info@c-news.jp TEL:03-3367-1962 FAX:03-3367-1969 

 

News2uリリースへ
SEOTOOLS一括見積りサービス
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
インフォキュービック テキスト広告
SEOTOOLSディレクトリ
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る