このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

新レギュラーを迎え撮影快調! 今秋放送『水戸黄門 第42部』

今秋放送が始まる『水戸黄門 第42部』の撮影が、東映京都撮影所で6月14日(月)に始まった。第42部からは6代目佐々木助三郎役で東幹久が、6代目渥美格之進役で的場浩司が出演。さらに雛形あきこが新キャラクター・楓(かえで)役で登場する。

助三郎は代々水戸藩の祐筆を勤める家柄で老公の側近として旅に同行する。片や格之進は水戸藩の命を受け老公を警固することに。二人は共に老公を尊敬しているが、家臣としての立場や人柄は異なる。第42部ではそのような二人の違いを丁寧に描きながら物語が進む。
一方、雛形あきこ演じる楓は、子どものころから男子のように野山を駆け巡る活発な性格で、長い棒を使って戦う棒術の達人だ。風車の弥七に頼まれて老公をお守りすることに。

第42部の第1話は2時間スペシャルで放送する。老公は幕府の重臣が絡む悪巧みが進んでいることを知る。一方、老公の息子が治める高松藩で世継ぎを巡る争いが起こる。それらの難題を解決するために老公一行は旅に出る。助三郎と格之進の活躍と楓が老公と出会ういきさつなどを見どころたっぷりに描く。

また、第1話には第41部でレギュラーを卒業した由美かおるがゲスト出演。お娟が老公一行の旅立ちを見送ることになる。


○出演者のコメント

東 幹久
僕は『水戸黄門』が始まった年に生まれました。子どもの頃から見ていた番組なので、本当に自分に助さん役が来たのか、と驚きました。助さんを演じると報道されてから、知らない人にまで、「放送を楽しみしています」と声をかけられました。これまでなかった経験で、番組のすごさをあらためて感じました。『水戸黄門』全体が面白いと言ってもらえるよう、監督、スタッフみんなで力を合わせて作っていきたいです。

的場浩司
子どもの頃、祖父母と一緒に見ていた番組に出演することができて、光栄です。小学生の時、「この紋所が目に入らぬか」と言って遊んでいたことを思い出します。東とは付き合いが長く、四回目の共演で、二人のチームワークはばっちりです。これまですばらしい先輩方が演じてきた格さんを、自分がやらせてもらうからには、自分なりの格さんを作り上げて、『水戸黄門』を全ての人に楽しんでもらえるよう一生懸命頑張ります。

雛形あきこ
皆さんに愛していただけるように楓を演じたいです。楓の可愛らしさを出したいですね。棒を使って戦うアクションをしますが、棒が体の一部になるようにしっかり練習して撮影に臨みたいです。東さん、的場さんとはこれまでにも共演はありましたが、『水戸黄門』の現場は雰囲気が違い、緊張します。自分らしさが出せる健康的なお色気シーンにも挑戦したいです。

里見浩太朗
東さん、的場さんは、黄門をしっかり警固してくれる、頼りがいのある助さん格さんですね。雛形さんも含め、三人三様の芝居を期待しています。かっこよく見える立ち回り、身のこなしなどはアドバイスしたいと思います。一緒にご飯を食べたり、ゴルフをしたりしながらチームワークを築いていきたい。新しいキャストを迎えてみんなで肩を組んで、面白い『水戸黄門』を作っていこうと現場は意気込んでいます。どうぞご期待下さい。

http://www.tbs.co.jp/mito/?link=n2u
News2uリリースへ
SEOTOOLS一括見積りサービス
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
インフォキュービック テキスト広告
SEOTOOLSディレクトリ
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る