このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

「前日のNY高から買いが優勢化した。ロコ・ロンドン現物は横ばい推移となった」【ドットコモディティ】

ドットコモディティの「海外先物取引」なら安心して世界へコネクトできます。
「マイクロ・ゴールド」なら約5万円の資金で海外先物ができる!
・CQG Trader のデモ取引を、今すぐ、無料で試していただくことが出来ます。
(くわしくはこちら)http://www.commodity.co.jp/overseas/tool/CQG_Trader/demo.html
  
(7/29) 更新
【金】
29日の東京金の日中取引は軟調。大引けの前営業日比は15〜12円安。前日のNY高から買いが優勢化した。ロコ・ロンドン現物は横ばい推移となった。
28日のNY市場は小安い。中心限月の4月限は前営業日比1.4ドル安の1614.2ドル。WTI原油やプラチナが下げたことからファンドの連想売りが先行した。
米労働省が発表した新規失業保険申請件数が事前の予想を下回ったため、当初はNYダウがプラス圏を推移するとともに、為替市場はドル高ユーロ安に振れた。ただ、米議会で債務上限の引き上げを巡る協議が8月2日の期限を前にして行き詰まったままという状況の中で、米欧経済に対する不透明感の高まりとともに株式、商品市場は弱気ムードが優勢のまま値を消す展開となった。
金市場は前日に史上最高値を更新した後に利食い売りが続いて値を消したため、弱気ムードが尾を引いて一時は160280ドルに下落して22日以来の安値をつけた。
本日、5時から取引が再開される夜間取引では、揉み合い推移を予想。午後4時00分現在のロコ・ロンドン現物は1613.40ドル。東京金先限ベースの予想レンジは4000〜4040円中心。

【コーヒー】
29日のコーヒー相場(アラビカ種)は軒並み安。大引けの前営業日比は700〜320円安。NY安が悲観的に受け止められて売り人気が主導した。
28日のNY市場は軟調。中心限月の9月限は2.55セント安の238.65セント。コーヒー需要の停滞感からファンドの売り人気が主導した。期近は2セント強の下落、期中から期先にかけた限月は3セント強の下落で取引を終えた。

【ゴム】
29日のゴム市況は、反落。大引けの前営業日比は5.2〜1.9円安。景気の先行きに対する不安感が底流していることから、石油など工業系銘柄全般に上値重い空気が停滞しているためだ。加えて、前日は上海、シンガポールの各海外ゴム相場が下落、更にきょうの上海が一段下げとなっていることも重い空気を誘った。
7月下旬からタイ中央ゴム市場での集荷が増えていることも需給ファンダメンタルズ面での圧迫材料となっている。7月上旬の時点ではまだ1日当り50トン前後だった集荷は、後半に入ってきてから100トンを超えることが常態化しており、生産は好調に推移している。このため現在の東京市場の順ザヤは今後一段と拡大される公算が強い。
タイRSS3(対日商社向け8-9月FOB契約/バンコク港積み)480.00¢。理論上の採算値は382.40円。原料であるUSS3はkg当り131.0バーツ中心。
  
【大豆】
29日の東京一般大豆は総じて軟調。大引けの前営業日比は、630円安〜40円高。東京コーン相場は軒並み安で引けた。大引けの前営業日比は700〜360円安。
28日のシカゴ大豆、コーン市場は週末から週明けにかけて米中西部の広範囲に降雨予報が出て作柄の改善が期待される中で、朝方発表された21日現在の週間輸出成約高がいずれも事前予想を下回ったため、弱気ムードが先行して下値テストが続いた。中南部は地域によって高温乾燥気味に推移するとの予想もあって、こうした天候リスクを意識しながら一時的に思惑買いが表面化して相場を押し上げる場面もみられた。ただ、買い物が続かずに息切れして終盤は再び値を消す結果となり、両市場ともにほぼ安値引けとなった。大豆市場は米商務省が発表した6月の月間大豆搾油量が1億2430万ブッシェルとなり、前月(1億2800万ブッシェル)と事前の予想(1億2510万ブッシェル)を下回ったことも弱材料視された。

【原油】
29日の原油相場は、軒並み下落。前日のWTI原油が強もち合いとなったが、売りが主導して地合いを弱める展開となった。大引けの前営業日比(帳入値比較)は、410〜100円安。先限の帳入値段は前日比310円安の5万44570円。
28日のWTI原油は、強持ち合い。中心限月の9月限は前日比0.04ドル高の97.44ドル。引き続き米景気の先行きに対する不安感から上値重い値動きが継続したが、若干買いが先行して地合いを整えた。
本日午後5時からの夜間取引は、揉み合い推移を予想。NY原油相場の中心限月は午後15:30現在97.05ドル。予想レンジ(先限)は、5万4400〜5万4800円。
 

(本レポート筆者のご紹介)
【小針秀夫氏】
トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表取締役
東京工業品取引所日報編集長を経て、2001年にトーキョー・トレーダーズ・タイムズを設立。
現在は「コモディティ・ジャーナリスト」として各メディアで活躍中。

==================================
1)本レポートは、ドットコモディティ株式会社が信頼出来ると判断した情報源から入手した情報に基づいて作成しておりますが、レポートに記載されている情報が正確であるとの保証は致しかねます。情報に関し不完全な場合もございます。本レポートに記載する価格、数値等は、過去の実績値、概算値、もしくは将来の予測値であり、実際の数値とは異なる場合があります。本レポートは将来の結果をお約束するものではございません。また本レポートに記載されている情報をいかなる目的で仕様される場合におきましても、お客様の判断と責任において使用されるものであり、本レポートにある情報の使用による結果についてドットコモディティ株式会社が責任を負うものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。

2)本レポートに記載されている内容の著作権は、原則ドットコモディティ株式会社に帰属いたします。本レポートにおいて提供されている情報に関してドットコモディティ株式会社の承諾を得ずに当該情報の複製、販売、配布、公表、修正、頒布または営利目的での利用を行う権利を有しません。
==================================
<会社概要>
会社名 : ドットコモディティ株式会社(http://www.commodity.co.jp/
所在地 : 東京都渋谷区恵比寿1-21-8 セラ51 ビル6F
代表者 : 舟田 仁(じん)
資本金 : 18 億9,999 万円
事業内容:商品取引受託業務、海外商品先物取引業務、店頭商品デリバティブ取引                                                
     経済産業省・農林水産省許可商品取引会社

News2uリリースへ
SEOTOOLS一括見積りサービス
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
Jエントリー
SEOTOOLSディレクトリ
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る