このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

「石油や穀物を中心として商品全般に堅調・ただし金相場だけは20円超の下落」【ドットコモディティ】

(12/28) 更新
米国デリバティブ誌「Futures 」のWEB版「FUTURES MAG.COM」なら、世界中の旬なマーケット情報やコラムについて、原文や日本語訳文をお選びいただき、ご覧になれます。
https://commodity-board.com/2011/05/futures-magazine.html

【原油】
28日の原油相場は、総じて堅調。当限だけは弱含みな市況情勢で引けた。大引けの前営業日比(帳入値比較)は、30円安〜640円高。先限の帳入値段は前日比630円高の5万0990円。

27日のNY原油は軒並み上昇。中心限月の2月限は前営業日比1.66ドル高の101.34ドル。終値ベースで100ドルに達した。一時は101.77ドルまで上値を追った。

国営イラン通信によると、ラヒミ第1副大統領は原油輸出に対し制裁措置が発動された場合、ホルムズ海峡を封鎖して石油輸送を遮断する方針を示した。ブルームバーグ・ニュースの調査によると、米エネルギー省が発表する先週の原油在庫は3週連続の減少が予想されている。
なお、イランは27日、同国の原油輸出に対し制裁措置が加えられた場合には、ホルムズ海峡を封鎖し原油輸送を停止させると警告した。国営イラン通信(IRNA)の報道によると、ラヒミ第1副大統領は「西側諸国がイランの原油輸出に制裁を課すなら、原油一滴たりともホルムズ海峡を通過させない」との見解を明らかにしている。

本日午後5時からの夜間取引は、強含み推移を予想。NY原油相場の中心限月は午後15:30現在101.37ドル。予想レンジ(先限)は、5万0700〜5万1300円。
 
【金】
28日の東京金の日中取引は、軒並み安。大引けの前営業日比は26〜24円安。前日のNY金が小安い展開となったため売りが優勢化した。

27日のNY金は総じて弱含み。中心限月2月限の前営業日比は10.5ドル安の1595.5ドル。再び1600ドルの節目を割り込む展開となった。

年末休暇シーズンを迎えて株式、商品市場ともに参加者が限定的な中、株式市場は2ドル安と小動きだが、商品市場は中東の地政学的リスクの高まりとともに原油が101ドル台に上伸し、金相場は罫線などテクニカル要因から小幅の続落となった。

米株式市場はS&Pケース・シラー住宅価格指数が20都市中19都市で下落するなど住宅市場の低迷ぶりを示す結果となったため、弱気ムードが先行した。ただ、米コンファレンス・ボードが発表した12月の米消費者景気信頼感指数が8カ月ぶりの高水準となり、年末商戦の好調を受けて消費者心理が持ち直していることを示す内容となったため、売り買いが交錯して狭いレンジで終始した。商品市場は原油がイラン、イラク、シリアなど中東の緊張感が高まる中で、イランの副大統領がホルムズ海峡の封鎖と原油の輸出停止の可能性を示唆するなど強硬姿勢を強めているため、地政学的リスクの高まりとともに原油高が鮮明となっている。

本日、5時から取引が再開される夜間取引では、弱含みで推移することが予想される。ロコ・ロンドン現物が強含みに推移しているため一段と上値追いとなることが予想される。午後3時30分現在のロコ・ロンドン現物は1588.60ドル。東京金先限ベースの予想レンジは3950〜4000円中心。

【コメ】
28日の東京コメ相場は、総じて小高い。ただし先限は小口の売りが主導して弱含みに推移した。大引けの前営業日比は、10〜200円高。先限は20円安の1万4010円で引けた。

福島県内で生産されたコメから国の暫定基準値を超える放射性物質が相次いで検出されたことから、農林水産省は1キログラム当たり100ベクレルを超える放射性物質が検出されるなどしたコメを、業界団体を通じて買い上げる方針を正式に発表した。政府は、コメから国の暫定基準値を上回る放射性物質が検出された福島県内の8つの地区を対象に出荷停止を指示しているが、地元の自治体からは、国に対して問題のコメを買い上げるよう求める声が上がっていたことに対応した。出荷停止の指示が出た地区で生産されたすべてのコメに加え、厚生労働省が適用を決めた一般食品に含まれる放射性物質の新しい基準値である100ベクレルを超えたコメについても、業界団体を通じて買い上げる方針とした。

【コーヒー】
 28日のコーヒー相場(アラビカコーヒー)は、大きく高騰した。当限だけ下落して引けた。複数の限月が1000円を超える顕著な上昇となった。大引けの前営業日比は、820円安〜1400円高。大引けの前営業日比は、180円高の2万4080円。

27日のNYコーヒー市況は期近から堅調。ただし長期限月は小安い展開となった。中心限月の3月限は3.20セント高の222.85セントで引けた。

【ゴム】
28日のゴム市況は軒並みに小幅高。大引けの前営業日比は、0.1〜0.8円高で引けた。先限は0.1円高の271.6円で引けた。

連休を明けたシンガポール・ゴム相場は、RSSが総じて6セント安、TSRが総じて3セント安。相場は引き続き中国の悲観的な消費見通しに依拠して上昇しにくい市況情勢を強いられている。年末から年始にかけたゴム相場は、特に刺激的な材料が見当たらないことから、テクニカルな小幅高下に終始する公算が強い。相場としては下げが一巡して下値の余地は浅いものと考えられるが、逆に消費の減退傾向から、上昇しても上値には限度がある展開となることが予想される。

タイRSS3(対日商社向け1-2月FOB契約/バンコク港積み)335.00¢。理論上の採算値は270.30円。原料であるUSS3はkg当り89.0バーツ中心。
  
【大豆】
28日の東京一般大豆は堅調。前日のシカゴが急伸した流れを受けた。ただし上げ幅は限られた範囲だった。大引けの前営業日比は、290〜850円高。先限は770円高の3万8630円で取引を終えた。東京コーン相場は総じて上昇。大引けの前営業日比は230〜610円高。先限は320円高の2万2910円で取引を終えた。

27日のシカゴ市場は南米の乾燥天候が続いているため、作柄懸念の高まりとともに生産高予想が下向き修正されるとの観測が強まって投機人気を刺激し、ファンド筋の思惑買いが続いて急伸した。ラ・ニーニャ現象が続いているため、特にアルゼンチンはここに来て高温乾燥天候が顕著になりつつある。同国ではコーンの作付けが25%程度残しているため、作付面積の下向き修正の可能性を含めて生産高予想がかなり下向き修正される可能性が言われている。一方でブラジルは前週末に60%程度で降雨があったが、最も降雨が必要な南西部は少量にとどまった模様。今週は一部では降雨範囲が80%程度に拡大するとの予報もあるため、実際の降雨量と地域次第で作柄がどこまで悪化するか、あるいは持ち直すかは流動的。いずれにしても1月12日に米農務省が発表する11年産米農産物の最終生産高予想、12月1日現在の全米在庫、米国と世界の需給予想が重要な意味を持つことになる。

==================================
1)本レポートは、ドットコモディティ株式会社が信頼出来ると判断した情報源から入手した情報に基づいて作成しておりますが、レポートに記載されている情報が正確であるとの保証は致しかねます。情報に関し不完全な場合もございます。本レポートに記載する価格、数値等は、過去の実績値、概算値、もしくは将来の予測値であり、実際の数値とは異なる場合があります。本レポートは将来の結果をお約束するものではございません。また本レポートに記載されている情報をいかなる目的で仕様される場合におきましても、お客様の判断と責任において使用されるものであり、本レポートにある情報の使用による結果についてドットコモディティ株式会社が責任を負うものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。

2)本レポートに記載されている内容の著作権は、原則ドットコモディティ株式会社に帰属いたします。本レポートにおいて提供されている情報に関してドットコモディティ株式会社の承諾を得ずに当該情報の複製、販売、配布、公表、修正、頒布または営利目的での利用を行う権利を有しません。
==================================
<会社概要>
会社名 : ドットコモディティ株式会社( http://www.commodity.co.jp/
所在地 : 東京都渋谷区恵比寿1-21-8 セラ51 ビル6F
代表者 : 舟田 仁(じん)
資本金 : 18 億9,999 万円
事業内容:商品取引受託業務、海外商品先物取引業務、店頭商品デリバティブ取引                                                
     経済産業省・農林水産省許可商品取引会社

News2uリリースへ
SEOTOOLS一括見積りサービス
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
Jエントリー
SEOTOOLSディレクトリ
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る