このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

イノベーション Research Memo(6):通期業績は下振れリスクがあるものの、半期ベースでは上向きに転じる

注目トピックス 日本株
■今後の見通し

1. 2018年3月期の業績見通し
イノベーション<3970>の2018年3月期の業績見通しは、売上高で前期比17.3%増の1,475百万円、営業利益で同14.5%増の197百万円、経常利益で同1.5%増の198百万円、当期純利益で同7.4%増の130百万円と期初計画を据え置いた。期初計画では下期偏重の業績計画となっていたが、第2四半期までの状況は利益ベースで若干計画を下振れており、通期計画でも下振れリスクが残る。ただ、上期に投下した広告宣伝費やSEO対策費用、採用募集費が下期はなくなることから、第3四半期以降は営業利益で黒字に転じる見込みで、半期ベースで見れば下期以降、再び増収増益路線に戻ることが予想される。

営業利益で通期計画を達成するためには、下期の営業利益は対上期比で217百万円の増益が必要となる。このうち広告宣伝費やSEO対策費、採用募集費については下期に予定していないため、合わせて77百万円の増益要因となる。残りについては売上高を一段と拡大し、増収による売上総利益増で計画に近づけたい考えだ。売上総利益率は平均で約60%の水準となっていることから、上期比で230百万円程度売上げを伸ばすことができれば、営業利益の計画達成も射程圏内に入ってくるが、現状ではややハードルが高い印象で、営業利益ベースで数千万円程度下振れする可能性があると弊社では見ている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)



<MH>

株式会社フィスコへ
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
ブロードバンドセキュリティ
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る