[SEOTOOLSニュース] SEOの最新ニュースをチェック http://www.seotools.jp/news/____SEO.html SEOに関する最新ニュースを配信。 ja NECフィールディング株式会社とSecureSoftコンテナシリーズの販売協業を開始 http://www.seotools.jp/news/id_000000007.000014703.html SEOTOOLS 2017-02-22T16:47:33+09:00 SEOニュース



【販売協業の背景】

近年、お客様のIT環境が多様化するとともに、マイナンバーをはじめとした重要なデータの取り扱い、保管する機会が増加しております。さらにDDoS攻撃やランサムウェアなどのマルウェアの攻撃も急増してきております。その為、昨年は自治体のネットワーク分離が話題となりましたが、今年2017年は特に金融関係、医療機関でもネットワーク分離対策が求められて参ります。
そこで、日本国内に約400のサービス拠点を持ち、安心安全なIT環境の構築・保守サービスを提供しているNECフィールディングと、セキュリティ製品を自社で開発から販売まで一貫しているセキュアソフトが、お客様の複雑化するセキュリティ対策や課題をタイムリーに解決できるよう協業することとなりました。セキュアソフトのセキュリティ製品と両社の高い技術力で多くのお客様へ、安心安全なIT環境をご提供できるよう努めて参ります。


[表: https://prtimes.jp/data/corp/14703/table/7_1.jpg ]



【製品の説明】
SecureSoftコンテナシリーズとは

エンドポイント(PC)環境で、コンテナ技術を駆使し、インターネット分離を実現、ハッキングやマルウェアの侵入を守るi-コンテナと、業務システムの重要データをコンテナ内でしっかりガードするS-コンテナをご用意しております。それぞれ、VDIや他仮想ブラウザシステムに比べ低コストでスピーディな導入が実現できます。

【SecureSoft i-コンテナ】
コンテナ技術でインターネットアクセス専用のコンテナ環境とローカル環境を分離します。インターネット利用環境を分離することで、マルウェアやランサムウェア等の未知脅威からパソコンを守ります。

■ 業務環境とインターネットアクセス環境の分離により、セキュアなインターネットアクセス環境を実現



[画像1: https://prtimes.jp/i/14703/7/resize/d14703-7-556738-0.jpg ]


【SecureSoft S-コンテナ】

重要業務データをローカル環境から分離、コンテナ内で暗号化し、情報漏えいから守ります。管理サーバによりUSBメモリなどの外部メディアやデバイス、ファイルの持ち込み・持ち出しを制御することが可能です。


[画像2: https://prtimes.jp/i/14703/7/resize/d14703-7-599032-1.jpg ]


【会社概要】

◆株式会社セキュアソフト

設 立:2002年8月30日
代表取締役社長:姜 昇旭
資本金:8,850万円
本社 所在地:東京都渋谷区東3-14-15 MOビル2F
事業内容:情報セキュリティの研究及び製品の開発
情報セキュリティソリューション及び監視・運営サービスの販売
保守サポート及び教育
セキュリティ及びIT運用の人材支援
グループ会社:サービス&セキュリティ株式会社、セキュアソフトテクノロジー株式会社、
株式会社セキュリティサービスラボ (Seoul)
従業員数:1,201名(2017年1月時点 グループ会社含む)
URL:https://www.securesoft.co.jp/

◆NECフィールディング株式会社

設 立:1957年3月30日
代表取締役社長:中江 靖之
資本金:96億7,010万円
本社 所在地:東京都港区三田一丁目4番28号 (三田国際ビル)
事業内容:コンピュータ・ネットワークシステムのハードウェアおよびソフトウェアの
インストールサービス、メンテナンスサービス
コンピュータ・ネットワークシステム導入時のコンサルタントおよび関連諸工事の設計、
施工、監督、請負
コンピュータ・ネットワークシステムの運用業務のアウトソーシングサービス
コンピュータシステムのオペレーション教育や運用教育のトレーニングサービス
コンピュータ関連用品、ネットワーク関連機器およびオフィスファニチャー等の販売[11]
従業員数:5,076名(2016年3月末時点、単体)
URL:http://www.fielding.co.jp

■製品に関するお客様からのお問い合わせ先

株式会社セキュアソフト 営業本部担当 柴田 和幸
製品お問い合わせ窓口:TEL 03-5464-9966
(受付時間:9時〜17時/土・日・祝日は除く)
お問い合わせWebフォーム: https://www.securesoft.co.jp/contact/ ]]>
PLAN-B リアロケーションシステム「Reallo」を開発、第一弾として広告主様向けに広告効果確認ダッシュボードの無料提供を開始 http://www.seotools.jp/news/id_at_122459.html SEOTOOLS 2017-02-22T10:00:00+09:00 SEOニュース
まずは第一弾として、2月22日(水)より当社へ広告運用を委託いただいている既存広告主様向けに、広告配信結果をいつでも確認できるダッシュボード機能を無料提供いたします。
広告会社様向けの予算再配分機能など広告運用面でのサポート機能につきましては今春より順次展開してまいります。

<Reallo_全体図イメージ>
https://www.atpress.ne.jp/releases/122459/img_122459_1.jpg


■Realloのコンセプト
オンラインプロモーション領域において、細かいPDCAと施策の透明化が求められる今日、様々な要望を抱える広告主様と、運用の効率化と効果の最大化を図りたい広告運用代理店様、それぞれが持つ課題や悩みを一つのシステムで解決したいという思いで開発を進めてきました。


■例 広告主様が抱える課題
・広告配信状況をすぐに知りたい際に、広告運用代理店に問い合わせる必要がある。
・書面でレポートを受け取る前に管理画面で生データをチェックしたい。
・施策を透明化し、広告運用代理店と一緒にPDCAをまわしていきたい。


■例 広告運用代理店様が抱える課題
・プロモーション目的によって成果配分モデル(終点/起点/線形/接点ベース)を選択したい。
・アトリビューション分析で広告の貢献度を可視化し、予算を再配分したい。
・リスティング広告やディスプレイ広告、ソーシャル広告など、多岐にわたる管理画面を、統合した1つの画面で管理したい。
・ボタン一つで簡単にレポートを抽出したい。


[ 第一弾_広告主様向けダッシュボード機能でできること ]
(1)連携媒体(Google AdWords(TM)/Googleディスプレイネットワーク(GDN)/Yahoo!スポンサードサーチ/Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)/Facebook Ad/LINE Ad)の進捗数値確認
(2)選択した期間内での広告効果の確認(表示回数/クリック数/クリック率/コンバージョン数/コンバージョン率/コンバージョン単価/コスト)

※ 広告主様ごとに「広告主ID」「ログインID」「パスワード」を発行させて頂きます。
※ デイリーでの数値結果も確認できます。
※ 媒体ごとの数値結果も確認できます。
※Google および AdWords は Google Inc. の商標で、米国内の登録商標です。


<第一弾 広告主用レポート確認画面 イメージ>
https://www.atpress.ne.jp/releases/122459/img_122459_2.jpg


広告運用代理店様向けの機能が中心となる第一弾以降のサービスにつきましても随時、発表をさせて頂きます。
Realloについての詳しい情報をお知りになりたい方は以下をご参照下さい。
https://www.plan-b.co.jp/reallo_lp/?utm_source=press_1702202&utm_campaign=press&utm_medium=text


【会社概要】
名称    :株式会社PLAN-B
代表者   :代表取締役 鳥居本 真徳
本社所在地 :東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー33F
       大阪市西区新町1-28-3 四ツ橋グランスクエア6F
福岡オフィス:福岡県福岡市博多区中洲5-3-8 アクア博多5F
沖縄オフィス:沖縄県那覇市久茂地3-22-1 日高ビル2F
設立    :2003年10月22日
事業内容  :デジタルマーケティング領域
       インターネット広告
       SEO(検索エンジン最適化)
       Webサイト構築
       DMP「Juicer」の開発 ]]>
子育て中のママがWEBマーケティングで社会貢献!『MaMa Marketing LABO』事業を開始 http://www.seotools.jp/news/id_at_122163.html SEOTOOLS 2017-02-21T11:30:00+09:00 SEOニュース
『MaMa Marketing LABO』詳細URL
http://www.harunohi.jp/mama-marketing-labo/


■『MaMa Marketing LABO』とは
日本では、70%の家庭でママが家計を管理しており、家庭の消費に対する最終決定権を握っているといいます。
そのため、ママ目線でマーケティングを行い、商品の購入に関する最終決定権を握っているママを味方につけることで、企業の売り上げを伸ばすだけではなく、子育て中の女性が家庭と仕事を両立し、『働く場所や時間に縛られない働き方』で社会に貢献することができます。

本事業では、ママや女性をターゲットとする企業のマーケティングを、プロのマママーケターやママデザイナーがママ目線で手掛けます。
harunohiのほかに、子育て中のママが代表を務めるWEBコンサルティング会社「WebFleurir」「オフィスアベチカ」やデザイン会社「モヨリノデザイン」が協力して運営を行っています。


■在宅マーケターを育てる事業『MaMa Marketing LABO At HOME』
『MaMa Marketing LABO』の事業の一環として、子育て中の女性を対象としたWEB広告の知識と技術習得のためのセミナーを、大阪で無料開催いたします。
本セミナーでは、WEB広告の運用をママが在宅で行うことで、子供と過ごす時間を大切にしながらも、社会に貢献できる仕組みづくりを目指します。

【セミナー開催概要】
在宅で行うことができる「WEB広告」の知識と技術を、協力会社である株式会社サーチライフが提供する教育サービスを使用し、同じく協力会社である株式会社クレフの大阪のセミナー会場で習得していただきます。

10回のセミナー終了後、テストを通過された方には、協賛いただいた企業様のWEB広告運用のお仕事の斡旋をharunohiから行い、在宅で広告の運用を行っていただきます。

募集期間  :2017年3月1日〜2017年3月15日
セミナー期間:2017年4月17日〜 計10回
場所    :株式会社クレフ セミナールーム
       〒540-0026 大阪市中央区内本町1-2-15 谷四スクエア7F
参加費   :無料
定員    :最大10名


■協力会社
<株式会社サーチライフ>
株式会社サーチライフ(代表取締役:山中 仁史、所在地:東京都千代田区)は、広告会社様(広告代理店・SEO会社・制作会社・メディア・その他代理店様)を支援することを主たる業務とする会社です。

<株式会社クレフ>
株式会社クレフ(代表取締役:森田 大輔、所在地:大阪市中央区)は、100年先から「ありがとう」と言われる企業を増やすことを目的として、WEB・映像等のクリエイティブ&マーケティングを主たる業務とする会社です。

<WebFleurir>
WebFleurir(代表:吉永 康子)は、WEB制作やWEBコンサルティングを主たる業務として行っています。

<オフィスアベチカ>
オフィスアベチカ(代表:阿部 千加)は、「あなたと その先にある“笑顔”のためにできること」をテーマに、WEBコンサルティングやデザイン制作・広告運用などを主たる業務として行っています。

<モヨリノデザイン>
モヨリノデザイン(代表:田中 奈々)は、“最寄りのデザイン”というコンセプトでデザインを中心に企画の提案から広告の運用までトータルにサポートしております。


■『MaMa Marketing LABO』協賛のご案内
『MaMa Marketing LABO』では、子育て中のママが活躍できる社会作りに共感していただける、協賛にご協力をいただける企業を募集しています。
協賛いただいた企業様には、WEB広告の運用の代行を無料で行わせていただいております。

協賛金    :一口3万円〜 (何口でもご協賛いただけます)
協賛条件   :社会貢献企業であること
協賛一覧に掲載:WEBサイトの協賛一覧に、お店や会社の名前または
        ロゴを掲載させていただくことができます。


■株式会社harunohi 会社概要
“こころ、豊かに。”を経営理念に掲げ、2015年10月に設立し、WEB広告の運用代行やWEBサイト制作を中心に事業展開を行っております。
また、働きたいママが小さい子どもを連れてきて一緒にはたらけるオフィス環境を作るなど、働き方に対してさまざまな工夫を行っております。
現在、代表を含め8名のスタッフが8名の子どもたちと一緒に、お客様のマーケティング目標達成のため、日々励んでおります。

社名  : 株式会社harunohi
所在地 : 大阪市中央区糸屋町2-1-1 三和センチュリービル803
TEL   : 06-6360-9120
設立  : 2015年10月1日
代表  : 代表取締役 山下 佳二宏
事業内容: WEB広告運用事業
      WEBサイトの企画・制作作業
      その他、インターネット関連サービス事業
URL   : http://www.harunohi.jp/ ]]>
クロスフィニティ、英国ユニコーン企業で世界において12,000社以上が導入するコンバージョン改善ソリューション Ve から「Premium Partner」を初受賞 http://www.seotools.jp/news/id_000000291.000014848.html SEOTOOLS 2017-02-21T11:21:36+09:00 SEOニュース



[画像1: https://prtimes.jp/i/14848/291/resize/d14848-291-578670-0.jpg ]

【写真左から】 Ve Japan 代表取締役 スベン・トーマス・オルソン様  
        クロスフィニティ 代表取締役 加藤 毅之

[画像2: https://prtimes.jp/i/14848/291/resize/d14848-291-273472-1.jpg ]


 「Premium Partner」は、 Veのソリューションを活用してクライアント利益に貢献している代理店を表彰する賞です。クロスフィニティは、2014年以来、日本市場において、多くのクライアントのコンバージョン改善とビジネス価値向上に継続的に貢献した結果を評価され、受賞に至りました。

 クロスフィニティでは、今後とも Ve Japanの「Premium Partner」としてサービス展開を進め、SEOやLPOと連携させた、多角的なCROコンサルティングをクライアントに提供して参ります。


〔Ve Interactive Ltd.について〕
Ve Interactive Ltd. は、イギリス、ロンドンに拠点をもち、コンバージョン改善ソリューションとディスプレイ広告をワンストップで提供する企業です。現在、全世界で36拠点、12,000社以上のクライアントを抱え、ユーザの離脱を防ぎコンバージョンを増やすソリューションとして世界的に注目を集めています。

2009年11月設立以来、ヨーロッパで様々な賞を受賞し、グローイング・ビジネス・アワード2014 デジタル部門表彰、スティーヴィー国際ビジネスアワード2013のソフトウェア企業部門で金賞受賞、データ・ストラテジー・アワード2014の受賞など様々な賞を受賞しています。


〔クロスフィニティ株式会社について〕
クロスフィニティ株式会社はアフィリエイト広告、SEO、CROを提供するデジタルマーケティングカンパニーで、台湾、マレーシア、シンガポールに進出するなど積極的に海外展開も進めております。

※記載されている製品およびサービス名は、各社の登録商標または商標です。

[本件に関するお問合わせ先]
クロスフィニティ株式会社  城戸(キド)
TEL 03-5745-3838
E-mail press@mg.crossfinity.co.jp
URL https://www.crossfinity.co.jp/info/ ]]>
コンテンツマーケティング支援のイノーバと、インサイドセールスのコンサルティング企業ピー・ディー・アールが協業〜商談創出の仕組みをワンストップで提供 http://www.seotools.jp/news/id_178402.html SEOTOOLS 2017-02-20T13:00:00+09:00 SEOニュース
オウンドメディア型ホームページを活用した見込み客獲得・売上アップを支援する株式会社イノーバ(本社:東京都文京区、代表取締役社長CEO:宗像 淳、以下イノーバ)と、顧客管理とインサイドセールスに関するコンサルティングを提供する株式会社ピー・ディー・アール(本社:東京都港区、代表取締役:沼澤 拓也、以下PDR)は、顧客企業向けのサービス提案・提供で協業体制を構築します。

両社はこの協業により、マーケティングと営業に課題を抱える企業に対して、効率的かつ効果的な枠組みをワンストップで提案・提供することが可能になります。


協業の背景
デジタルマーケティング領域で企業の活用が進む「コンテンツマーケティング」と「マーケティングオートメーション」、新しいスタイルの内勤型電話営業である「インサイドセールス(注1)」はいずれも、“売り上げの創出”というゴールにつながる1本のプロセスを構成する要素です。

ところがこれまで、企業がこうした手法を導入するには、コンテンツマーケティングとマーケティングオートメーション、インサイドセールスで別々の専門企業からツールやコンサルティングの提供を受ける必要があり、3つの要素を統合したプロセスの構築が難しいという課題がありました。

実際にイノーバとPDRの各社には、「デジタルマーケティングとインサイドセールスを連携させて売り上げを創出するプロセスを、全体感をもって構築したい」というお客さまの声が寄せられていました。

そこでイノーバとPDRは、それぞれの得意領域を生かし、お客さまの声にワンストップで応えるサービスを提案・提供するため、このたび協業体制を構築することで合意しました。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzNDE4OCMxNzg0MDIjMzQxODhfc3VyYWtDcERSVC5wbmc.png ]


協業の概要
イノーバとPDRは、それぞれが強みを持つ以下のサービスを組み合わせて、統合的なソリューションを顧客に提案・提供いたします。

【イノーバ】
・オウンドメディア型コンテンツマーケティング運用ツール「Cloud CMO(注2)」
・高品質コンテンツ制作サービス
・マーケティングオートメーション運用コンサルティング

【PDR】
・顧客管理とインサイドセールスに関するコンサルティング
・顧客管理研修・新人研修
・データベースマーケティング業務支援、データベース活用支援

この協業により、お客さま企業は両社のどちらに相談しても、コンテンツマーケティングとマーケティングオートメーション、インサイドセールスを連携させた商談創出の仕組みについて提案・提供をワンストップで受けることが可能になります。

たとえば、インサイドセールスの担当者が見込み顧客から吸い上げたニーズを元に、マーケティングオートメーションで配信するコンテンツを制作したり、Cloud CMOで見つけ出したニーズ顕在層の見込み顧客を対象に、Cloud CMOに蓄積された見込み顧客の行動履歴を参照しながらインサイドセールスの担当者が電話したりといった運用を実現できます。

このように、コンテンツを使ったコミュニケーションで見込み顧客のニーズを引き出し、ニーズが顕在化した見込み顧客をマーケティングオートメーションで効率的に発見して、そこにインサイドセールスからアプローチするという効率的・効果的な商談創出をお客さま企業が実践できるように、イノーバとPDRは協力して支援を提供してまいります。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzNDE4OCMxNzg0MDIjMzQxODhfUWNQdFRqd2VZRy5wbmc.png ]


(注1)インサイドセールスについて
インサイドセールス(inside-sales)とは、お客さまを訪問して対面で行う営業(フィールドセールス:field-sales)とは異なり、「inside=内側、内部」という意味から内勤営業などと訳されます。

インサイドセールスの主な活動内容は、電話やeメール、Webなどの間接的なチャネルを駆使し、顧客関係を構築し、キーマンの把握やニーズの喚起や掘下げを行い、見込み客および商談機会を創出します。

またインサイドセールスでは、商談化したものの、失注やペンディングになった顧客のリフォローも行います。さらには、受注後のアフターセールスも展開します。

▼さらに詳しくは、こちらをご覧ください
http://www.pdr2001.com/inside-sales/


(注2)オウンドメディア型コンテンツマーケティング運用ソフトウェア「Cloud CMO」について
ウェブの専門知識が無くてもオウンドメディアの構築やコンテンツの投稿が可能なコンテンツ管理システム(CMS)機能の他、検索エンジン最適化(SEO)をサポートする機能、見込み客へのメール配信やコンテンツ配信の効果測定機能まで、コンテンツマーケティングを実践する担当者の業務を支援するさまざまな機能をオールインワンで備えたクラウド型のマーケティングオートメーション・ソフトウェアです。

▼Cloud CMOについてさらに詳しくは、こちらをご覧ください
https://innova-jp.com/cloud-cmo/


株式会社ピー・ディー・アールについて
ピー・ディー・アール(PDR)は、顧客管理とインサイドセールスのコンサルティング企業です。社名は、Personal(個人)・Data(情報)・Relations(関係作り)の3つのキーワードを合わせたものです。顧客(個人、企業)個人の情報を元に、企業が顧客との継続的な関係を作り、売上、利益の拡大を実現していくことを支援しています。

具体的な提供サービスは、顧客管理とインサイドセールスに関するコンサルティング、顧客管理研修・新人研修、データベースマーケティング業務支援、データベース活用支援です。

代表者:代表取締役 沼澤 拓也
所在地:東京都港区南青山4-17-33 グランカーサ南青山2F
設立:2001年1月5日
資本金:1000万円
ホームページURL:http://www.pdr2001.com/


株式会社イノーバについて
イノーバは、「国境も、常識も超える“マーケティング&セールス”をつくり続ける」をビジョンに掲げ、世界中の先進的なマーケティング手法をリサーチし、自社が実験台となりながら、「コンテンツマーケティング」をはじめとする新しいマーケティング手法を顧客に提案・提供しています。

コンテンツ管理システム(CMS)とマーケティングオートメーションの機能を統合した自社開発のツール「Cloud CMO」に加えて、専門ノウハウを備えた自社スタッフと1,500名を超えるライターネットワークによる品質にこだわったコンテンツ制作サービスを提供することで、オウンドメディア型ホームページを活用したお客さまのコンテンツマーケティング実践を支援しています。

代表者:代表取締役社長CEO 宗像 淳
所在地:東京都文京区小石川一丁目4番1号 住友不動産後楽園ビル18階
設立:2011年6月28日
資本金:3億2423万5000円
ホームページURL:https://innova-jp.com/


本件に関するお問い合せ先

株式会社ピー・ディー・アール 後藤 信子
E-Mail:info@pdr2001.com
Tel:03-6432-9228

株式会社イノーバ マーケティング部 薩川 格広
E-Mail:mktg@innova-jp.com
TEL:03-4405-7431


(付録)用語解説
本文中の専門用語について、詳しくは下記のページの解説をご覧ください。

▼コンテンツマーケティング
https://innova-jp.com/content-marketing/

▼マーケティングオートメーション
https://innova-jp.com/201602-make-the-most-of-ma/

▼コンテンツ管理システム(CMS)
https://innova-jp.com/201611-basics-of-cms/

▼検索エンジン最適化(SEO)
https://innova-jp.com/article147/ ]]>
WEBコンサルティングサービスを手掛けるREM社へ当社ベトナム法人Evolable Asia Co., Ltd.にてITオフショア開発ソリューションの提供を開始 http://www.seotools.jp/news/id_000000128.000006523.html SEOTOOLS 2017-02-17T14:31:01+09:00 SEOニュース

 One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショア開発事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コード:6191、以下当社)のベトナム法人であるEvolable Asia Co., Ltd.(本社:ベトナム ホーチミン、代表取締役社長:薛 悠司)は、WEB制作、SEO対策、WEBコンサルティングサービスを行う株式会社REM(本社:東京都中野区、代表取締役社長:堀 研太郎、以下REM社)へ、ベトナムのITオフショア開発ソリューションの提供を開始いたしました。

■REM社の概要・開発内容
 REM社は、主に各種サイトの制作・運営を手がけており、制作業務ではコーポレートサイト、ECサイト、プロモーションサイト、ランディングページの作成など、集客を意識したサイト作りを行っています。また運営業務では会員数20万人弱の月額課金制メディアを筆頭に、複数のアミューズメントサイトを運営しています。
 当社ベトナム拠点においては、同社派遣サービスのクライアント・ユーザーシステムの開発や、転職求人媒体のシステム開発、エンドユーザー向け会員サービスのシステム開発を行います。

■ITオフショア開発事業とは
 当社はベトナムのホーチミン、ハノイ、ダナンに拠点を持ち、約550名のエンジニアが在籍している、東南アジアにおける日系最大規模※1のITオフショア開発会社です。クライアントの専属チームを組成するラボ型ITオフショア開発に特化し、エンジニア人材不足を解決するソリューションの提供を行っています。このラボ型ITオフショア開発は、専属のチームを組成することから、クライアント毎のニーズに併せた開発を自由に行うことが可能です。一方、当社にとっては、エンジニアの稼働率が約100%であり、継続してクライアントにご利用頂くことで、ストックで収益が積み上がるビジネスモデルとなっております。

 当社のラボ型ITオフショア開発ソリューションの提供を開始することで、REM社は各システムの開発を加速させ、いっそうの付加価値向上につながるものと考えています。

 今後も当社は、より良いサービスを提供するとともに、更なるITオフショア開発事業の業容拡大、発展に邁進してまいります。


【株式会社REM】
本社 :東京都中野区中野2-30-3マルニビル7F
社名 :株式会社REM
代表者 :代表取締役社長 堀 研太郎
資本金 :5,000,000円
URL :http://www.remcorp.jp/


【Evolable Asia Co., Ltd.】
本社 :4F Saigon Finance Center, 9 Dinh Tien Hoang Street, District 1, HCMC
社名 :Evolable Asia Co., Ltd.
代表者 :代表取締役社長 薛 悠司
資本金 :$200,000
主要株主 :$株式会社エボラブルアジア、Soltec Investments Pte Ltd
URL  :http://evolable.asia/


【株式会社エボラブルアジア】
本社 :東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー19階
社名 :株式会社エボラブルアジア
代表者:代表取締役社長 吉村 英毅
資本金:1,019,967千円(払込資本 1,844,934千円)
URL:http://www.evolableasia.com/

【当社サービスサイト】
総合旅行サービスプラットフォームAirTrip   : https://www.airtrip.jp/
綜合旅行販売サイト TRIP STAR :http://japanflight.tripstar.co.jp/
国内航空券予約サイト 空旅.com :http://www.soratabi.com/
BTM(ビジネストラベルマネジメント)事業 :http://www.evolableasia.com/service/btm.html
ITオフショア開発事業          :http://offshore.evolableasia.com/
【当社IRサイト】 :http://www.evolableasia.com/ir/

※1 2014年9月時点自社調べ ]]>
【洗車の王国】海外事業20か国800店舗の施工店ネットワーク SENSHA韓国、Webサイトをオープン http://www.seotools.jp/news/id_0000147624.html SEOTOOLS 2017-02-17T10:00:00+09:00 SEOニュース Studio OusiaがSamsung Ventureより資金調達を実施 http://www.seotools.jp/news/id_000000005.000011638.html SEOTOOLS 2017-02-16T11:19:45+09:00 SEOニュース
株式会社Studio Ousia(本社:神奈川県藤沢市、代表取締役:渡邉安弘、山田育矢、以下Studio Ousia)はSamsung Venture Investment Corporation (本社:韓国ソウル、代表取締役:SeonJong Lee)を引受先とし、1億5千万円の第3者割当増資を完了しましたことをお知らせいたします。

Studio Ousiaは2016年6月に自然言語処理における著名な国際会議、NAACL(North American Chapter of the Association for Computational Linguistics)内で開催されたQ&A形式の人工知能間のクイズコンペティションで優勝いたしました。当コンペティションで使われた技術をもとに開発した製品が質問応答システム”QA Engine”です。

Samsung Venture Investmentは、世界的規模で自然言語処理や人工知能関連主要ベンチャーの発掘・投資を積極的に行っており、Studio Ousiaの高い技術力が評価され出資にいたりました。

本調達より、Studio OusiaはQA Engineの開発及び事業展開を加速化すると共に、自然言語処理技術開発においては世界最先端のプレーヤーとして、より困難な自然言語処理の課題に挑戦してまいります。

■ Studio Ousia について
Studio Ousia は、 最先端の自然言語処理技術を用いた、面白くて便利な製品やサービスを提供します。
社名 : 株式会社Studio Ousia
所在地 : 神奈川県藤沢市遠藤4489番105 慶應藤沢イノベーションビレッジ221号室
代表 : 代表取締役 渡邉安弘 山田育矢
設立 : 2007年2月5日
資本金 : 185,981,862円
URL : http://www.ousia.jp

<提供サービス>
「質問応答システム QA Engine」 http://www.qaengine.ai/
「キーワード抽出エンジン Semantic Kernel」 http://www.ousia.jp/ja/semantickernel

■ お問い合わせ
株式会社Studio Ousia 広報担当 info@ousia.jp ]]>
GMOデジタルラボ:店舗アプリのオーダーメイド制作サービス「GMOおみせアプリ」ポイント発行機能「ポイント+」を提供開始 http://www.seotools.jp/news/id_000002113.000000136.html SEOTOOLS 2017-02-16T11:19:45+09:00 SEOニュース

2017年2月16日
報道関係各位

GMOデジタルラボ株式会社
============================================================
店舗アプリのオーダーメイド制作サービス「GMOおみせアプリ」
お買い物で貯めて、使える!ポイント発行機能「ポイント+(プラス)」を提供開始
============================================================
 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社の連結会社、GMOデジタ
ルラボ株式会社(代表取締役社長:山田 裕一 以下、GMOデジタルラボ)は、
店舗(企業)専用の集客支援型スマートフォンアプリを短期間・低価格でオー
ダーメイド制作する「GMOおみせアプリ」(URL:https://gmo-app.jp)にお
いて、お買い物で利用可能なポイントを発行できるオプションプラン「ポイ
ント+(プラス)」(URL:https://gmo-app.jp/pointsystem.html)を、本日
2017年2月16日(木)より提供開始いたしました。
 これにより店舗運営者は、独自のポイントサービスを簡単に導入すること
ができ、お客様のリピート来店促進にご活用いただけます。

[画像: https://prtimes.jp/i/136/2113/resize/d136-2113-863767-0.jpg ]


-------------------------------------------------
【「ポイント+」提供開始の背景】
-------------------------------------------------
 「GMOおみせアプリ」では、来店スタンプ発行機能(標準搭載/オプション)
をはじめ、お客様のリピート来店を促す機能の拡充に取り組んでいます。こ
うした中、お客様のリピーター化を後押しするには、ポイントサービスの導
入も効果的といわれており、「GMOおみせアプリ」をご利用の店舗からも、ポ
イント発行機能のご要望が寄せられておりました。
 そこでこのたび「GMOおみせアプリ」は、新たなオプションプランとして、
ポイントが発行できる「ポイント+」を提供開始いたしました。これにより、
店舗独自のポイントサービスを導入したいとお考えの店舗も、簡単にアプリ
内でポイントを発行することが可能となり、ポイントを貯めているお客様の
リピート来店が期待できます。


-------------------------------------------------
【「ポイント+」について】
-------------------------------------------------
 「ポイント+」は、お客様のお支払い金額に応じて、店舗独自のポイント
を発行できるオプションプランです。ポイント還元率は「300円で1pt」「キャ
ンペーン期間中は100円で1pt」など、店舗側で自由に設定でき、また支払い
時に使えるポイントの換算レートも店舗ごとに設定可能です。
 一方、「ポイント+」が導入された店舗アプリをご利用のお客様は、商品
の購入やサービス利用時のお支払いでポイントを貯めることができ、貯まっ
たポイントは次回以降のお支払いに充当することができます。

■「ポイント+」と「カート+」の連携で、
リアル店舗とネットショップの相互送客も可能!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 「GMOおみせアプリ」では、ネットショップ機能を搭載した店舗アプリを制
作できるオプションプラン「カート+」を提供しています。「カート+」で制
作したアプリは「ポイント+」と連携することで、リアル店舗とネットショッ
プで共通のポイントを発行することが可能です。貯めたポイントは、リアル
店舗とネットショップのどちらのお買い物時でも使用できるので、O2O(*1)
のみならず、オンラインとオフラインの相互送客ツールとしてもお役立てい
ただけます。

(*1)O2OとはOnline to Offlineの略で、インターネット上の情報や
   サービスを活用し、リアル店舗への来店を促進すること。


<ポイントの発行方法>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■バーコードリーダーを利用する場合
--------------------------------------------------------------
(1)お客様にアプリの「ポイント画面(バーコード表示)」を開いていただきます。
(2)店舗スタッフは、バーコードリーダーで、バーコードをスキャンします。
(3)店舗側の管理画面上で「ポイント発行」を選択し、発行するポイント数
 (もしくはお会計金額)を入力します。
(4)所定のポイントがお客様のアプリに付与されます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■会員番号を入力して発行する場合
--------------------------------------------------------------
(1)お客様にアプリの「モバイル会員証画面」を開いていただきます。
(2)店舗スタッフは、管理画面上でお客様の会員番号を入力し、
 「ポイント発行」を選択した後、発行するポイント数(もしくはお会計金額)
 を入力します。
(3)所定のポイントがお客様のアプリに付与されます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


<「ポイント+」利用概要・価格>(金額は全て税別)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■名称 :ポイント+
■URL :https://gmo-app.jp/pointsystem.html
■価格 :初期費用:3万円
    月額費用:5,000円
■最低利用期間:12ヶ月間
■備考 :スタンプ発行機能(標準搭載/オプション)との併用はできません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


----------------------------------------------------------------------
【「GMOおみせアプリ」について】(URL:https://gmo-app.jp)
----------------------------------------------------------------------
 「GMOおみせアプリ」は、店舗専用のスマートフォンアプリ
(iPhone(R)/Android(TM))をオーダーメイドで制作し、App StoreやGoogle
Playといったストアへの申請も代行するサービスです。アプリ制作の専門知
識がなくても店舗専用のアプリを運用でき、ユーザーをネット経由でリアル
店舗へ送客するO2O施策に活用することができます。これまでに中小企業を中
心とした1,000社を超える企業・事業者に導入いただいており、制作した店舗
専用アプリのアプリストア掲載数は国内最大級(*2)を誇っています。
 また、海外で店舗を運営する日本の事業者向けに、「Z.com MyStoreApp」
というブランド名で多言語対応の店舗アプリ制作サービスも展開しており、
2016年2月の提供開始から現在までに、タイやベトナム、アメリカ合衆国を中
心に、導入実績を伸ばしています。

(*2)国内主要アプリ開発会社のアプリ掲載数を比較
  (2017年1月31日時点、GMOデジタルラボ調べ)

<参考URL>
・「スタンプ+」URL:https://gmo-app.jp/stamp.html
・「カート+」URL:https://gmo-app.jp/cart/
・「Z.com MyStoreApp」URL:https://storeapp.z.com/vn/en/


-------------------------------------------------
【GMOデジタルラボ株式会社について】
-------------------------------------------------
 GMOデジタルラボは、札幌を本社に、東京・仙台・新潟・静岡でエリア展開
している1993年に設立した企業です。多様かつ複雑化する企業のデジタル領
域において、顧客視点に立ったデジタルサービスをワンストップで提供して
おります。
 主力事業は、デジタルメディア事業(スマホアプリ開発、ホームページ制
作、ポータルサイト運営)、デジタルマーケティング事業(サイト運用支援、
SEOサービス、WEBソリューション)、デジタルデバイス事業(OA機器、モバ
イル端末)の3事業で、中小企業の継続的な発展を実現していくデジタルソリュー
ション・エージェンシーとして支援し続けています。
 今後も、顧客価値の最大化を目標に、「GMOおみせアプリ」をはじめとした
中小企業の集客支援・販売促進に注力してまいります。

以上

--------------------------------------------------------
【サービスに関するお問い合わせ先】
●GMOデジタルラボ株式会社 広報担当 佐々木
TEL:011-219-0037 FAX:011-219-1897
E-mail:info@digitallab.jp
--------------------------------------------------------
【報道関係お問い合わせ先】
●GMOクラウド株式会社 社長室 広報担当 遠藤・松下
TEL:03-6415-6100 FAX:03-6415-6101
E-mail:pr@gmocloud.com

●GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 石井・島田
TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp
--------------------------------------------------------

【GMOデジタルラボ株式会社】 (URL:http://www.digitallab.jp )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOデジタルラボ株式会社
所在地  北海道札幌市中央区北2条西3丁目1番地 敷島ビル5F
代表者  代表取締役社長 山田 裕一
事業内容 ■デジタルメディア事業
    ■デジタルマーケティング事業
    ■デジタルデバイス事業
資本金  3,455万円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【GMOクラウド株式会社】 (URL:http://www.gmocloud.com/ )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOクラウド株式会社 (東証第一部 証券コード:3788)
所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者  代表取締役社長 青山 満
事業内容 ■クラウド・ホスティング事業
    ■セキュリティ事業
    ■ソリューション事業
    ■IAM事業
資本金  9億1,690万円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【GMOインターネット株式会社】 (URL:http://www.gmo.jp/ )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者  代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業
    ■インターネット広告・メディア事業
    ■インターネット証券事業
    ■モバイルエンターテイメント事業
資本金  50億円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※Android(TM)はGoogle, Inc.の登録商標です。
※iPhone(R)はApple, Inc.の登録商標です。iPhone 商標は、アイホン株式会社の
 ライセンスに基づき使用されています。
※その他記載されている会社名、製品名は、各社の商標、もしくは登録商標です。

Copyright (C) 2017 GMO DIGITAL Lab K. K. All Rights Reserved.

■GMO INTERNET GROUP■ www.gmo.jp ]]>
IT導入支援事業に、不動産向けVRプラットフォーム「Zenkei Curator(ゼンケイキュレーター)」が認定されました http://www.seotools.jp/news/id_000000004.000016706.html SEOTOOLS 2017-02-16T10:23:43+09:00 SEOニュース



[画像1: https://prtimes.jp/i/16706/4/resize/d16706-4-468282-5.jpg ]



全景株式会社(本社所在地:石川県金沢市、代表取締役:荒井 芳仁)は、この度、経済産業省が推進する「サービス等生産性向上IT導入支援事業(通称:IT導入補助金)」において「IT導入支援事業者」に認定されました。

IT導入補助金を利用すると、システム導入費用の3分の2(上限額:100万円 下限額:20万円)が補助されます。
この制度を活用してZenkei Curatorを導入した事業者様は、最大100万円の補助が受けられます。

この補助金を受けたい事業者は事前に登録申請が必要です。
補助金・ソフトウェア導入については、お気軽にお問合わせください。
※IT補助金に関するお問合せである旨を、必ずお書き添えください。

経済産業省の「サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)」は、中小企業者等におけるITツール(ソフトウェア、サービス等)の導入費用の補助を通じて、 中小企業者等の生産性向上を目的とする事業です。

◆Zenkei Curatorとは?


VR技術で、内覧営業をコンピュータ化
建物だけででなく、周辺環境を併せて見せることで初めてVR化の価値あり
VR物件ページは、自社内スタッフで制作可能
2008年、前身の「ロケーションプロセッサ」の販売開始から、全国で100件以上の建築・不動産会社が導入。現在も続けて多くのユーザ様にて高い効果を発揮中


「Zenkei Curator(ゼンケイキュレーター)」は、不動産会社の営業マンが行っていた、お客様に対する接客の全てをバーチャル・リアリティ(VR)を使って実現するサービスです。

VRを使った物件のWebページを掲載することで、これまで営業マンにさせていた内覧営業をWeb上でおこなうことができます。


契約者の中には、「転勤が急に決まった」「引っ越し先が今より離れているので、何度も見に行けない」という人がたくさんいます。そんなとき、インターネットで物件を見ることができるのはとても便利。夜でも雨の日でも、簡単に自宅でチェックできます。事前に比較してチェックしておけば、お店に行くのは契約の時だけでよくなるのです。

[画像2: https://prtimes.jp/i/16706/4/resize/d16706-4-396398-0.jpg ]

製品URL:https://www.zenkei.com/estate/
チラシダウンロード(PDF):https://www.zenkei.com/download/zc_201702.pdf

現状と課題
不動産会社様にとって、これから大きな2つの波が押し寄せようとしています。それは、

さらなる、不動産業界のIT化(不動産取引の重要事項説明のオンライン化等)
人材不足

です。

最近では、自社のホームページを持つ会社様も増えてきましたが、実際の業務自体は、Webを見た見込み客が来店したのち内見案内をするという流れが大きく変わってはいません。つまり、営業担当者の負担は従来のまま。
また、ホームページには写真やMAPを使った周辺環境を掲載しているケースが多いですが、ただ掲載しているだけのところが多いのが実情。建物だけでなく、周辺環境を併せてVR化することで不動産の価値をさらに引き出すことができるのです。

人材に関しても深刻な悩みがあるでしょう。
若手就業者の人口自体が減る中で、不動産会社は一般的には、土日祝日に休むことが難しい業界です。繁忙期はほぼ決まっており、膨大な量の書類仕事をこなす必要があります。求人も難しく時間も予算も限られる中で、「生産性」つまり売上を上げなくてはいけません。
今いるスタッフで、去年よりどのように生産性を上げるか?が大きな課題なのです。


◆この機会に補助金を使って、IT化を進めてみませんか?
上に述べたように、不動産業界にもIT化の波が押し寄せています。
今後は、IT化により機械にできることは機械に任せ、人間は新たな領域への拡大を通して利益を増やす仕組みが必要です。これが生産性の向上なのです。

しかし、投資が必要では・・・?そのお金をどこから工面する?
と頭が痛くなっていませんか。
それをぜひ、全景にお任せください。
[画像3: https://prtimes.jp/i/16706/4/resize/d16706-4-694575-6.jpg ]


ソフトの使い方をサポートするだけでなく、今、IT導入補助金を使えば2/3も費用が戻ってきます。
初期費用と1年分の利用料金を補助金でまかなうことができますので、負担も少なく始めることができます。


3つの見える化
物件情報を見える化することで、買いたい人・借りたい人の気持ちをひきつけます。
土地や建物だけでなく、不動産の価値を決める「ロケーション(周辺環境情報)」もていねいにガイドしましょう。

「物件」を、Web上でVR体験提供
周辺環境情報もVR体験提供
「基本情報」から、担当者や会社情報を確認


Zenkei Curatorで制作できるページには、この3点がすべて網羅されています。そのため、もれなく入力すればていねいな物件ページが完成します。
全天球カメラ「RICOH THETA」対応で撮影は簡単なので、自社内スタッフで撮影から制作まで完了します。

●物件ページに掲載される内容(下図)

物件のVRコンテンツ(見取り図と連動)
物件のおすすめポイント
この物件の問い合わせ、連絡先
周辺環境(広域マップ)
周辺環境(教育、医療、買い物などの施設案内)
物件の基本情報
周辺環境モジュール
この物件の問い合わせ、連絡先とSNS情報
この物件の近くにある他の物件情報



[画像4: https://prtimes.jp/i/16706/4/resize/d16706-4-394540-7.jpg ]

Zenkei Curatorを使ったデモコンテンツ:http://demo.zenkei.net/demo

また、物件情報を詳細に入力することができます。(下図)
専用の入力ボックスがあるので、地域や物件名、特徴などをきちんと埋めることで自然とSEO対策にもつながります。
[画像5: https://prtimes.jp/i/16706/4/resize/d16706-4-105621-4.jpg ]

さらに!
作成されたコンテンツには、アクセス解析とコンテンツチェック機能を搭載。当社基準できちんとチェック(採点)され、お客様に見てもらいやすいコンテンツの制作に役立ちます。
クリエイティブ制作の専門担当者がいなくても、VRシステムを自社内で運用することができる仕組みが整っています。

今までのウェブページは、広告チラシや看板などの「従来メディア」の延長でした。
しかし、Zenkei Curatorで見せるウェブページは、物件案内とロケーションのプレゼンを効率化し、ウェブからの集客力と成約効率のアップが期待できます。人的資源の多くを営業にさくのではなく、商品力強化へシフトすることができ、今後の事業を再構築してゆくうえでの新しい基盤を提供します。

◆IT導入補助金 概要

補助対象となる経費


初期導入費用(ソフトウェア、導入コンサルティング料等)
1年分のクラウドサービス等の利用料

※ パソコンの購入代金など、ハードウェアにかかる費用は対象外です。
※ 交付決定前に導入したソフトウェア等の費用は補助の対象外です。

公募要領
URL:https://www.it-hojo.jp/doc/pdf/application_guidelines.pdf

申請期間
1月27日から2月28日17時までの約1ヶ月間となり、この期間にZenkei Curatorを新規で導入した事業者が対象となります。
機能やプランの詳細は、Zenkei Curatorのウェブページにてご確認ください。
製品URL:https://www.zenkei.com/estate/

補助金・ソフトウェア導入については、お気軽にお問合わせください。
※IT補助金に関するお問合せである旨を、必ずお書き添えください。 ]]>
BtoBメディア運営に人工知能(AI)を活用したツール「MIERUCA(ミエルカ)」導入/NOC日本アウトソーシング株式会社様 http://www.seotools.jp/news/id_0000147519.html SEOTOOLS 2017-02-15T18:00:00+09:00 SEOニュース