[SEOTOOLSニュース] SEOの最新ニュースをチェック http://www.seotools.jp/news/____SEO.html SEOに関する最新ニュースを配信。 ja 7月のリモートソリューション使用率が急増!記録的な猛暑と夏季休暇シーズンにより、リモートソリューション全体の使用量も最高に!RSUPPORTリモートサービス使用量に関するデータを公開 http://www.seotools.jp/news/id_000000005.000035224.html SEOTOOLS 2018-08-18T11:01:10+09:00 SEOニュース
RSUPPORT(アールサポート)株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:Hans Seo、以下RSUPPORT)は、7月のリモートサービス使用量に関するデータを自社HP (URL:https://www.rsupport.com)に公開しました。
テレワークデイズの実施や、連日の猛暑日、休暇シーズンが始まったこともあり、RemoteMeeting(ビデオ会議)の利用率が急増し、RemoteCall/ RemoteViewの使用量も過去最高値を記録しました。




[画像1: https://prtimes.jp/i/35224/5/resize/d35224-5-854210-0.jpg ]

当社では、テレワーク導入の障壁の一部となっている、「業務習慣の変化」という悩みに対し、業務習慣を変えない「変化なきテレワーク」をテーマに、「Rsupport Works」という3つの製品ラインナップ※1を提案しております。※1会社概要主要サービスに記載

クラウドウェブビデオ会議の機能を持つ「RemoteMeeting」は、猛暑日に通勤せずに、快適な環境下から業務コミュニケーションを持続させることができ、使い慣れたオフィスのPC環境にどこからでもアクセスできる「RemoteView」は、旅行先でも、Webブラウザからオフィスと同じ環境下でPCを操作することができます。また遠隔サポートツール「RemoteCall」は、どのような環境でも発生した問題に対し、遠隔サポートにより即座に解決することができ、業務の集中力と効率性を向上させます。
猛暑日が多く、休暇シーズンが始まった7月では上記のリモート製品の使用量が大幅に増加したことが分かり、当社のHP (https://www.rsupport.com)に公開しました。7月の「RemoteMeeting」の平均会議件数は前月比41.5%に急増し、平均会議時間も10.2%増加しました。それだけでなく、「RemoteView」の使用量は、17.8%、「RemoteCall」の使用量は、10.1%がそれぞれ増加しました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/35224/5/resize/d35224-5-855805-1.jpg ]

■会社概要
会社名     :RSUPPORT株式会社
日本法人設立:2013年12月11日(日本支店設立2006年4月)
代表者    :Hans Seo
所在地    :〒105-0001東京都港区虎ノ門1-2-20 第3虎の門電気ビル7階  (日本法人)
事業内容    :ウェブ基盤のリモートコラボレーションソリューションの開発とシステムの構築
主要サービス  :
        テレワークソリューションパック Rsupport Works
        ?https://works.rsupport.com
        リモートデスクトップツール RemoteView
        ?https://rview.com
        Web会議システム RemoteMeeting
        ?https://www.remotemeeting.com
        リモートヘルプデスクツール RemoteCall
        ?https://www.remotecall.com ]]>
日韓メンズアーティストフェス「MenDress 2018Autumn」 を10月13日(土)に品川プリンスステラボールにて開催!ヘッドライナー2組がKevin(ケビン)、MYNAMEに決定!! http://www.seotools.jp/news/id_000000013.000031486.html SEOTOOLS 2018-08-18T11:01:10+09:00 SEOニュース
メンズを中心にしたイベント事業・マネジメントプロダクション事業を展開する、株式会社エムドーン(本社:東京都渋谷区、代表取締役 CEO:島裕晃、以下MDAWN)は、10月13日(土)に日韓連合メンズアーティストフェス「MenDress(http://mendress.jp/)」を品川ステラボール(東京都品川区)にて開催いたします。
今回、ヘッドライナー2組であるKevin(ケビン) 、MYNAMEの出演が決定しました。
また、イベントMCに前回3月28日(水)のイベント開催と同じくセヨン(MYNAME)が決定しました。




MenDressは、日本最大級のメンズに特化したアーティストフェスです。さらに、ガチャやファンのステータス管理など「エンタメ×デジタル」のエッセンスを盛り込んだ、ファン参加型のデジタル時代ならではの新しいエンターテイメントです。
同時に、MenDress出場権をかけたイベント「MenDress FRESH(http://mendress.jp/fresh.html)」を、9月9日(日)に代官山UNITにて開催いたします。今回は、各WEB予選を通過した数組のユニットの中から、イベント当日の来場者投票により上位2組がオープニングアクトを飾ります。

[画像1: https://prtimes.jp/i/31486/13/resize/d31486-13-274000-0.jpg ]

「MenDress(メンドレス)」コンセプト

〈Men〉Men‘sシーンをさらに盛り上げるべく〈Dress〉美しく飾った場を提供し〈Endless〉そんな時代が永遠に続きますように。

<イベント概要>
■イベント名:MenDress 2018Autumn
■開催日:2018年10月13日(土) 開場 15:00/開演 16:00
■会場:品川ステラボール(東京都港区高輪4-10-30)
■出演アーティスト: SUPER FANTASY、JG、JINSEOK(ジンソク)、Jump up Joy、Kevin(ケビン)、MYNAME 他(五十音順)
■MC:セヨン(MYNAME)
■チケット
・ ダイヤモンドVIP-ROOM( 2階両サイドエリア(個室) / 指定席 / 6名までで使用可能な前室(観覧席)を備えた個室。限定2席。/ドリンク付 / VIP SPECIAL特典付)150,000円(税込)
・VIP席(最前方エリア / 指定席 / ラグジュアリー感を演出した座席と赤絨毯をご用意/ドリンク付 / VIP SPECIAL特典付)38,500円(税込)
・S プレミアム席(一階席 / 指定席 / ドリンク代別)16,500円(税込)
・2Fプレミアム席(二階席 / 指定席 / ドリンク代別) 13,000円(税込)
■OFFICIAL先行二次受付中!!※受付は抽選になります。
8/11(土)20:00〜8/20(月)23:59
受付はこちら →→→http://eplus.jp/mendress1013-hp2/
■主催:MenDress実行委員会 / 企画・制作:MenDress実行委員会 / 制作協力:T・I・I
・Official HP: http://mendress.jp/
・Twitter: https://twitter.com/MenDress_info

ヘッドライナーとして「 Kevin(ケビン) 」「MYNAME」の2組の出演が決定!

[画像2: https://prtimes.jp/i/31486/13/resize/d31486-13-818818-1.jpg ]

【 Kevin(ケビン)について】
アメリカ・サンフランシスコ出身。2008年に韓国アイドルグループU-KISSとしてデビュー。
メインボーカルを担当し、その歌唱力と愛嬌のあるキャラクターで人気を博し、個人のTwitterフォロワー数は120万人を超えるほど。
その後、2017年3月にU-KISSを卒業。2018年7月に東京・大阪で開催された「KEVIN'S PREMIUM EVENT 2018 〜WELCOME KLOVER〜」のイベントを皮切りに本格的に日本のソロ活動をスタートさせた。
高音ボイスを活かした歌唱力の高さから、国内外からの注目が集まっている。

[画像3: https://prtimes.jp/i/31486/13/resize/d31486-13-366300-3.jpg ]

【MYNAMEについて】
★2011年10月27日韓国デビュー、2012年7月25日日本デビュー。
ルックス、歌唱力、ダンスともに群を抜いた実力を持ち、高い身 体能力と完璧な肉体美を持つ韓国の 5人組男性
ビジュアルアイドル。 2012年7月デビューシングル「Message(Japane se ver.)」から、全てのCDがオリコンランキングで上位に入るなど、ヒット曲を出し続けてきた。2017年4月5日に は5thシングル「出会いあいして」(作詞・作曲: 湘南乃風SHOCKEYE)をリリース。オリコンデイリーランキング3 位を獲得!メンバーが作詞・作曲を手掛けた楽曲も含むMYNAMEの魅力が詰まった待望の5thアルバム !「MYNAME is」を引っ下げ、国際フォーラムホールAにてコンサートを行った。
今年7月25日にはニューアルバム「KISEKI」をリリース。オリコンウィークリーチャート3位を獲得。舞台・ド ラマなどソロ活動も精力的に行っている。

イベントMCにセヨン(MYNAME) が決定!!

[画像4: https://prtimes.jp/i/31486/13/resize/d31486-13-514291-2.jpg ]

【 セヨン(MYNAME)について】
MYNAMEいちの天真爛漫BOY。時に男らしくクールに、カッコ良く、時にお茶目に可愛く、MYNAMEのマスコット的存在。目立つ事が大好きなムードメーカー。 スポーツは全般的に得意、ダンスの実力は抜群!
日本語力にも長けており、全てにおいてNo.1を志している。

生年月日:1991.11.20
身長/体重:177cm/58kg
血液型:O型
≪舞台≫
2016.8『舞台 Honganji』
2017.7舞台『いつだって最高の友達』
2018.4舞台『SANZII』
2018.5舞台『僕らの選択』
2018.8韓国ミュージカル『ALTARBOYS』 ]]>
「最新Google 検索事情とSEO&Web解析 戦略セミナー」9月19日(水)アイレップ本社にて開催(無料/定員制) http://www.seotools.jp/news/id_NRR2018161965.html SEOTOOLS 2018-08-17T12:15:00+09:00 SEOニュース 新任Web担当者必見!理解しておくべき最新Google 検索事情と
SEOトレンド&Web解析の最新戦略についてアイレップが徹底解説

株式会社アイレップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:高梨秀一、以下アイレップ)は、広告・Webマーケティングご担当者様を対象に、「最新Google 検索事情とSEO&Web解析 戦略セミナー」を9月19日(水)東京・恵比寿ガーデンプレイスタワーで開催いたします。講演は、アイレップ SEM総合研究所 所長 渡辺隆広と、アナリティクスソリューションチーム チームマネージャー 生嶋友貴が務めます。

お申込みはこちら
 https://www.irep.co.jp/knowledge/seminar/detail/id=45294/#seminar_form

【セミナー開催の背景】

多くの関係者にとって目の離せない検索エンジン業界ですが、先日実施された検索品質向上のためのGoogle 検索アルゴリズムの大規模更新が話題となりました。今回の更新については比較的検索順位変動が大きく、米国のWebマスターが集うフォーラム(WebmasterWorldなど)や Twitterでも関連の投稿が多くみられ、日本国内でも大きく検索順位が下落したWebサイトが確認されたことから、その影響が囁かれています。また、7月に正式導入されたモバイルページの読込速度評価をおこなうアルゴリズムの更新・スピードアップデート(Speed Update)も注目を浴びており、近年実施されるGoogle の大きな更新や改善にどのような対策をすべきなのか、不安を覚える担当者も少なくありません。

また近年、企業のWebサイトで、Web解析ツールを導入することはもはや一般的になってきています。その一方で「導入はしているが、十分な活用ができていない」という企業も多いのが現状です。取得したデータから、どれだけのデータを読み取り、その読み取ったデータをどう活かすことができるかが、企業のWebマーケティング戦略の成果において大きな差が生じると言っても過言ではありません。担当者は、Web解析ツールやツールから得られるデータを正しく理解し、Webマーケティング戦略に反映していくことが何より重要です。

そこで本セミナーでは、第1部で、主に新任のWeb・SEOご担当者様やマーケティングご担当者様を対象に、最新SEO戦略や最近の検索事情について解説します。また、7月に変更が発表されたGoogle の検索品質ガイドラインや検索アルゴリズムの大規模更新の対応策のほか、同月に導入されたスピードアップデートやその影響についても触れていきます。

第2部では、9月上旬に米国クリーブランドで開催される Content Marketing World 2018 より基調講演や現地報告をダイジェストでご紹介します。

第3部では、Web解析ツールを活用したサイトパフォーマンスを向上させるテクニック、オウンドコンテンツ施策の効果検証、また、Google アナリティクスとデータスタジオの使い分け等について語ります。企業のマーケティング担当者様、新任のWeb・SEO担当者様、Web解析の活用にお悩みのご担当者様、最新の検索トレンドを理解しておきたいご担当者様、必見のセミナーです。


【セミナー概要】

◆セミナー申込要領

参加費 : 無料
お申込 : 専用フォームよりお申し込みください
     https://www.irep.co.jp/knowledge/seminar/detail/id=45294/#seminar_form
締 切 : 2018年9月13日 (木)12:00
     
*同業他社の方の参加はお断りいたします

◆日程・会場

日 時 : 2018年9月19日(水)  14:00-16:00(13:30受付開始)
会 場 : 恵比寿ガーデンプレイスタワー
     (東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー20F)
会場地図はこちら
https://www.irep.co.jp/company/map.html
定 員 : 80名(応募数多数の場合は抽選とさせていただきます)

◆セミナースケジュール

【14:05-14:30】 第1部「最新SEOトピックス 徹底解説」
(講演:株式会社アイレップ SEM総合研究所 所長 渡辺隆広)

・8月実施の検索アルゴリズム更新 傾向と対策
・スピードアップデート
・検索品質評価ガイドライン、注目ポイントは?
・その他、SEO 関連 最新トピックス

【14:30-14:45】 第2部「Content Marketing World 2018 ミニ報告会」
(講演:株式会社アイレップ SEM総合研究所 所長 渡辺隆広)

・Content Marketing World の紹介
・基調講演の紹介

【15:00 -15:45】 第3部「Google アナリティクスとデータスタジオ」
(講演:株式会社アイレップ ソリューションセールス・コンサルティング本部 カスタマーエンゲージメント局 アナリティクスソリューションチーム チームマネージャー 生嶋友貴)

・アクイジション施策におけるGoogle アナリティクスの使いどころ
・オウンドコンテンツ施策の効果検証
・モニタリングすべき指標とは
・Google アナリティクスとデータスタジオの使い分け
※ 内容は一部変更になる可能性があります

【15:45-16:00】 質疑応答

◆講演者

■株式会社アイレップ SEM総合研究所 所長 渡辺 隆広
日本のSEO黎明期である1997年よりSEOサービスを開始。2002年に会社設立(株式会社イー・プロモート)後、2005年4月より株式会社アイレップにてSEM総合研究所 所長を務める。アイレップのSEOサービスを監修する他、日米欧の検索業界の市場調査、サーチマーケティング関連のソリューション開発、検索エンジン企業等への事業展開アドバイスなども行う。SEO分野での第一人者として多くの執筆・講演活動で活躍中。主な著書に「検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書」(翔泳社刊)等。また、専門誌・サイトで多数の連載記事を担当し、その高い専門性で人気を博している。

■株式会社アイレップ ソリューションセールス・コンサルティング本部 カスタマーエンゲージメント局 アナリティクスソリューションチーム チームマネージャー 生嶋 友貴
Web制作のディレクターからフリーのWebアナリストを経て、2012年にアイレップ入社。Google
アナリティクス使用歴は11年。シニアアナリストとして顧客データの解析サービス開発や往訪コンサルティングを牽引しつつ、ユーザー行動の可視化手法と、意思決定につなげる手法を研究し続けている。

以上


■株式会社アイレップ について
アイレップは広告主のマーケティング成果を最大化するデジタルマーケティングエージェンシーです。国内圧倒的ナンバーワンのSEM領域に、データを起点とした新たな広告事業・ソリューション事業を加えることで、「ユーザーへの最適な情報流通により、国内外のクライアント企業の成果を最大化へと導くエージェンシー」の立場を確固たるものにしていきます。
━━ 会社概要 ━━
【社名】 :株式会社アイレップ
【所在地】:東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー21F
【URL】 :https://www.irep.co.jp/
【代表者】:高梨秀一
【設立年月】:1997年11月
【資本金】:5億5,064万円(2018年3月末現在)
【事業内容】:
・広告代理事業
・ソリューション事業
・ツール事業
・その他(デジタルメディア事業等)

【記事転載・引用等に関する問い合わせ先】
●株式会社アイレップ
TEL : 03-5475-2720(代)   FAX : 03-5475-2725
【報道関係問い合わせ先】広報担当 E-MAIL: pr@irep.co.jp
【弊社サービス内容に関する問い合わせ先】 E-MAIL: contact@irep.co.jp
※アイレップは、D.A.コンソーシアムホールティングスの100%子会社です

■D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社 
【代表者】: 島田雅也
【所在地】: 東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー
【URL】 : https://www.dac-holdings.co.jp/
【設立年月】: 2016年10月
【上場市場】: 東京証券取引所市場第二部(証券コード:6534)


【付帯情報】
・【アイレップ】プレスリリース
http://itm.news2u.net/items/output/161965/1
]]>
カリフォルニア出身であり現在は韓国・ソウルを拠点に活動するDJのAirbearがエレクトロニックミュージックを国内に推し拡げる注目パーティー解体新書へ登場! http://www.seotools.jp/news/id_000000388.000024165.html SEOTOOLS 2018-08-16T12:01:06+09:00 SEOニュース




Airbear Boiler Room BUDx Seoul DJ Set ▼


[動画: https://www.youtube.com/watch?v=r4AEMtBndoU ]



[画像: https://prtimes.jp/i/24165/388/resize/d24165-388-422925-0.jpg ]

Airbear
カリフォルニア出身であり現在は韓国・ソウルを拠点に活動するDJのAirbear。ソウルでも指折りのヴァイナルコレクターとして知られている。彼は、ハウス、テクノ、ディスコ、ファンク、アンビエントなど多彩な音が交差するエクレクティックなパーティDOWNTOWNを主宰しパーティを通じて国外のDJとの交友も深めており、Young Marco、Hunee、Samo DJ、Florian Kupferをサポート。日本からはChee ShimizuやPowderをソウルに招聘。また、Red Light RadioやNTSに出演したほか、2018年3月にはソウルで開催されたBoiler Roomでもプレイし注目を集めている。





イベント詳細

8月20日(月)解体新書 chain chapter 2
Open 21:00
Door ¥1500
----------------------------------------------------------
Contact:
Airbear (Seoul)
KAZUHO (N.O.S. | Remedy)
Junya Yamamura
Romy Mats (解体新書 | N.O.S.)

VJ:
Camel (解体新書)

『世界各地から伝わるエレクトロニックミュージックを多面的な視座から再構築し、国内に推し拡げることを目的とするパーティ解体新書』

今回は、カリフォルニア出身であり現在は韓国・ソウルを拠点に活動するDJのAirbearが登場する。ソウルでも指折りのヴァイナルコレクターとして知られる彼は、ハウス、テクノ、ディスコ、ファンク、アンビエントなど多彩な音が交差するエクレクティックなパーティDOWNTOWNを主宰している。彼はパーティを通じて国外のDJとの交友も深めており、Young Marco、Hunee、Samo DJ、Florian Kupferをサポートし、日本からはChee ShimizuやPowderをソウルに招聘。また彼自身も世界的に注目を集めており、これまでにRed Light RadioやNTSに出演したほか、2018年3月にはソウルで開催されたBoiler Roomでもプレイし、彼はいま更なる進化を見せている最中である。

==============================================================
Contact
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階
Tel: 03-6427-8107
http://www.contacttokyo.com
You must be 20 and over with ID. ]]>
ZETA株式会社、第12期の業績において売上高・営業利益ともに過去最高を更新しました http://www.seotools.jp/news/id_NRR2018161937.html SEOTOOLS 2018-08-14T11:30:00+09:00 SEOニュース EC商品検索・レコメンドを開発販売するコマースとCXのリーディングカンパニーであるZETA株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:山崎徳之、以下ZETA)は、第12期(2017年6月〜2018年5月)の業績において売上高・営業利益ともに過去最高を更新しましたことをお知らせ致します。

ZETAでは昨期ブランド名を「ZERO ZONE シリーズ」から『ZETA CX シリーズ』へと改め、それに伴い商号も「株式会社ゼロスタート」から『ZETA株式会社』へ変更致しました。

「ZERO ZONE シリーズ」は、ECサイトのマーケティングソリューションとして多くの大手ECサイトに選ばれ成長してまいりましたが、コマースのオンラインとリアルの融合が加速する中で、これまで以上に消費者の購買行動に寄り添った製品の提供を目指すべく、カスタマーエクスペリエンス(CX)の概念を礎にレビューエンジン「ZETA VOICE」や予測・パーソナライズソリューション「ZETA DMP」などのラインナップを追加し『ZETA CX シリーズ』へと刷新致しました。

『ZETA CX シリーズ』への変更後も順調に導入数を増やし、第12期においては三井不動産株式会社様・株式会社大阪メトロサービス様・ビズネット株式会社様・株式会社ジュン様・株式会社?島屋様を始めとした導入実績を作り、業績においても売上高前年比35%増、営業利益97.5%増といずれも過去最高を更新致しました。

続く13期も『ZETA CX シリーズ』のラインナップ拡充や機能追加だけでなく、新たな事業展開をミッションとして今後もより一層皆様に有益なサービスを提供すべく、邁進してまいります。

引き続き、倍旧のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

【ZETA CX シリーズ 製品ご案内】
▼ EC商品検索・サイト内検索エンジン ZETA SEARCHについて
 [https://zetacx.com/zeta-search]
ECサイトにおける検索で重要とされる「絞り込み」と「並び替え」の設定の自由度・柔軟性を追求したEC商品検索/サイト内検索エンジンで、大規模・高負荷に対応しており、ユーザの離脱率、放棄率を低下しコンバージョンを最大化します。
キーワード入力時のサポート機能であるサジェスト機能やもしかして検索、ドリルダウン式絞り込みや事前に該当件数を表示するファセットカウントなど多彩な検索機能を有しており、パッケージとしての安定性と迅速な導入に加えて、実装の柔軟性とカスタマイズ性の高いサイト内検索が実現可能となります。

▼ レコメンドエンジン ZETA RECOMMENDについて
 [https://zetacx.com/zeta-recommend]
個々のユーザーにパーソナライズされたオススメを表示するレコメンドエンジンで、協調フィルタリング・ルールベースフィルタリングをはじめ、複数のマッチングロジックを組み合わせ様々なデータを活用したオススメが可能です。
機械学習機能によって、購買履歴・閲覧履歴・検索履歴などの行動履歴を元に個々のユーザの特徴を把握し、気候情報やトレンド情報などの外部データとの連携、デバイスやフェーズでの出し分けにも対応しており自由度の高いレコメンドを実現します。
最先端のレコメンド手法によりユーザに新たな「気づき」を喚起することで潜在的ニーズを掘り起こし、クロスセルの実現とサイト価値向上・収益力アップにつなげます。

▼ ZETA VOICEについて
 [https://zetacx.com/zeta-voice]
サイトそのものや提供する商品・サービスなどに対して、複数の評価軸を用いた多面な評価によるレビューコンテンツを、容易にサイトに実装できるエンジンです。
SEO対策にも有効とされる、点数による評価・フリーコメント・スタッフレスポンスなどの多彩な機能を有しているほか、投稿レビューデータの分析、A/Bテストでの活用、レビューの検索結果への反映などによって、サイトコンテンツの充実化が図れます。
購入検討中のユーザに対し、他の消費者のリアルな声を届けることは、ユーザ目線で透明性・信頼性の高いマーケティングの実現と、購買行動への強力なバックアップとなります。

——————————————————————————————————————-
※お問い合わせ・ご相談・御見積は info@zetacx.com までお気軽にご連絡下さい
——————————————————————————————————————-

●トップ企業ECサイトに採用されているZETA株式会社の導入事例
 URL:https://zetacx.com/case
・株式会社イトーヨーカ堂様運営の「イトーヨーカドーネットスーパー」
 https://zetacx.com/case/iyns
・株式会社ヤマダ電機様運営の「ヤマダウェブコム」「ヤマダモール」「ピーチクパーク」
 https://zetacx.com/case/yamadadenki
・ブックオフオンライン株式会社様運営の「ブックオフオンライン」
 https://zetacx.com/case/bookoffonline

この他、今後も様々な業界において、大手企業様の導入が続々と見込まれています。

■ZETA CX シリーズ一覧(https://zetacx.com)
・EC商品検索/サイト内検索エンジン「ZETA SEARCH」
・レコメンドエンジン「ZETA RECOMMEND」
・広告最適化エンジン「ZETA AD」
・レビューエンジン「ZETA VOICE」
・予測・パーソナライズソリューション「ZETA DMP」

■関連プレスリリース
・?島屋オンラインストアにEC商品検索・サイト内検索エンジン「ZETA SEARCH」が導入されました
 https://zetacx.com/pressrelease/case/search-engine/takashimaya-onlinestore201805/2018/0508
・パルシステム生活協同組合連合会が運営する組合員向けインターネット注文サイト及びスマホアプリにてEC商品検索・サイト内検索エンジン「ZETA SEARCH」が導入されました
 https://zetacx.com/pressrelease/case/search-engine/pal-system201806/2018/0612
・グラフィック・オン・デマンド株式会社が運営するデザインアイテム通販サイト『Tシャツトリニティ』にてEC商品検索・サイト内検索エンジン「ZETA SEARCH」が導入されました
 https://zetacx.com/pressrelease/case/search-engine/graphic-on-demand201806/2018/0619
・マーケティングイベント『日経 xTREND FORUM 2018』のセミナーレポートが公開されました
 https://zetacx.com/pressrelease/media-coverage/nikkei-xtrend-forum-seminar-report201807/2018/0726
・ZETAコラムの最新記事『EC 商品検索の難しさ』と2018年6月人気記事TOP3をご紹介します
 https://zetacx.com/column/201806top3-ranking201807/2018/0730
・ECマーケティングイベント『ECzine Day 2018 Summer』のセミナーレポートが公開されました
 https://zetacx.com/pressrelease/media-coverage/eczineday-summer-seminar-report201808/2018/0801

=============================================
■ ZETA株式会社
【本社所在地】
 154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋2-11-22 サンタワーズセンタービル17階
【設立】
 2006年6月
【代表者】
 山崎 徳之
【事業内容】
 CXソリューション「ZETA CX シリーズ」の開発・販売、サーバホスティング・運用監視
【WEBサイト】
 コーポレートサイト:https://zeta.jpn.com
 製品サイト:https://zetacx.com
=============================================

【付帯情報】
・ZETA株式会社ウェブサイトより過去のプレスリリースを確認頂けます。
http://itm.news2u.net/items/output/161937/1
]]>
GMO TECH<6026>のフィスコ二期業績予想 http://www.seotools.jp/news/id_f_0009350020180811013.html SEOTOOLS 2018-08-11T22:00:00+09:00 SEOニュース Hotels.com、中国人ミレニアル旅行者の最新トレンドをご紹介 〜中国ミレニアル世代が、最先端の海外旅行スタイルを牽引〜 http://www.seotools.jp/news/id_000000056.000017857.html SEOTOOLS 2018-08-10T16:01:06+09:00 SEOニュース

●日本がトップに舞戻る:中国人が訪れた国ランキングで再び1位に
●中国ミレニアル世代が旅行消費を牽引: 今年で7回目となるHotels.com™による調査「Chinese International Travel Monitor(以下CITM)」(注1)の結果、1990年代に生まれた中国のミレニアル世代は、かつてないほど多額のお金を海外旅行に使っていることが判明(昨年比で80%増)。
●旅行に求めるのはハラハラドキドキ感: 中国のミレニアル世代は、ハイテク機器を手に、エキゾチックな食べ物、冒険的なアクティビティ、現地ならではの体験を求めており、彼らの旅の志向はミレニアル世代より上の世代にも影響
●ライト、カメラ、パスポートは旅のマストアイテム: テレビ、映画、SNSが中国人旅行者の行動に大きな影響を与えている(62%)ことが判明
[画像1: https://prtimes.jp/i/17857/56/resize/d17857-56-139166-0.jpg ]


日本が再び中国のミレニアル世代のお気に入りの旅行先に

世界最大級の宿泊予約サイトHotels.com™の最新の調査CITMによると、2018年、日本が中国人旅行者にとって最も人気の旅行先、最も歓迎されたと感じた国に再び選ばれました(2017年は、香港とタイがそれぞれ第1位)。

中国人旅行者の39%が過去12ヶ月の間に日本を訪れており、特にミレニアル世代は、東京、大阪、京都といった主要都市ばかりでなく、現代美術館、映画のロケ地、そして野外音楽フェスティバルなどを求めて様々な都市を旅しています。例えば、アニメ映画史上最高の興行収益をあげた「君の名は。」の舞台となった飛騨高山は、中国のミレニアル世代の中で特に人気の旅行先です。このようなトレンドは、日本の芸術や文化が今まで旅行先として注目されていなかった地域に脚光を当てるきっかけとなりうることを示しています。

さらに、日本は中国人旅行者が最も多く写真や動画をSNS上でシェアする国であることもわかりました(17%)。特にWeChat(ウィーチャット)やWeibo(ウェイボー)など中国で人気のSNSは日本での旅行やショッピングの際に多く活用されているようです。SNS上に投稿された日本の食べ物、文化、地方の特産物、美しい景色などの投稿は、新規またはリピーターの中国人旅行者の双方にとって日本への旅行意欲を促進する原動力となっています。

日本の「おもてなし」の精神は、中国人旅行者を日本へ呼び込む大きなきっかけになったと言われていますが、それに加え、テクノロジー、中国語表記の普及、ホテルでのバイリンガルスタッフの増加、Alipay(アリペイ)、WeChatPay(ウィーチャットペイ)の導入なども日本が1位に返り咲いた要因であると考えられます。

中国人旅行者が過去12ヶ月の間に訪れた国ランキング

[画像2: https://prtimes.jp/i/17857/56/resize/d17857-56-998340-1.jpg ]

中国人が最も歓迎されたと感じた国ランキング

[画像3: https://prtimes.jp/i/17857/56/resize/d17857-56-943905-2.jpg ]

グローバルでのトレンド:中国人ミレニアル旅行者は、多額のお金を旅行に費やし、旅行の内容はより大胆に。そして、SNSに触発された旅行が主流になりつつある。

1990年代に生まれた中国のミレニアル世代は、今までの海外旅行の概念を変えつつあります。旅行に費やした費用は、昨年から80%も増加しました。SNSに影響を受けた最先端のトレンド体験、ハイテクな宿泊施設、その地域でしか食べられない地元のご馳走や現地でのユニークな体験などにお金を使っているようです。

世界的なポップカルチャーに影響を受け、中国人ミレニアル旅行者にとって、映画やテレビが旅行に出かける主な動機となっています(62%)。これらのメディアの影響により、中国人ミレニアル旅行者は、旅のスリルや充実したサービスを求め、アジアを超えた遠くの国々に行く傾向が強まっています。

旅行先に関するSNS上のシェアやセルフィー(自撮り)が、2017年の中国人ミレニアル旅行者の大きなトレンドでした。63%の人が「いいね」を増やすことやSNS上で自分の存在をアピールすることを目的として、インカメラを使った写真を使用していました。旅行の際にハイテク機器を持ち歩くことに魅力を感じるのはなぜかという問いには、15%の中国人ミレニアル旅行者が、社会での存在感を向上できるからと回答しました。

Hotels.com日本代表の井尻岳人は以下のように述べています。「CITMのレポートは、ミレニアル世代がSNS上のトレンドの牽引役である一方で、それ以外の世代もSNSに夢中になっていることを明らかにしました。中国人旅行者全体の52%がニュースフィードからの影響を受けています。また旅行に関する決定や行動に際しては、ミレニアル世代よりも上の世代の3分の1がデジタル世代である子どもたちの影響を受けていると回答しています」

中国ミレニアル世代は、怖いもの好き、かつパーティー・ファースト、旅の計画は二の次

贅沢なくつろぎとちょっと羽目を外してみたいとの思いからか、3分の1を超える中国人旅行者がマカオ、バンコク、アムステルダム、ラスベガスのような華やかな大人の社交場の雰囲気に惹かれると回答しました。その一方で、行き当たりばったりの旅のノウハウを心得ているミレニアル世代は、以前より短時間でプランを立て、世界の野外音楽フェスに繰り出すようになっており、ハイシーズンを避けた旅行先として新たなトレンドとなっています。みなさんもお花の冠とグリッターを手に、野外音楽フェスに出かけてみませんか?

また、中国のミレニアル世代の間では、不気味な恐怖スポットが最近のトレンドとなっており、約半数の回答者が、トルクメニスタンの地獄門を見に行きたいと答え、また3分の1以上がパリのカタコンベを巡ってみたいと答えました。

このように中国のミレニアル世代は不気味な恐怖スポットに大きな興味を抱いていますが、驚くことに、彼らより上の世代よりも迷信を深く信じているという結果が出ました。40%の中国人ミレニアル世代は、ベッドの反対側に鏡がある部屋には泊まりたくないと回答し(親世代では35%)、41%が廊下の1番奥の部屋には泊まりたくないと回答しました(親世代では35%)。さらに、20%の中国人ミレニアル世代は、4階や7階にはあまり泊まりたくないと回答しました(親世代では12%)。

とにかく現地のものが好き

最先端の旅行にはユニークな宿泊施設が不可欠です。過半数の旅行者は、一風変わった宿泊施設に泊まることは重要であると答え、そのような旅行者は、星付きのホテルよりも、少し変わった宿泊施設や地元のテイストを強く打ち出した独立系ホテルを選択しています(55%)。33%の旅行者はブティックホテルを予約し、23%は環境に優しいホテルを、21%は最先端のテクノロジーを有するホテルを予約しました。

現地でしかできない体験を求めている中国人旅行者は、特に食にお金を使っているようです。たとえば、その地域独特の特産料理を味わう(69%)、現地でしか手に入れられないアイテムを求めて街を探し回る (43%)といった項目は、高級品を買う(38%)といった項目を上回りました。

また、中国人ミレニアル世代は、デジタル機器を効率良く使用し、時間を無駄にしません。あちこちを飛び回るミレニアル世代にとってインターネットの接続は非常に重要です。コワーキングスペース(39%)、音声作動技術 (38%)、VR技術を使った予約(38%)、ロボットによるカスタマーサービス(32%)、モバイル機器による部屋へのアクセス(31%)、ソーシャルメディアのライブ配信用ラウンジ (26%)などが宿泊施設の設備として求められています。

アクティブな中国人旅行者は、宿泊業界にとって大きなチャンス

世界中を旅行するようになった中国人旅行者たちですが、アジア人気は依然として高いままです。日本を初めとし、最も歓迎されたと感じた国ランキングの上位10カ国のうち6カ国がアジアの国でした。

しかし、これはアジアの国々で中国人旅行客へのサービスに改善の余地がないということではありません。WeChat(ウィーチャット)によるQRコードのスキャン、モバイル機器による決済ができるようになることは中国人旅行者に対するサービス分野において、特にまだ改善の余地がある分野です。3分の1の中国人旅行者は予約方法があまり満足のいくものではなかったと回答し、また、現地で交通手段を手配する際に、中国語を話すことができるガイドやホテルスタッフの配備の充実などが改善すべき点として挙げられます。

Hotels.com 代表取締役社長ヨハン・スヴァンストロームは次のように述べています。「どんな旅行者も初めて訪れる国で歓迎されたいと思います。それは他の人とつながりたいという感情を持った人間として、ごく自然なことです。馴染みのない環境におかれた場合、そう感じるのはなおさらです。CITMの調査によると、中国人旅行者は、ショップ店員に中国語を話せる人がいたり、中国のモバイル決済が使えたり、中国語の標識がある場所でより快適に旅行ができ、歓迎されていると感じることがわかりました。宿泊事業者は、最先端かつエネルギッシュな中国人旅行者の新たな波に大きな期待をいだいており、好奇心の強い中国人旅行者の要望に応えることで、大きなビジネスチャンスをものにしようとしています。中国人旅行者の未来は楽しみと自由に満ち溢れており、Hotels.comは、この波に乗るのが待ちきれません!」

###

レポートの全文は、http://www.citmhotels.com/?rffrid=seo.hcom.PR.JP.me.CITM.082018 をご参照ください。

注釈:
※1 本調査は、Hotels.comが行う7回目のChinese International Travel Monitor(CITM)です。CITMは、中国本土の旅行者が世界の旅行に与える影響を包括的に明らかにします。Hotels.comは、マーケット調査のリーディングカンパニーであるIpsosに依頼し、2018年5月に過去12カ月の間に海外を旅行した18-58歳の中国在住の3,047人に対しインタビューを行いました。コンピューターを使用したウェブアンケート技術を使い、様々な等級の都市でインタビューが行われました。 中国の都市は人口、経済の規模、政治的なランキングによりいくつかの等級に分けられています。1級都市には北京や上海が含まれており、2級都市には成都のような州の首都が、3級都市には珠海のような中堅クラスのサイズの都市が、4級都市には、それよりも小さな都市が含まれます。本調査では、51%の回答者が1級都市に居住し、33%が2級都市、16%が3級都市に居住していました。 旅行者には、お金の使い方、旅行の嗜好、予約方法、宿泊施設の選び方や将来の計画など、他にも多くの旅行に関する質問がなされました。 中国人旅行者の回答を分析する際に、調査者は、異なる世代間での選択や嗜好に関するインサイトを明らかにするため、1960年代、1970年代、1980年代、1990年代にそれぞれ生まれた人々を年代ごとに4つのカテゴリーに分類しました。本調査では、1980年代および1990年代に生まれた人々をミレニアル世代と定義しています。

■Hotels.com™について
ご希望通りの宿泊先を探して、簡単に予約できるHotels.com。出張やレジャー問わず、使いやすいホテル予約サービスの提供に努めています。Hotels.comでは世界中の数十万軒もの宿泊施設の予約ができ、ウェブサイトは90カ国以上で運営され、41の言語に対応しています。ラスベガスのお得なホテルも、タイのツリーハウスも、ベネズエラのヴィラも、サクッと手軽に検索完了。また、大人気のロイヤリティプログラム「Hotels.com Rewards」では、無料(注2)で宿泊できるボーナスステイがあっという間に獲得でき、さらにシークレットプライス(注3)を利用すればお得なホテルが一目瞭然。ホテル予約は賢く簡単、スマートに。2,500万件以上の宿泊済みのお客様による口コミ評価や、ダウンロード数7,000万件を超える使いやすいスマホアプリも提供しており、お客様にぴったりの宿泊施設を探していただけます。

(C) 2018 Hotels.com, LP.All rights reserved.Hotels.com および Hotels.com のロゴは Hotels.com L.P の登録商標です。その他の商標はすべて、該当する各社の所有物です。CST #2083949-50

※2 無料宿泊特典に税およびサービス料は含まれません。無料宿泊特典で利用できる金額の上限は、お客様の 10 泊分の宿泊料金の 1 日あたりの平均金額に相当します。登録および予約は、Hotels.comウェブサイト、Apple StoreおよびGoogle PlayのHotels.comアプリで可能です。

※3 シークレット プライスは、Hotels.comのアプリユーザー、Hotels.com Rewards メンバーおよびHotels.com の電子メール購読に登録し、Web サイトでシークレット プライスのロックを解除したご利用者にのみご利用いただけます。シークレットプライスは、検索結果上に「シークレット プライス」バナーが表示されている場合に表示されます。シークレットプライスは、対象ホテルで特定の期間のみご利用いただけます。詳しくは利用規約全文(https://jp.hotels.com/customer_care/terms_conditions.html?rffrid=seo.hcom.PR.JP.me.CITM.082018)を参照してください。

Hotels.comは、LINE、Facebook、Twitterでお得な情報を配信しています。是非ご覧ください。

◆Hotels.com Japan LINE 公式アカウント
[画像4: https://prtimes.jp/i/17857/56/resize/d17857-56-378977-3.jpg ]


◆Hotels.com Facebook https://www.facebook.com/Hotels.comJP/
◆Hotels.com Twitter https://twitter.com/hotelsdotcomjp ]]>
SEO対策はあたりまえ。集客できるWEB制作、制作費¥3000のWEB PLANNERSは8月10日、「制作費無料 サマーキャンペーン」を開催 8月31日まで http://www.seotools.jp/news/id_0000179199.html SEOTOOLS 2018-08-10T11:30:00+09:00 SEOニュース ソウル特別市江南区(カンナム)に国内3号店目をオープン「ゴルフパートナー ヤンジェ店」 8/10にオープン http://www.seotools.jp/news/id_000000750.000004149.html SEOTOOLS 2018-08-10T10:01:06+09:00 SEOニュース

総合ゴルフショップ「ゴルフパートナー」を全国369店舗(2018年7月末日現在)でチェーン展開するゼビオグループの株式会社ゴルフパートナー(東京都千代田区:代表取締役 石田純哉 以下、ゴルフパートナー)は8月10日(金)、韓国のソウル特別市南東部にある江南区(カンナム)に「ゴルフパートナー ヤンジェ店」をオープンいたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/4149/750/resize/d4149-750-120167-0.jpg ]



アメリカ、日本に続く世界3位のゴルフ市場 韓国に3号店をオープン
アジア地域での出店を加速し、中古ゴルフクラブのリーディングカンパニーに

ゴルフパートナーでは今後予想される日本のゴルフマーケット縮小に備え、2014年よりアジア地域(シンガポール・マレーシア・タイ・韓国)での出店を進めており、この度韓国に3号店をオープン致します。今回は韓国の首都であるソウル特別市に初出店することで、ゴルフパートナーの更なる認知拡大を狙います。韓国では日本同様のフランチャイズ店舗も含め、今後も継続的な出店を計画しております。積極的な海外展開を通じて、アジア地域における中古ゴルフマーケットのリーディングカンパニーを目指します。

[画像2: https://prtimes.jp/i/4149/750/resize/d4149-750-374138-1.jpg ]


「ゴルフパートナー ヤンジェ店」ではゴルフクラブ販売はもちろんのこと、お持ち頂いたクラブを現金買取させていただきます。また、日本国内のゴルフパートナー店舗にあるゴルフクラブ55万本の在庫から、お気に入りの1本を探していただくこともできます。

日本国内のゴルファー人口が減少する中、ゴルフ小売市場競争は激しさを増し、ゴルフショップの淘汰が進んでおりますが、ゴルフパートナーは今後も国内・海外での積極的な出店を計画しております。クラブの「売って・買って」の活性化とその利便性を追求し、世界のゴルファーとの接点(店舗)を数多く作り出して行きたいと考えています。

ゴルフパートナーは今後も「全てのゴルファーにとって唯一の存在」を目指し、お客様に愛される店舗展開に邁進いたします。

【3号店目概要】
店名:ゴルフパートナー ヤンジェ店
オープン日:2018年8月10日(金)
営業時間:10:00〜20:00
住所:2-2 Yangjae-dong,Seocho-gu,Seoul,Korea
電話番号(韓国):070-4415-7711
ホームページ:https://www.golfpartner.co.jp/5080/

2号店
店名:ゴルフパートナー ヨンインボジョン店
営業時間:10:00〜20:00
住所:557-8 BOJEONG-DONG GIHEUNG-GU YONGIN-SHI KYEONGGI-DO
電話番号(韓国):070-8881-0431
ホームページ:https://www.golfpartner.co.jp/5079/

1号店
店名:ゴルフパートナーウィレ新都市店
営業時間:10:00〜20:00
住所:139.140.141 HYOSUNG Harrington Tower,190 Wiryedaero Hanam-shi Kyeonggi-do
電話番号(韓国):070-8244-5111
ホームページ:https://www.golfpartner.co.jp/5078/

■会社概要■(2018年7月末日現在)
設立日:1999年6月30日
資本金:1億円
代表者:石田純哉
事業内容:総合ゴルフショップ「ゴルフパートナー」運営、練習場、及びフランチャイズチェーン事業
URL:https://www.golfpartner.co.jp

以上 ]]>
今だからこそ始めるAirbnb戦略を応援するAirHost PMS&AirXpress 宿泊施設向け特別パッケージを発表 http://www.seotools.jp/news/id_at_163323.html SEOTOOLS 2018-08-10T10:00:00+09:00 SEOニュース 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/163323/LL_img_163323_1.png
* 民泊メール代行サービス「AirXpress」× 宿泊施設のクラウドサービス「AirHost PMS」
6月15日に施行された民泊新法により、ホテル・旅館などAirbnbへ掲載を始める旅館業や特区民泊の許認可を取得している宿泊施設が増加しています。
しかし同時に、従来のホテル系の予約サイトとは違い、ゲストとのメッセージのやり取りが頻繁に発生するため、人手不足が懸念されているホテル・旅館業界ではAirbnbでの集客に踏み出せない宿泊施設も多くあります。
またAirbnb内での迅速なメッセージ対応は、「スーパーホスト」の認定条件の一つにもなっており、集客に左右するSEO対策にも大きく影響してきます。

今回、これからAirbnbでの集客で収益アップを目指すホテル・旅館などの宿泊施設向けに、運営を最大限にサポートする2大サービスの特別パッケージをご用意しました。

*特別パッケージ価格表
https://www.atpress.ne.jp/releases/163323/img_163323_2.png

同時にご利用いただくことで、Airbnb集客により作業増となるゲストメッセージ対応を丸投げできるだけでなく、AirHost PMS機能を利用して宿泊施設の運営作業を自動化・効率化することで、Airbnb予約だけではなく施設全体の運営コストを削減することができます。
先月リリースした「AirHost チェックインソリューション」、当サービスに連携しているスマートキーや決済機能など、Airbnbでの運営をサポートするサービスを合わせて活用いただくことで、業務がより効率化され、集客力を活かして宿泊施設の収益アップを実現することができます。

各サービスの詳細は、下記ページよりご覧ください。
*民泊メール代行サービス「AirXpress」
http://airxpress.jp/
*サイトコントローラ・PMSオールインワンサービス「AirHost PMS」
https://cloud.airhost.co/ja

エアホストでは、今後も宿泊施設向けに日々の作業自動化・効率的な運営を支援するシステムを提供し、宿泊施設の無人・省人運営を支援するサービスとの連携を図っていくことで、民泊・ホテル運営のコストカット及びゲスト様の満足度の向上に貢献してまいります。


【SpaciaNet Co.,Ltd.について】
SpaciaNetは、2015年から民泊向けのコンシェルジュサービスとして「AirXpress」を提供する他、カンボジア国内ではホテル・民泊運用代行サービスを提供しています。
カンボジア国内から世界中のホテル・民泊を運用するリモート民泊運用代行という新たなフィールドの開拓を目指している。
(運用実績:約3,200部屋)

<主なサービス>
・日本の民泊メール代行サービス「AirXpress」の運営
・カンボジアのホテル、民泊運用代行
http://airxpress.jp/


【合同会社エアホストについて】
2015年に創業したエアホストは、ホテル・民泊の運用代行サービスを提供する他、宿泊施設のクラウド型管理ツール「AirHost PMS」を提供し、代行会社としての実際の経験を元に、ホテル・民泊の無人運営に向けたベストソリューション提供を目指しています。
(導入実績:約8,000部屋)

<主なサービス>
・サイトコントローラ/PMSオールインワンサービス『AirHost PMS』
https://cloud.airhost.co/ja
・チェックインアプリ『AirHost チェックインソリューション』
http://airhostpms.weebly.com
・民泊運用代行サービス
http://www.airhost.co/
]]>
薬剤師コピーライターが作る、「医療広告ガイドライン」を守った「集まる」WEBサイト構築戦略を8/7より提供開始しました http://www.seotools.jp/news/id_0000179125.html SEOTOOLS 2018-08-09T12:00:00+09:00 SEOニュース