このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像
会社概要

SEOアクセス解析ツール で、自サイトの状況が把握できたら、次は実際にSEO対策を行っていましょう。
SEOTOOLSリファレンスでは、SEO対策を行う上で欠かすことの出来ない用語を解説すると共に、具体的な手順やポイントなどをご紹介致します。

Googleアドワーズとは

GoogleアドワーズはGoogleやGoogleの広告ネットワークに掲載される検索連動型広告です。検索結果ページ右側の「スポンサーリンク」やページ上部の「ハイライト」にピックアップされ、提供する商品やサービスに関連するキーワードで検索したユーザーにアピールすることができます。
Yahoo!リスティングなどの他の検索連動型広告に比べると表示されるのがGoogle関連のページのみの露出になりますが、それでも十分に獲得できるインプレッションと、様々な他にはないサービスがGoogleアドワーズの特徴です。

※アドワーズ広告例

品質スコア

Googleアドワーズ独自の評価基準として、「品質スコア」があります。
一般に品質スコアが高いほど、料金は抑えられ、広告の掲載順位は高くなります。品質スコアの算出方法は検索される時期やキーワードで常に調整されますが、基本となる項目は変わりません。

  • キーワードと広告の過去のクリック率
  • アカウント自体の過去のデータ(キーワードと広告のクリック率)
  • リンク先ページの品質
  • キーワードと広告グループ内の広告との関連性
  • キーワードおよび表示される広告と検索クエリとの関連性
  • 広告が表示される地域でのアカウントの掲載結果

他にも関連する項目次第で増えることもありますが、概ねこの6つを気にかけるとよいでしょう。 キーワードの品質スコアを改善するには、アカウントの最適化が最も効率的な手段です。


アカウントの最適化

アカウントの最適化とは、Google曰く「広告の品質と掲載結果を向上させるために広告キャンペーンを変更するプロセス」のことです。新しいキーワードの追加や広告文の変更などの簡単なものから、上限クリック単価の調整、広告グループの再構成、ターゲットオプションの変更、キーワードマッチの調整、リンク先URLの選択など、詳細な最適化が可能です。 品質スコア向上のための手段として最適化を行うにせよ、まずはその目的を設定する必要があります。

クリック数の増加」のためにはキーワード、広告の露出を増やすことが肝要ですし、「コンバージョン率の向上」のためには広告だけでなくリンク先のページにも対策が必要です。やらなければならないことは数多いですが、まずは目的を定め、ひとつずつ着手するのがよいでしょう。

Googleアドワーズには、便利な「最適化」タブがあります。この機能は定期的に最適化の提案をシステム側から行ってくれるので、リスティング広告に慣れていないユーザーでも安心して使用できます。


より有効なインプレッションを得るために

アカウントの最適化により広告の露出が増えても、それが本来対象としたい層に的確に届かなければ意味がありません。Googleアドワーズはそれを可能にする機能があります。

  • 配信地域の選択
  • 配信時間の選択

Googleアドワーズはユーザーの検索傾向、IPアドレスなどから地域を算出し、それを元に広告の配信地域を限定することができます。
これにより潜在的に興味関心を持つ見込み客にダイレクトなアプローチが可能となりました。

例えば青森にある宿が「温泉」というキーワードで広告を出す場合、全国区に掲載するよりも北海道、東北、関東程度までに限定した方が効率的なインプレッションとなり、コンバージェンスに繋がりやすくなります。
また、配信時間を限定することもでき、広告の対象ユーザーが多く検索しているだろう時間のみ配信することができます。企業向けのビジネスサービスであれば昼間を中心、ネットゲーム系の広告であれば深夜帯に、などといったように地域を限定するのと同様に直接的なアピールが可能です。

配信地域や配信時間を調整することによって、無駄のない広告掲載、広告費用の効率化に繋がります。


無効なクリックの検出

クリック課金型広告の場合、一日単位、一ヶ月単位で予算を決めて運用する場合がほとんどです。このシステムはクリック連打などの不正操作、悪意ある攻撃に弱いのが難点ですが、Googleアドワーズは独自の検出技術によりこれを無効にすることができるため、高い信頼性を持ちます。

悪意あるクリックが発生した場合、その時点で無効なものとして扱われ課金もされませんし、クリック数への加算もされません。万が一不当なクリックによる請求が発生してしまっても、それが過去二カ月以内に生じたものならばGoogleからクレジットがアカウントに補填されるシステムになっています。


キャンペーンの自動化

アカウントの最適化、配信地域・時間の選択など、キーワードや広告をある程度思うように表示できるようになったなら、そのセオリーを元に各種数値を自動で変更するキャンペーンを組むとよいでしょう。

  • 特典の提供を開始する日曜日の深夜に、特典を宣伝する広告を有効にする。
  • 「セール」という単語を含むキャンペーンのすべてのキーワードについて、入札単価を First Page CPC(検索サイトで広告を 1 ページ目に表示するのに必要なクリック単価)まで自動的に引き上げる。
  • 販売数の多い曜日のトラフィックを増やすため、月曜日の予算を引き上げて水曜日の予算を引き下げるように 1 日の予算を自動調整する。

上に挙げた例のように、さまざまなケースに応じてパラメータを設定することが可能です。これによりアカウントを定期的に確認して調整する手間を省き、キャンペーンの管理を効率化することができます。

GoogleアドワーズはGoogleアカウントさえあれば今すぐにでも始めることができます。
便利な独自機能を多く持ち、またFAQや機能解説も豊富に用意されていますから検索連動型広告にを始めるにはGoogleアドワーズからがよいのではないでしょうか。



また、こちらからどのようなアドワーズ広告があるかを検索することが出来ます。
気になるキーワードの広告を検索して、現状どのようなものが提供されているのか確認してみましょう。


用語解説
1).インプレッション…広告などの露出を表す。どれだけ検索したユーザーの目に触れるか。
2).キャンペーン…キーワード設定、広告文、他クリック単価など、広告を掲載するのに必要な要素をパッケージングした単位。グループ。
3).コンバージョン…成果。広告や宣伝から、どれだけ商品の販売やサービスの契約に繋がったか。
4).トラフィック…交通、を意味する英語。サイトにどれだけアクセスがあったかを表す。

Yahoo!ビジネスエクスプレス
SEOTOOLS SEO対策サービス比較コンテンツ
最新情報

NEW! 2016/06/20
17日より発生しておりましたツールの解析スピードの低下を修正いたしました。ユーザの皆様にはご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ございませんでした。

2016年04月
ツールの利便性アップのため、「SEOアクセス解析ツール」と「VERSUS」において、以下の項目を削除しました。

・Yahoo!関連情報
・トラフィックランキング
・カテゴリ登録状況
・PRサービス利用状況

よりシンプルに洗練されたSEOアクセス解析ツールをご活用下さい。

2016/04/21
15日~18日の間で、サービスを利用できない期間がございました。ユーザの皆様にはご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ございませんでした。

2015/12/18
17日より発生しておりましたツールの解析スピードの低下を修正いたしました。ユーザの皆様にはご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ございませんでした。

2015/12/15
おしえて!SEOTOOLSをスマホ対応しました。

2015/10/01
順位チェックツールを高速化しました。

2015/09/15
順位チェックツールでPCとモバイル順位を両方チェックできるようになりました。

2015/09/15
順位チェックツールがスマホでの閲覧時に見やすくなりました。

2014/07/01
新ツール「キーワードプランナー」を開始致しました。

2014/03/01
「産経ディレクトリ」の登録結果の提供を終了しました。

2013/10/23
「Jエントリー」「BPNディクトリ」の登録結果の提供を終了しました。

2013/09/11
「SEO対策サービス比較」ページを公開しました。

2013/08/19
「ベリサイン トラストシール」チェックの提供を終了しました。

2013/02/20
各ツールに「PRサービス利用状況」のチェックを追加しました。

2012/12/12
各ツールに「ベリサイントラストシール」の導入チェックを追加しました。

2012/06/07
アクセス解析とカテゴリ登録チェックツールに「産経ディレクトリ」の登録状況を追加しました。

2012/05/08
「SEOアクセス解析ツール」(単独解析)のバージョンアップを行い、復活しました。

2011/11/18
アクセス解析とカテゴリ登録チェックツールに「SASOUディレクトリ」の登録状況を追加しました。

2011/11/07
サーバー障害から復旧いたしました。

2011/08/08
メールレポート公開開始。

2011/07/13
リファレンスの『ドメインを取得する・サーバを用意する』を更新しました。

2011/07/01
リファレンスに『e-まちタウンビジネスリスティングモバイル』を追加しました。

2011/04/21
SEOアクセス解析ツールを全面リニューアル。「VERSUS」に生まれ変わりました。

2011/04/01
SEOアクセス解析ツールの「クロスレコメンド」の登録状況の詳細を追加。

2010/12/22
SEOアクセス解析ツールのスコアの評価方法を変更。

2010/11/22
関連検索ワードチェックツールをリリースいたしました。

2010/06/23
アクセス解析ツールから「e-まちタウンビジネスリスティング」の登録状況をチェックできるようになりました。

2010/06/01
トップページから「おしえて!SEOTOOLS」の最新の質問と役に立った質問を閲覧できるようになりました。
同時に質問の検索もできるようになりました。
リファレンスに「ドメイン・サーバを用意する」「管理ツールを利用する」「アクセス解析をする」の3記事を公開しました。

2010/03/31
新ツール「被リンクチェックツール」をリリースいたしました。

2010/02/08
アクセス解析とカテゴリ登録チェックツールにe-まちタウンビジネスリスティングの登録状況を追加しました。

2010/01/25
ウェブサイトの無料セキュリティ診断『クラッカーガード無料スキャニングサービス』の提供を開始しました。

2009/12/25
リファレンスに『e-まちタウンビジネスリスティング』を追加しました。

2009/11/18
BPNディレクトリの登録状況の表示を追加しました。

2009/07/22
新しいカタチのディレクトリ登録『SEOTOOLS Directory』オープンいたしました。

2009/07/13
仕事を依頼したい、受注したい人の『SEOTOOLS ビジネスマッチング』オープンいたしました。

2009/06/02
MSの新検索エンジン「Bing」に対応いたしました。

2009/01/28
SEOTOOLS正式オープン。
全面リニューアル、利便性の向上をいたしました。

2008/11/10
SEOTOOLSを運営するブラストホールディングスが、モバイルSEO対策サービスを開始しました。

2008/10/01
日本最大級のSEOをテーマにしたQ&Aコミュニティー
「おしえて!SEOTOOLS(SEOツールズ)」を公開いたしました。


2008/09/24
「SEOアクセス解析ツール」を機能強化いたしました。
三大ディレクトリサービスの登録状況をチェック頂けます。

2008/07/04
「転職EX」の求人情報を掲載いたしました。

2008/06/06
新コンテンツ、SEOTOOLSトピックスを公開。
注目のSEO関連ブログの新着記事をご紹介致します。


2008/05/07
プレスリリース提供元に「PRTIMES」が新たに加わりました。

2007/05/21
SEOTOOLSニュースに
サムネイル表示。


2007/05/16
SEOTOOLSニュースを公開開始。

2007/04/27
新SEOツールを公開開始。

2007/03/30
WEB電卓を公開

2007/02/06
相互リンクコーナーを会社概要ページに移動

2007/02/06
SEOアクセス解析ツール in Googleツールバーを公開

2007/01/19
プレスリリースを追加

2007/01/09
SEO対策リファレンスを公開

SEOアクセス解析ツールにインデックス数、注目度を追加。

SEOアクセス解析ツールの月間検索数取得処理を独立化し、表示を高速化。

2006/11/06
SEOアクセス解析ツールに
最重要キーワード指定機能を追加。

2006/09/15
プログラマ求人情報を公開。

2006/09/07
順位チェックツールVer.2を公開開始。

2006/09/04
トップページに相互リンク欄を追加。

2006/08/17
相互リンク募集ページを追加

2006/07/27
SEOアクセス解析ツールの解析履歴を公開

2006/07/07
エラー報告フォームを設置

2006/06/30
SEOアクセス解析ツールの
解析例ページ
追加

2006/06/23
SEOアクセス解析ツールに便利機能追加
解析例ページ


2006/06/21
SEOアクセス解析ツールの
解析例ページ
公開

2006/06/14
プレスリリース公開

2006/06/09
サーバ移転

2006/05/31
seotools.jp β版公開

おすすめリンク


TOPへ戻る