このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

カダリスConciergeがFederated Search(連合検索)機能を実装

〜 SharePointサーバ他に透過的検索が可能になり利便性・可用性がより向上 〜

カダリス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:マーク・フリードマン)はこの度、ヘルプセンターソリューション、Conciergeに新機能としてFederated Search(連合検索)機能を搭載いたしました。
【URL】https://www.cadalys.jp/products/concierge-help-center-knowledge-base-salesforce-app.html






[画像1: https://prtimes.jp/i/51979/2/resize/d51979-2-910659-7.png ]


報道関係各位
                                           2020年2月28日
                                           カダリス株式会社

カダリスConciergeがFederated Search(連合検索)機能を実装

〜 SharePointサーバ他に透過的検索が可能になり利便性・可用性がより向上 〜

カダリス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:マーク・フリードマン)はこの度、ヘルプセンターソリューション、Conciergeに新機能としてFederated Search(連合検索)機能を搭載いたしました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/51979/2/resize/d51979-2-535923-1.png ]


【URL】https://www.cadalys.jp/products/concierge-help-center-knowledge-base-salesforce-app.html


Federated Search(連合検索)の3つの特徴

1.豊富な接続機能を無償で提供(具体的な対応製品はお問い合わせください)
2.豊富な対応予定製品(具体的な今後対応予定製品はお問い合わせください)
3.既存の様々な文書やコラボレーション履歴をナレッジとして共有し問い合わせ時に参照活用することが可能

[画像3: https://prtimes.jp/i/51979/2/resize/d51979-2-424587-4.png ]

Federated Search(連合検索)開発の背景と具体的利用シーン)
今までは社内問い合わせ時に参照し問題解決に利用できるのはセールスフォース上のデータだけでしたがFederated Search(連合検索)機能を実装したことにより既に社内で作成されている様々な文書やコラボレーション履歴をナレッジとして共有が可能となり問い合わせ時に参照できることで問題解決の可用性や利便性を格段に向上する事が可能になります。そのため問い合わせの数をさらに劇的に減らすことが可能となり問題解決までの時間をますます大幅に短縮する事が可能となります。
[画像4: https://prtimes.jp/i/51979/2/resize/d51979-2-375096-5.png ]


【「カダリスConcierge」製品概要】)
価格:¥320/ユーザ/月
販売方法:弊社よりご提供
[画像5: https://prtimes.jp/i/51979/2/resize/d51979-2-576161-6.png ]




【会社概要】
会社名:カダリス株式会社
所在地:東京都港区元赤坂1-2-7赤坂Kタワー4F
代表者:マーク・フリードマン
設立:2008年
URL:https://www.cadalys.jp/
事業内容:Conciergeを中心としたAppExchangeアプリケーションの開発・販売、
AppExchangeアプリケーション構築支援、セールスフォース導入支援

【お客様、報道関係者からのお問い合わせ先】
カダリス株式会社
e-mail:conciergejp@cadalys.com
PRTIMESリリースへ
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
サイト買取
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る