このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

「BASE」とグルメメディア「favy」が飲食店向けウェビナーを共同開催。ネットショップを活用した飲食店の新しい販売・集客を提案

この度、BASE株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役CEO:鶴岡 裕太)が運営するネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」は、ウェビナー「飲食店の新たな挑戦vol.2 売れる飲食店・ネットショップの作り方〜コロナの逆境に負けない新しい手法〜」を全国の美味しいお店を応援するグルメメディア「favy」を運営する株式会社favy(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:高梨 巧、以下favy)と9月30日(水)に共同開催いたしますので、お知らせいたします。




[画像1: https://prtimes.jp/i/30814/31/resize/d30814-31-819234-0.png ]


■セミナー開催概要
テーマ :「飲食店の新たな挑戦vol.2 売れる飲食店・ネットショップの作り方〜コロナの逆境に負けない新しい手法〜」
開催日時: 2020年9月30日(水)15時00分〜16時30分
参加費用: 無料
視聴方法: Zoom
申し込みフォーム: https://bit.ly/3hByg0g
※ セミナーの視聴方法につきましては、お申し込みくださった方にのみメールにてご案内いたします。


ウェビナー「飲食店の新たな挑戦」は、「BASE」初の飲食店に特化したセミナーとして2020年8月31日(月)に初開催いたしました。第1弾では「BASE」主催で開催し、「コロナ禍で差別化できるテイクアウト戦略」をテーマに、「BASE」の拡張機能「テイクアウト App」を活用して集客に成功されているショップオーナー様にご登壇いただき、ひと月で2,000件以上のテイクアウト注文が入るまでに至った過程で、実際におこなった施策や考え方、販売促進につながるヒントについてお話しいただきました。

【セミナーレポート】飲食店の新たな挑戦vol.1 コロナ禍で差別化できるテイクアウト戦略
https://baseu.jp/16161

第2弾となる本セミナーでは、グルメメディア「favy」との共同開催で、「favy」を活用した店舗情報の認知拡散や新しいマーケティング手法を執行役員マーケティング責任者の足立様にお話しいただきます。
また、「べランディング鳥幸」を生み出し、コロナ禍でも新たな商品の開発に取り組まれ、注目を集めた「鳥幸」を運営する東京レストランツファクトリーの高原様をゲストにお招きし、「売れるネットショップの作り方〜コロナの逆境に負けない新しい手法〜」というテーマで、「BASE」のメンバーを交えてお話しいたします。


<セミナースケジュール>
一部
15時00分〜15時05分 ご挨拶/登壇者紹介
15時05分〜15時20分 事例紹介(講師:favy株式会社 足立様)
15時20分〜15時25分 質疑応答
15時25分〜15時30分 休憩

二部
15時30分〜15時35分 「BASE」のサービス紹介
15時35分〜16時10分 トークセッション(講師:東京レストランツファクトリー 高原様)
16時10分〜16時25分 質疑応答
16時25分〜16時30分 アンケートのご案内/閉会挨拶


<ゲスト登壇者>
東京レストランツファクトリー株式会社 通販事業部マネージャー 高原 正弘 氏
大学卒業後、株式会社エムエムジェイに入社。ECサイトの運営と販促部門も兼務し、フラ・ハワイアンをコンセプトにしたファッション雑貨の売上拡大に貢献する。2020年7月から東京レストランツファクトリー株式会社に通販事業部マネージャーとして入社。「べランディング鳥幸」を広げるべく、尽力している。

<登壇者>
株式会社favy 執行役員マーケティング責任者 足立 成彦 氏
1991年生まれ、静岡県出身。大学卒業後、新卒として株式会社マネタイズに入社し、SEMやSEOなどWebを中心としたプロモーションの戦略立案、実行に従事。社内新規事業として分散型グルメメディア「favy」起ち上げ、2015年に株式会社favyへ創業から参画。現在は同社におけるマーケティング施策プロダクト全般の統括を行う。

BASE株式会社 Business Development 中野 優太郎
1993年生まれ、東京都出身。大学在学中に株式会社カカクコム食べログ本部新規事業部でインターンを経験。大学卒業後、 新卒でITベンチャー企業に入社。法人営業に従事。その後、化粧品会社にてWebマーケティングに従事し、2019年12月にBASE株式会社に入社、Business Developmentに所属。

BASE株式会社 Business Development 米山 真平
2014年に新卒で広告代理店に入社し営業に従事したのち、訪日インバウンドやシェアリングエコノミー領域のスタートアップにてマーケティングと事業開発に携わり成長に貢献する。2020年7月にBASE株式会社に入社。飲食領域の立ち上げ並びに新規事業開発に取組む。


「BASE」は今後も、飲食店をはじめ新型コロナウイルスの影響を受けてお困りの実店舗の集客支援と営業停滞を解消する取り組みを推進してまいります。

以上


Eコマースプラットフォーム「BASE(ベイス)」とは
「BASE」は、ものづくりをする個人・法人・地域活性を支援する自治体等の行政をはじめ、110万ショップにご利用いただいているネットショップ作成サービスと、そこで開設されたショップの商品が購入できるショッピングアプリを提供するEコマースプラットフォームです。初期費用不要、月額費用などの固定プランが無く、商品が売れた際のみ手数料が発生するシステムです。商品が売れるまでは、無料でリスクなくご利用いただけるのが特長です。直近1年以内にネットショップを開設する際に利用したネットショップ作成サービスの調査において、ネットショップ開設実績3年連続No.1を獲得しています。(2020年2月 調査委託先:マクロミル)

○ ネットショップ作成サービス「BASE」 https://thebase.in
誰でも簡単にネットショップが作成できるWebサービスです。初期費用・月額費用などの固定プランが無く、商品が売れた際のみ手数料が発生するシステムです。商品が売れるまでは、無料でリスクなくご利用いただけるのが特長です。導入が簡単な決済機能、おしゃれなデザインテーマ、トランザクション解析ツールなどネットショップ運営に必要な機能を備えており、費用やWeb技術、時間などのさまざまな理由でこれまでネットショップを始めることが困難だった方も、気軽に始めていただくことが可能です。簡易な操作性でネットショップを運営できるので、商品を企画・生産・製造されている方が、ものづくりをしながら販売まで対応することができます。


○ ショッピングアプリ「BASE」 https://thebase.in/sp
ショッピングアプリ「BASE」は700万ユーザーが利用するスマートフォンアプリです。トレンド、ファッション、インテリア、エンタメ・ホビー、コスメ、家電・スマホ、スポーツ・レジャー、食品・飲料(野菜や果物等の農産物、肉・魚等の生鮮食品も含む)など幅広いジャンルの商品を購入することができます。ショッピングアプリ「BASE」の出店ショップは、自ら商品を企画・生産・製造されている方、またオリジナルブランド立ち上げの一環としてご利用されている方が8割を超えています。出店をご希望の方は、ネットショップ作成サービス「BASE」( https://thebase.in)よりご登録いただけます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/30814/31/resize/d30814-31-488058-1.png ]

【会社概要】
会 社 名 : BASE株式会社 (英語表記 BASE, Inc.)
代 表 者 : 代表取締役CEO 鶴岡 裕太
所 在 地 : 〒106-6237 東京都港区六本木三丁目2番1号 住友不動産六本木グランドタワー 37F
設   立 : 平成24年(2012)年12月11日
資 本 金 : 33億6,331万円(資本準備金を含む)
U  R  L : https://binc.jp
事 業 内 容: Eコマースプラットフォーム「BASE」の企画・開発・運営
関 係 会 社: PAY株式会社 / BASE BANK株式会社
PRTIMESリリースへ
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
サイト買取
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る