このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

「覚えた英文法の知識を実際の会話で使えない!」の悩みを解決する新刊『Mr. Evineの中学英文法+αで話せるドリル』 発売

株式会社アルク(東京都杉並区永福 代表:平本 照麿)より、
新刊『Mr. Evineの中学英文法+αで話せるドリル』のご案内を申し上げます。



突然ですが、「私は間違った部屋に入りました」を英語にすると、次のうちど
ちらが正しいでしょうか?
(a) I entered the wrong room.    (b) I enter in the wrong room.

―正解は(a)
enterは「…に入る」という他動詞。また、「…ました」なので、過去形を表す
enteredが正解。なぜ答えが(a)なのか、理解するのは簡単でも、実際に口頭で
英語にするとなると、中にはすぐに出てこない人もいるのではないでしょうか…。

「覚えた単語も英文法も、会話になると使えない!」-こういったお悩みをこ
の1冊で解決しましょう。

●「話せる」ために必要な「語法」と「英文法の感覚」を学ぶ
実は、「覚えた単語も文法も、会話になると使えない」といったお悩みは、動
詞の使い方と英文法のニュアンスを徹底的に学ぶことで解決できるのです。本
書は、そんな英語の発信力を伸ばす鍵となる、動詞力と文法力を徹底的にトレ
ーニングし、どんどん話せるようになるための1冊です。

●「語法」と「英文法の感覚」を12UnitのInputとOutputでトレーニング
本書には3つのSectionがあり、メインのSection2は12Unitから構成されています。
ここでは5文型を基本として、それぞれの文型でよく使われる主要動詞の語法と、
中学英文法+αを使って伝えられる英文法のニュアンスを学びます。各Unitは、
丁寧な解説と豊富な演習問題という2本立てなので、解説をInputし演習でOutput
することで、発信力を高めることができます。

●日本語&英語収録CDで、「書いて・話して・聞いて」学べる
各Unitの演習問題で使われた日本語と英語の両方を収録したCDも付いていますの
で、演習問題と併用するほかにも、CDのみでの利用や、付録の「[話せる]ための
日・英対応リスト」と合わせての学習も可能となっています。つまり、「書いて・
話して」に加え、「聞いて」の学びも可能なのです。

本書で繰り返し学習することで、学んだ知識とスキルを発信レベルまで引き上げ
ることができます。

【著者】Evine(エヴィン) プロフィール
本名、恵比須大輔。夜景が美しい街、神戸に生まれ育つ。オーストラリアでのワー
キングホリデーの経験と、何でも丹念に調べあげる「根性の独学」で英語を習得。
子ども英会話講師、塾の英語講師を経て、現在は「やりなおし英語JUKU」
http://evinet.biz/)を神戸で主宰し、学生から大人まで初心者を対象とした
使える英語学習指導に従事している。現在アルクのウェブサイトにて、ブログ
『Mr.Evineの頑張る英語人応援ブログ 〜略してエビログ!〜』を好評連載中。
著書に『Mr.Evineの中学英文法を修了するドリル』『Mr.Evineの英文法ブリッジ
コース[中学修了→高校基礎]』(アルク刊)がある。趣味は映画を見ること、ダイ
ビング。

<書籍詳細>
【タイトル】『Mr. Evineの中学英文法+αで話せるドリル』
http://shop.alc.co.jp/spg/v/-/-/-/7009159/
【本体】1,900円(税込1,995 円) 
【ISBN】978-4-7574-1848-6
【サイズ】B5判
【頁数】220ページ+別冊(68ページ)
【C D】 1枚付き(79分)
【レベル】英語初級から
(英検3級/TOECI(R)テスト350点程度)
※2010年1月27日より全国の書店、オンラインショップで発売

◆Mr. Evineシリーズ
http://shop.alc.co.jp/spg/search/exec/bulk/-/142/

[株式会社アルクとは]http://www.alc.co.jp/
アルクは、1969年4月の創業以来、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を
掲げ事業を推進してまいりました。語学学習者のための通信講座の企画制作をはじめ、
eラーニング教材、書籍(単行本、情報誌など)、各種デジタルコンテンツの提供など、
語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。
PRTIMESリリースへ
SEOTOOLS一括見積りサービス
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
サイト買取
SEOTOOLSディレクトリ
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る