このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

世界最大の旅行サイト トリップアドバイザーが、中国における新ブランド名を発表

〜世界中の中国語ユーザーをターゲットとしたブランド戦略を加速〜

世界最大の旅行サイト「TripAdvisor(R)」(トリップアドバイザー、本社:マサチューセッツ州ニュートン、NASDAQ: TRIP、CEO:ステファン・カウファー、日本語版サイト http://www.tripadvisor.jp) は、5月27日に刷新された中国における同サイトの新しいグローバルブランド「マオトゥイン(猫途?)」(サイトURL: http://www.tripadvisor.cn )を発表しました。ブランド刷新に伴い、中国語版のモバイルアプリも新しいバージョンをリリースしています。中国本土からのアウトバウンド旅行者、香港・台湾のユーザー、そして世界各国で生活する中国語を母国語とするユーザーにとって、トリップアドバイザーが更に使い勝手の良いサイトとなるべく、世界中の中国語ユーザーをターゲットとしたブランド戦略を加速していきます。




トリップアドバイザーは、中国本土では2009年より「daodao.com」の名前でサービスを展開していましたが、今回刷新された中国本土の簡体字サイト「マオ トゥ イン(猫途?)」(http://www.tripadvisor.cn)、および既存の台湾の繁体字のサイト(http://www.tripadvisor.com.tw)のほか、2015年3月には中国のファイヤーウォールの外、すなわち、中国本土以外に住む中国語ユーザーをターゲットとした「インターナショナル簡体字サイト」(http://cn.tripadvisor.com)を立ち上げ、現在3つの中国語のサイトを運営しています。今後はこの新しいグローバルブランドプラットフォームで、中国人旅行者にとって更に有用な旅行のための提案を行っていきます。

2015年1月から4月の間で、世界各国の中国語ユーザーからトリップアドバイザーへのセッション数は6千万回以上を記録し、中国語の口コミの数も前年同時期の5倍を記録しています。新しい中国語の名称「マオ トゥ イン(猫途?)」には、「フクロウ」と「旅」の意味が込められています。グローバルで既に知られている「トリップアドバイザー」のブランドと、人気を集めるフクロウのロゴを利用することで、トリップアドバイザーでは世界中の旅行者からスマートなアドバイスを得ることができることを訴求していきます。

日本政府観光局(JNTO)によると、2014年の訪日外客数は1341万人に上り、前年度比29%増を記録していますが、台湾・中国・香港からの旅行者を合わせた中国語ユーザーの合計は616万人にも上り、全体の45%以上を占めています。同時に、前年度に比べ44%増と大きな伸張を見せていることから、この度のトリップアドバイザーの中国語ユーザーをターゲットとしたブランド戦略をはじめとする今度のトリップアドバイザーの中国における展開は、日本のインバウンド戦略とも密接に関係していくとことを想定しています。


[画像: http://prtimes.jp/i/1853/323/resize/d1853-323-271465-0.jpg ]

ブランドの新しい中国名とタグラインについて
トリップアドバイザーの新しい中国語の名称「マオトゥイン」は、中国語の「フクロウ」と「旅行」をかけています。簡体字の「フクロウ」は『猫??』(マオトゥイン)という綴りなのですが、『?』の読み方が「旅行」を示す『途』と似ていることから、トリップアドバイザーのロゴである「フクロウ」と「旅行」をかけて『猫途?』と綴っています。ブランド名称が直接「フクロウ」を指すことから、これまで以上に中国人旅行者がトリップアドバイザーブランドを認知するようになります。タグライン『不同?野看世界』は日本語に直訳すると、「世界を違う視点から経験する」という意味です。

中国語の新しいアプリについて
ブランド名の刷新に伴い、トリップアドバイザーの中国語版モバイルアプリの新バージョンも今週リリースされました。アップデートされたアプリは Apple WatchおよびiPadでも利用可能で、世界中のユーザーから人気の高いホテルの価格比較や周辺スポット検索、オフラインでも口コミが閲覧できる機能のほか、中国語版だけの機能として、WeChatの融合と中国語のトラベルガイドを備えています。アプリは現時点で7千万ダウンロード(*1)を記録しています。

トリップアドバイザーの代表取締役社長兼CEOのステファン・カウファーは次のようにコメントしています。「中国本土からの海外旅行者数は2020年までに2億3千万人と現在の2倍にも増えることが予想されますが(*2)、加えて、我々は本土以外に住む約5千万人の華人の存在も見逃すことができません。世界最大の旅行サイトとして、トリップアドバイザーは世界中の華人コミュニティに、信頼度が高く、旅行をワンストップで計画・予約できる方法を提供します。」

トリップアドバイザーのアジア・パシフィックの社長リリー・チェンは次のようにコメントしています。「トリップアドバイザーの中国での新しいブランド名を発表することが出来、非常に嬉しく思っています。今回のブランド刷新は、名前を新たにしただけではなく、今後の我々の世界中の華人コミュニティに対する関わりの深さを示すものです。トリップアドバイザーは旅行に欠かせない素晴らしいツールであると同時に、旅行の楽しさなど、旅に出る理由も提示していくブランドです。旅行とは世界を発見することであり、新しい人々や文化と触れ合うことです。トリップアドバイザーの情報によってユーザーは自由と自信、そして、自分で好きなように世界を発見する機会が与えられると信じています。」

(*1) CTCNN: 中国アプリのデータアグリゲータ機関
(*2) モルガン・スタンレー GLOBAL INSIGHT, Global Aviationより (2015年3月)


トリップアドバイザーとは:
トリップアドバイザー(本社:米国マサチューセッツ州ニュートン、NASDAQ:TRIP)は、旅行者が最高の旅行を計画し、予約できる世界最大*の旅行サイト。旅行者の実体験に基づくアドバイスと、幅広い旅行の選択肢および数百を超える予約サイトから最安値を検索できるツールとシームレスにつながったプランニング機能を提供しています。世界最大の旅行者のコミュニティとして、世界45カ国でサイトを展開し、世界450万軒を超えるホテル、レストラン、観光スポットに対して2億件以上の口コミ情報を掲載しています。月間ユニークユーザー数は約3億1500万人**。TripAdvisor, Inc. は、トリップアドバイザーブランドサイト、旅行業界向けにトリップアドバイザーブランドサイトの活用サービスを提供する専門部署TripAdvisor for Businessのほか、以下の24の旅行関連サイトを運営しています:
http://www.virtualtourist.com http://www.kuxun.cn http://www.airfarewatchdog.com http://www.bookingbuddy.com http://www.cruisecritic.com http://www.everytrail.com http://www.familyvacationcritic.com http://www.flipkey.com http://www.thefork.com (http://www.lafourchette.com http://www.eltenedor.com http://www.iens.nl http://www.besttables.com を含む) http://www.gateguru.com http://www.holidaylettings.co.uk http://www.holidaywatchdog.com http://www.independenttraveler.com http://www.jetsetter.com http://www.niumba.com http://www.onetime.com http://www.oyster.com http://www.seatguru.com http://www.smartertravel.com http://www.tingo.com http://www.travelpod.com http://www.tripbod.com http://www.vacationhomerentals.com http://www.viator.com

*出典: comScore Media Metrix for TripAdvisor Sites, worldwide 2014年12月
**出典: Google Analytics,worldwide data 2014年第3四半期
PRTIMESリリースへ
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
検索エンジン登録パック+A
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る