このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

フォーリン・アフェアーズ リポート2010年3月号プレビュー《日米安保と核密約》

2010年3月10日に発売されるフォーリン・アフェアーズ リポート3月号のプレビューです。
●現在メディアで大きく取り上げられている、「日米安全保障条約50周年の足跡と展望
―いまも安保はグランドバーゲンか」では、ライシャワー元駐米大使の特別補佐官を務めた
ジョージ・パッカードが、日本への核持ち込みや、鳩山政権と普天間基地問題解決への
見通しを論じています。

また、

●「スティグリッツが語る金融危機と規制、経済の不均衡、中国、ドルの将来」、

●北京大学国家発展研究院、副院長の姚洋(ヤン・ヤオ)が、中国民主化の必要性に
言及した「『北京コンセンサス』の終わり」、

●高濃度のウラン濃縮に成功したと発表したイランについて、米外交問題評議会
ジェームズ・リンゼーとレイ・タキーが論じた、「核武装後のイランにどう対処するか(前編)」、

をはじめ、最近の大きな話題に関する論文を、数多く掲載しています。

3月号の目次はこちらからどうぞ。
>>http://www.foreignaffairsj.co.jp/shop/shop-FAR1003_prt.htm
───────────────────────────────
▼今話題のジョージ・パッカードの論文に関連した記事をサイトに公開しました▼
───────────────────────────────
■核は持ち込ませない、だが・・・

「核は持ち込ませない」、だが「核の傘」には入れて欲しい。これでは理屈もスジも通らない。
理屈もスジも通らないようなことが、冷戦という環境下で、日米間の密約や了解をつうじて
取り繕われ、維持されてきた。これが、次第に明らかになりつつある戦後の真実かもしれない。

当時の日米が考えていたのは、ジョージ・パッカードが指摘するとおり、同盟関係のコストと
恩恵のバランスだ。そこには安保条約がもたらしてくれる利益をめぐる適切な相互認識、
バランスが存在した。その後、日米経済摩擦がエスカレートしていくのを、安保条約の存在が
緩和したこともある。(「日米安全保障条約50周年の足跡と展望」) だが、時間が経過した
ジョイント・ベンチャーにはつきものの共有利益認識のずれが、いまや日米同盟を脅かしている。
・・・・・・・

続きはこちらから
>>http://www.foreignaffairsj.co.jp/archive/kaidai/201003_1

───────────────
▼3月号プレビュー 核と日米安保▼
───────────────
トップページでも、関連論文、関連ニュースを紹介しています。
ぜひご覧下さい。
http://www.foreignaffairsj.co.jp/


****************************************
フォーリン・アフェアーズ・ジャパン
〒113-0021東京都文京区本駒込5-20-42F
tel.03-5815-7152 fax.03-5815-7153
http://www.foreignaffairsj.co.jp/
****************************************
DreamNewsリリースへ
SEOTOOLS一括見積りサービス
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
インフォキュービック テキスト広告
SEOTOOLSディレクトリ
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る