このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

IMJモバイル、「スマートフォンサイトの情報表示方法に関するユーザビリティ調査」を発表

スマートフォンサイトの情報表示方法に関するユーザビリティ調査
〜 性年代別にみる操作印象 〜

株式会社アイ・エム・ジェイ(JASDAQ 4305)のグループ会社である株式会社IMJモバイル(本社:東京都目黒区 代表取締役社長:川合純一)は、「スマートフォンサイトの情報表示方法に関するユーザビリティ調査」を実施いたしました。

調査期間は2012年3月2日〜3月3日、有効回答数は826名から得られました。

調査結果概要
スマートフォンの進化により、サイト内での様々なインタラクティブUIを用いた表現方法が見受けられるようになりました。そこで、今回は複数のインタラクティブUI実例を用いたユーザーの操作印象について調査を行いました。
調査結果より、インタラクティブUIの受容性や好まれる表現は性年代によって異なることがわかりました。
例えば商品カテゴリを選択する際の階層情報を表示する表現では、20代男性の場合、「サブウィンドウが開く表現」もしくは「横タブでの表現」が好まれる結果となった一方、20代女性は「アコーディオンでの開閉表現」が半数以上の支持を得ており、「横タブでの表現」は男性と異なり最も低い評価となりました。
インタラクティブUIを使用することは、情報量の多いページではスクロールの手間やレイアウトのムダを省くことができますが、「アコーディオンを開く」「タブを切り替える」などワンアクション多い操作が必要となりユーザーの負担増につながる可能性もあります。サイト構築をする上で、情報量やターゲットユーザーを意識し、それに見合った情報表現を取り入れることがユーザビリティ向上の後押しとなると言えます。

調査のトピック
・ メインバナーの表示方法では、年代が高くなるに連れて操作を必要とない縦積みが好まれる
・ メインメニューの表示方法は、全性年代を通じてグローバルメニューへの支持が高い
・ 複数コンテンツを表示する場合、性年代によって好まれる表現に差がある
・ カテゴリ選択時の表示方法は、アコーディオン/サブウィンドウが共に支持が高い
・ リンク表示をする場合、ブロック全体ではなく、タップ箇所を明確にした表現に支持が高い
・ 商品画像の表示方法では、フリック操作での切り替え表現が女性20代で特に好まれる傾向


※詳細は、以下の資料をご参照下さい。
http://www.imjmobile.co.jp/news/report_20120330-337.html


株式会社IMJモバイル 会社概要

株式会社アイ・エム・ジェイのグループ企業であるIMJモバイルは、調査分析から戦略立案、ユーザビリティ設計、クリエイティブ、システム開発、運用までのフルサービス&ワンストップサービスを提供しております。国内最大級の実績と経験をベースに、スマートフォンを含めたモバイル領域において、企業のデジタルマーケティングをサポートいたします。

・ 社名株式会社IMJモバイル
・ 本社東京都目黒区青葉台3-6-28 住友不動産青葉台タワー
・ URL http://www.imjmobile.co.jp/
・ 設立2000年7月18日
・ 資本金3億963万7500円(2011年3月末現在)
・ 従業員数246名(2011年3月末現在)
・ 事業内容モバイルソリューション、モバイルコンテンツ、モバイル広告メディア等


お問合せ先

■調査に関するお問合せ先
株式会社 アイ・エム・ジェイ/IMJモバイル
マーケティング本部リサーチ室
TEL:03-6415-4352

■報道機関からのお問合せ先
株式会社アイ・エム・ジェイ http://www.imjp.co.jp/
広報室 広報グループ
TEL:03-6415-4257 E-mail:irpr@imjp.co.jp


DreamNewsリリースへ
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
キングソフト インターネットセキュリティ
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る