このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

2013年通販化粧品市場について調査結果を発表【(株)総合企画センター大阪】

概要
◆2011年度(2011年12月〜2012年11月に迎えた決算を対象)の通販化粧品市場は過去最高の販売高を更新したものの、前年度比伸長率は0.3%増と前年度に続き2000年以降で最も低い水準となった。その主な要因としては、悠香の信用失墜による大幅な売上減に加えて、店販系低価格ブランドとの競合が挙げられる。特に、オルビスやファンケル、アテニアなど大手・中堅企業を中心に前年を下回る企業が目立った。

◆2012年度については、資生堂をはじめとする大手制度系企業や外資系企業の本格参入に伴い市場が活性化し、3%程度の成長が見込まれる。ただし、参入企業の増加に伴い、通販化粧品市場は今後ますます競争が激しくなる見通し。このため各社は、これまでのように売上を伸ばすことが難しくなることが予想され、価格(price)・チャネル(place)・販促(promotion)・商品(product)のあらゆる面から戦略の見直しを進めている。

◆具体的には、価格面ではハーバー研究所やドクターシーラボなどが一部商品を値下げし、価格競争力を高めているほか、ガシー・レンカーやアイムなどは有料サンプルを従来の半額に設定し、新規顧客の獲得につなげている。チャネル面では、新日本製薬がGMSに進出しているほか、再春館製薬所が健康ドリンクでCVSを開拓するなど、新しい顧客接点の拡大に向けた動きが活発化している。また、販促面では富士フイルムなどがホームページの刷新やコミュニティサイトの設置を通じて、ユーザーとのコミュニケーションを強化している。このほか商品面では、ここ数年の化粧品市場のトレンドや女性の志向の変化に対応するべく、ファンケルやオルビスなどがブランドを再構築している。ただし、それはブランドコンセプトを変更するということではなく、より徹底する形で行われており、自社の強み(無添加やオイルカット等)をシミやシワといった様々な肌悩みの根本原因と内在的に結び付けることで、ブランド独自の高い訴求力と高い機能性の両立を追求している。

◆当資料では、制度系・外資系・異業種系企業の参入で今後ますます競争が激化する通販化粧品市場について、大手通販企業から中堅企業、新規参入企業までを徹底調査。商品展開、使用媒体、顧客サービス、SNSの活用状況などから多角的に分析するとともに、踊り場を迎えた各社の今後の戦略についてレポートしている。
TPC市場調査レポート
「2013年 通販化粧品の市場分析調査」
―踊り場からの脱却に向けた各社の次の戦略とは?―
詳細はこちら>>http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr210130098

資料体裁:A4判 152頁
発 刊 日:2013年5月31日
頒   価:87,000円(税抜)

【会社概要】
■会社名   株式会社総合企画センター大阪
■所在地   大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
■TEL     06−6538−5358
■FAX     06−6538−6531
■プライバシーマーク認定番号 第20001810 (01)号
■URL    http://tpc-cop.co.jp/
■公式Facebook http://www.facebook.com/bibliotheque.tpc
■公式 ブログ http://tpc-cop.co.jp/blog/
■事業内容  マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版


【本件に関するお問い合わせ】
(株)総合企画センター大阪 webマーケティンググループ
https://secure.future-s.com/~bibliotheque/contact/
フリーダイヤル:0120-30-6531
DreamNewsリリースへ
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
ブロードバンドセキュリティ
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る