このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

楽天アプリ市場で、オンライン麻雀ゲームMaru-Janを提供開始

株式会社シグナルトーク(代表取締役:栢 孝文、所在地:東京都大田区)は8月19日(水)から、運営するオンライン麻雀「Maru-Jan」(マルジャン)の楽天アプリ市場版「Maru-Jan for 楽天」を提供開始しました。

 株式会社シグナルトーク(代表取締役:栢 孝文、所在地:東京都大田区)は8月19日(水)から、運営するオンライン麻雀「Maru-Jan」(マルジャン)の楽天アプリ市場版「Maru-Jan for 楽天」を提供開始しました。

 「Maru-Jan for 楽天」は、楽天株式会社(代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、所在地:東京都品川区)が運営する楽天アプリ市場のオープンに合わせて制作を行った楽天アプリ市場専用アプリです。楽天アプリ市場は、楽天会員であれば様々なアプリをダウンロードできるサービスで、8月19日(水)にオープンしました。楽天アプリ市場内のアプリやアプリ内アイテム購入は、クレジットカード情報を楽天会員IDに紐付けていれば、楽天会員IDとパスワードで購入できます。また、楽天スーパーポイントを利用することもできます。

 「Maru-Jan」は運営11周年を迎え、会員数80万人を超えるオンライン麻雀ゲームで、PC/スマホ/タブレットで遊ぶことができます。Maru-Jan for 楽天では、通常の麻雀プレイ以外にも、完全無料で遊べる一人用ゲーム「麻雀力強化道場」を導入している他、賞金総額1,000万円の史上最大の麻雀競技会「全国麻雀選手権」をはじめ、Maru-Janで開催している全てのイベントに参加する事ができます。

●Maru-Jan for 楽天紹介ページ:http://www.maru-jan.com/lp/for_rakuten/?drn=20150819
●楽天アプリ市場について:http://www.maru-jan.com/lp/rakuten_apps/?drn=20150819

■オンライン麻雀 Maru-Janについて

 サービス開始から11周年になる、会員数80万人以上のネット対戦型オンライン麻雀ゲームです。
 和の高級感を追求した、1ゲーム毎に課金の完全有料サービスです。
 WindowsPC、iPad/iPhone、Androidタブレット/スマホでもプレイ、イベント参加ができます。
 
 【 概要 】
  ジャンル:高級オンライン麻雀ゲーム
  公式ホームページ:http://www.maru-jan.com/?drn=20150819
  発売日:2004年4月26日
  料金:東風1戦 80ポイント(80円相当)、東南1戦 150ポイント(150円相当)、
      三麻1戦 100ポイント(100円相当)、プロリーグ1戦 200ポイント(200円相当)
      ※1位の人は無料でゲーム続行が可能
      ※Maru-Jan for iPad/Maru-Jan for Androidでは購入料金が異なります。
  対応機種:Windows PC、iPad/iPhone、Androidタブレット/スマホ
         ※動作環境や推奨スペックについての詳細は公式ホームページをご覧ください。
  Maru-Jan for iPad/Maru-Jan for Android紹介ページ:http://www.maru-jan.com/mobile/?drn=20150819


■株式会社シグナルトークについて

 「Maru-Jan」の運営、全国麻雀選手権の主催のほか、パソコンで手軽に脳の認知機能を測定できる
  サービス「脳測」やオンライン将棋「遊び処 ふくろふ」などを展開しています。
 【 概要 】
  社名:株式会社シグナルトーク
  公式ホームページ:http://www.signaltalk.com/
  所在地:東京都大田区
  代表取締役:栢 孝文(かや たかふみ)
  事業内容:オンラインゲームの開発、運営、販売等
  問い合わせ先:webmaster@signaltalk.com



DreamNewsリリースへ
SEOTOOLS一括見積りサービス
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
サイト買取
SEOTOOLSディレクトリ
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る