このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

自分の分身が自宅からワンタッチでお店にあらわれる。 ネットと店舗が融合したテニス専門店が表参道にオープン!

自社製品開発から海外商品の輸入・販売、テニススクール運営までテニスを愛する人たちをサポートしてきたケイ・プロジェクトインターナショナル株式会社は自宅にいながらでも店内を歩き回っているような感覚を味わえる分身ロボット”Double”や”KUBI”、をとりいれた店舗とオンラインの融合したテニスショップ「KPI」を2016年3月1日にオープンします。

自社製品開発から海外商品の輸入・販売、テニススクール運営までテニスを愛する人たちをサポートしてきたケイ・プロジェクトインターナショナル株式会社(本社、兵庫県洲本市 代表、薮田 恵士 以下KPI)は自宅にいながらでも店内を歩き回っているような感覚を味わえる分身ロボット”Double”や”KUBI”、更にモニターの前に立ち、ワンタッチすれば服を着たまま早着替えができる”Virtual Fashion”をとりいれた店舗とオンラインの融合したテニスショップ「KPI」を2016年3月1日にオープンします。

今までのオンラインショップでは商品が手元に届かなければ画像のみで判断するしかなく、商品が到着するまで実際の使い心地や見た目を判断することができませんでした。

今回は分身ロボット、Doubleをとりいれたことでお客様が店舗に来なくてもインターネットからこのDoubleに接続していただければ店内をスマホやパソコンのキーボード一つで歩き回ることができます。またこのDoubleから店員に話しかけていただければ実際の商品を手に持ちながら細かい機能の差や「他の色がみたい」「同じ価格帯のラケットがみたい」といったお客様の希望をリアルタイムで受け付けることができます。
店内に在庫がない場合には店内備え付けのPCからオンラインショップにアクセスしていただければお客様が欲しいものを当日手に入らなくても直接ご自宅に配送されます。
今までの店舗ではその店に在庫がなければ取り寄せして再び店舗に向かうという2重の手間がかかっていましたが、オンラインショップを経営している当社ではその手間を省くことができるのでよりお客様が欲しいと思った時に欲しいものを提供できる環境を作り上げることができました。

店内に”Virtual Fashion”を取り入れることでお客様に試着室が開くのをお待たせすることがなくなったり、何着か手に持って着替えて、もう一度商品を棚に戻しに行くといった手間を省くことができるようになります。また気軽に着替えを楽しんでもらえるので普段挑戦しないようなウェアを一瞬だけ楽しむといったことも実現しました。
”Virtual Fashion”利用者はインターネットユーザー1080人に対しての2%と少ないですが利用後の購入者は3人に2人は購入しています。また「バーチャル試着」を再度利用してみたいと思うか聞いたところ、76.2%はまた利用してみたいという結果が出ています。(。http://internetcom.jp/research/20140926/one-fifties-uses-virtual-fitting-service.htmlNTT コムリサーチ)



今後当社ではテニスだけではないスポーツ全体を見つめ、全てのスポーツプレーヤーに対しサポート・応援していくことを目標に、スポーツプレイヤーへの資金援助や日々メンテナンスの指導といったプレイヤーが抱える悩みを一緒に解決できるような企業に成長していきたいと考えています。
会社概要・問い合わせ先
社名 ケイ・プロジェクトインターナショナル株式会社
所在地 〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷1278-3
代表者名 薮田 恵士
資本金 10,000,000円
問い合わせ先 0799-26-0037
担当者 萩原 (マーケティング担当)
メールアドレス info@kpi.asia/ marketing@ipresence.jp
事業内容 テニスイベント運営 テニスECサイト運営

URL http://www.kpi.asia/

DreamNewsリリースへ
SEOTOOLS一括見積りサービス
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
インフォキュービック テキスト広告
SEOTOOLSディレクトリ
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る