このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

【外部講師講演】化粧品(原料含む)輸出入で留意する海外・国内法規制と品質管理 10/5(火)[オンライン]

ハニカム・テクノリサーチ株式会社は一般社団法人 日本国際コンプライアンス推進認定協会(ICPCA)との共催のもと、合同会社和陽アドバイザリー 代表 辰巳 和子様をお迎えし、化粧品(原料含む)輸出入で留意する海外・国内法規制と品質管理について解説して頂きます。

■サブタイトル
〜成分からみる近年の海外動向と国内回収事例を踏まえた品質管理のポイントについて〜

■本講座のポイント
昨今、化粧品にまつわる法律は国内外問わず目まぐるしく変化しております。
EUではプラ規制、ナノ規制だけでなく成分規制がさらに強化され、台湾では大改革とも呼べる化粧品規制の変更が行われ、2021年1月には中国の化粧品規制も大きく変わりました。
昨日OKだったものが明日にはNGになっている状態です。日本でも薬機法の改正案が審議され、広告においては課徴金が適用されようとしています。
また化粧品基準は変わらないまでも海外規制をうけて次々に通達などの形で自主規制が上乗せされており、知らないと回収などの事態に陥る可能性があります。

本講座では、自主規制も含めた日本の化粧品規制と近年の海外成分動向を抑えた上で、近年の回収事例などからそのリスクを回避するための品質管理の方法をご説明します。
化粧品の流通全般における注意点を一日でお伝えしていきますので、化粧品の流通を始めたばかりの方だけでなく、
化粧品のグローバルな取引を行われている方にも一助としていただける講座です。

■本講習会で得られる知識
・化粧品流通における規制全般
・日本と主要各国における成分規制の特徴
・化粧品の品質管理の方法
・近年の化粧品回収事例における注意ポイント

■受講対象
・化粧品流通において品質管理や規制チェックを行っている方、今後行う方
・化粧品にまつわる法規制を全般的に理解したい方
・化粧品事業者で今後海外を見据えた展開をしたい方

是非この機会にご参加ください。

本セミナーは、今般の新型コロナウイルス感染拡大防止のため、「オンライン形式」で開催いたします。
なお、今回のセミナーにつきましては、同業者の方の参加はお断り申し上げます。

■事前質問について
事前質問は、セミナー開催前、3営業日前で締切とさせていただきます。
開催日3営業日以降に、セミナーにお申込みで事前質問がある場合、
当日質問いただくか、セミナー開催後、事後質問としてご質問ください。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000243116&id=bodyimage1

【日 時】2021年10月05日(火) 13:30-16:30 (開場 12:30)
【テーマ】【外部講師講演】化粧品(原料含む)輸出入で留意する海外・国内法規制と品質管理 10/5(火)[オンライン]
【要 旨】
I.化粧品の国内外の規制
1.国内化粧品規制〜日本で化粧品を流通させるために〜
(1)化粧品基準の変遷
(2)化粧品と医薬部外品
・定義の違いと流通までの手続きの基本
(3)ポジティブリスト・ネガティブリスト
(4)タール系色素
(5)業界自主基準
・微生物に関する基準
(6)化粧品にまつわるその他の法律
・景表法・製造物責任法
2.海外化粧品規制〜海外に化粧品を輸出するために〜
(1)EU
(2)USA
(3)ASEAN
(4)中国
(5)台湾
(6)海外における最新化粧品成分動向
(7)最新情報の入手の仕方

II.化粧品の品質管理
1.近年の国内化粧品回収事例
(1)収去検査からの検出事例・違反事例
(2)近年の回収事例
(1) 微生物の混入
(2) ホルムアルデヒド
(3) 法定表示の不備
(4) 成分無表示
2.輸入化粧品の品質管理
(1)Ingredientを読む
(2)INCI名と化粧品表示名
(3)国別・アイテム別にみる主な注意ポイント
(4)成分分析 - 海外と日本との違い -
(5)日本と海外の法定表示
(6)実際にあった事例(製造元とのトラブル)
・取引先の選定、お付き合いのポイント
3.化粧品の品質管理
(1)化粧品GMP
(2)自社で行う品質管理試験
(1) 微生物試験
(2) その他注意点
(3)成分分析(外部委託)
(1) 依頼のポイント
(2) 定量下限・検出下限
(3) 試験方法、定量下限による管理の仕方

III.まとめ

※内容は状況に応じて調整、変更の可能性がありますのでご了承ください。

【講 師】
合同会社和陽アドバイザリー 代表 辰巳 和子様

【参加方法】Microsoft Teamsを用いたオンライン開催となります。
会議URLはお申し込み後にご案内致します。

【利用ツール】Microsoft Teamsご使用上の注意事項

【使用環境について】
必ず使用環境のご確認をお願いいたします。
■推奨ブラウザ
・Google Chrome ブラウザ(79以降)
・Microsoft Edge ブラウザ(Chromium ベース)

■非対応
下記のブラウザではご参加いただけません。
※ただし事前にアプリをインストールいただくことでご参加可能です。
・Internet Explorer11 ブラウザ
・Firefox ブラウザ

【Microsoft Teamsアプリのインストール方法】
https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/microsoft-teams/download-app
上記URLにアクセスし、「デスクトップ版をダウンロード」を押すとインストールが始まります。

※ツールの詳細につきまして、お申込前にお電話またはメールでのご質問も受け付けております。

【受講料】25000円(消費税別、資料代)

【お申込み】ハニカム・テクノリサーチ株式会社のHP セミナーお申し込みフォームよりお願いします。
https://www.honeycomb-tr.com/Seminar/1765/



配信元企業:ハニカム・テクノリサーチ株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ
DreamNewsリリースへ
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る