このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

すべてはAから始まる─。シューズブランドの卑弥呼が、公式サイトで発表するWEB小説『Mystery of on amari』の第二章「消えた宝物」の最新話を更新

婦人靴を企画・販売する卑弥呼が、卑弥呼(HIMIKO)オンラインショップ「on amari」特設ページにて、ライトミステリーのWEB小説『Mystery of on amari』の第二章「消えた宝物」の最新話を更新しました。



1973年の創業以来、約40年にわたり日本女性の“足”を追求し、婦人靴を企画・販売している株式会社卑弥呼(本社:東京都渋谷区、代表:佐々木靖典)では、公式サイトで月に2回更新されるWEB小説のストーリーに合わせ、オリジナリティの高いデザインが特徴の新シューズ「on amari」シリ―ズを発表。2019年3月1日(金)に公開が始まったWEB小説「Mystery of on amari」全3章(全24話)のうち、第2章「消えた宝物」の最新話を6月28日(金)に更新しましたので、ここにお知らせいたします。


▼ 『Mystery of on amari』特設サイト:https://www.himiko.jp/special/onamari/mystery/


第2章の最新話では、謎の楽譜と行先不明の1枚の乗船券にいざなわれて豪華客船へたどり着いた探偵キャサリンとアマリが、船旅ならではの素敵な出会いにときめいたり謎を解決したりしながら、成長していく姿を描きます。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MTU5NiMyMjM3NzAjNjE1OTZfWEVCZnhyT3piQy5wbmc.png ]


■『Mystery of on amari』とは

月に2回更新される新米探偵“キャサリン”と、おしゃべりするピンクのプードル“アマリ”のライトミステリーです。ストーリーは公式サイトの特設ページで公開され、1年(全24話)で完結の予定となっています。2019年5月15日(水)に第1章が完結し、6月28日(金)に第2章「消えた宝物」の最新話が更新されました。


[ストーリー]

新米探偵のキャサリンは26歳の女の子。どんなに難しい依頼も素敵に解決!?とはいかず、失敗しては落ち込む彼女の前に現れたのは──。靴を愛する女性たちに贈る、ひとりと一匹のちょっと不思議な物語。


<プロローグ>

<第一章>「あの子を探して」

<第二章>「消えた宝物」


ローラ誘拐疑惑事件をなんとか解決した探偵“キャサリン”とピンクのプードル“アマリ”。探偵事務所に届いた謎の「アリス」という人物からの招待状には、一枚の乗船券と地図、そして“奇妙な楽譜”が入っていました。その楽譜の裏には、書きなぐったような文字で“すべてはAから始まる”と書いてあります。謎の暗号を解きあかし、“キャサリン”と“アマリ”は地図をもとに港へ。探偵らしくなかった“キャサリン”でしたが、自信がないなりにも少しずつ謎に迫っていきます。“キャサリン”の成長の様子を、『Mystery of on amari』らしい、夢のようにキラキラとした船旅の風景とともに描いたステキな一話。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MTU5NiMyMjM3NzAjNjE1OTZfdmNldmtvTGlYRi5wbmc.png ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MTU5NiMyMjM3NzAjNjE1OTZfTER2SFNta3pWRS5wbmc.png ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MTU5NiMyMjM3NzAjNjE1OTZfb0tLWExpRUJmQi5wbmc.png ]
[登場キャラクター]


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MTU5NiMyMjM3NzAjNjE1OTZfZ2tQRkhlUnBabi5qcGc.jpg ]


「キャサリン」 主人公の女の子。新米探偵。

「アマリ」 ピンク色のプードルの女の子。


■すべての靴をピンクで展開!?

2019年から2020年にかけて発表される「on amari」シリーズは、すべてのシューズをピンク色で展開。「Mystery of on amari」のストーリーが更新されるたびに、物語からインスピレーションを受けたデザインや、お話の中に登場する靴を発表。世界観や独特な個性を表現したユニークなラインナップとなっています。デザインは遊んでいるけど、つくりは本格派。卑弥呼(HIMIKO)の履きやすさや、耐久性の基準をクリアしたものだけを製品化しています。
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MTU5NiMyMjM3NzAjNjE1OTZfbEt0SURBYUlqWC5qcGc.jpg ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MTU5NiMyMjM3NzAjNjE1OTZfRHNZb1RGSVloSS5qcGc.jpg ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MTU5NiMyMjM3NzAjNjE1OTZfSkliUU5TQ3VhYy5qcGc.jpg ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MTU5NiMyMjM3NzAjNjE1OTZfTWN0cUFhUVNwUC5qcGc.jpg ]
【on amari ラインナップ】

「楽譜の暗号」(品番039689)20,000円

「船旅のおしゃれ」(品番 039690)21,000円

「ローラお気に入りのエスパドリーユ」(品番039681/039682)22,000円

「プードル“アマリ”のセパレート」(品番039683)24,000円

ストーリーに合わせ、順次発表。

(価格はすべて税抜)


▼ on amari|公式通販 卑弥呼(HIMIKO)オンラインショップ:https://www.himiko.jp/series/onamari/


■物語とオリジナルシューズの掛け合わせ。かわいいものを愛する女性にぴったりの世界観

ライトミステリー「Mystery of on amari」は、読みやすいWEB小説で、主人公キャサリンのおしゃれや世界観にとっておきの”かわいい”を詰め込んでいます。かわいいものを愛する女性にぴったりのモチーフと世界観で、他にはないすべてオリジナルのストーリー。

”すべての謎はピンクの靴から始まる”というコンセプトのとおり、ストーリーをモチーフにデザインされたシューズ「on amari」は、ピンクにこだわり展開しています。履きやすさも兼ね備えたかわいいだけではない優れもの。ふわふわでもこもこなプードルのアマリをモチーフにしたり、リボンや星やフリルに刺繍(ししゅう)したり、女性がときめく“かわいい”を集めました。


物語とオリジナルシューズの掛け合わせは、高いクオリティを追求し続けたHIMIKO(卑弥呼)が提案する、お洒落で遊び心あふれるシューズを広く知ってもらうための、新たな試みです。


■グッズ販売やカフェとのコラボも企画

卑弥呼では「Mystery of on amari」の展開に合わせ、2019年夏以降、ミニタオルや靴下などグッズの発売やカフェとのコラボ企画も予定しています。


?■日本中の女性を足元から健康に美しく。

卑弥呼のビジョンは、「履きごこちと美しさを合わせもつ靴を、技術・経験と売らない勇気をもって、多くのお客様に一日でも永くご愛顧いただくこと」です。


“HIMIKO”の靴は、見た目の美しさだけでなく、履きごこちを大事にしています。この姿勢は、生産現場だけでなく販売現場でも徹底しており、フィッティングをはじめとする技術・経験を高め、お客様の足に合わない靴は売らない、お客様に最適の靴選びをお手伝いするという姿勢のもと、多くのお客様に永くご愛顧いただける靴を今後も提供してまいります。


【株式会社卑弥呼について】

本社:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-17-10原宿アールビル

代表者:佐々木靖典

設立:1973年11月

電話番号:03-5485-3711

URL:https://www.himiko.jp/

事業内容:ファッショナブルで機能的な靴を主力とした関連商品の企画・開発及び卸売・小売販売


【一般の方向けのお問い合わせ先】

企業名:株式会社卑弥呼

お問い合わせ先:https://www.himiko.jp/contact/
ValuePress!リリースへ
SEOTOOLS一括見積りサービス
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
SEOTOOLSディレクトリ
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る