このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

【バレンタインデー】義理チョコをもらう男性、半数は「うれしくない」

インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役社長:宮田 裕也)は、「バレンタインデー」について調査を実施し、その結果を当社サイト内にて公開いたしました。

「バレンタインデー」に関するアンケート結果を公開

インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役社長:宮田 裕也)は、「バレンタインデー」について調査を実施し、その結果を当社サイト内にて公開したので、一部を紹介します。


◆義理チョコ、男性の半数は「うれしくない」

2月14日はバレンタインデーです。

日本のバレンタインデーといえば、長年「女性から好きな男性へチョコレートを渡す日」としてお馴染みでしたが、近年では女性同士で渡し合ったり、男性から女性、男性から男性へ渡したりするなど、「女性から男性」という向きだけのイベントではなくなってきていす。

今回は、そんなバレンタインデーについて調査しました。


バレンタインデーで贈られるチョコレートには、意中の人へのいわゆる「本命チョコ」に対して、そうでない方への「義理チョコ」があります。

義理チョコをもらった場合の気持ちについて「うれしい」か「うれしくない」かの二択で聞いたところ、結果はこのようになりました。


調査期間:2020年2月5日〜2月8日

集計対象人数:1,000人(60歳未満の男女500人ずつ)


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NDg0OCMyMzYyMDkjNTQ4NDhfdmNzTUF4V2huRC5qcGc.jpg ]
女性では、過半数の68.2%の方が「うれしい」と回答しました。
その理由には、「チョコが好きだから」「あげようと思ってくれる気持ちが嬉しい」などがありました。


対して男性では、ちょうど真っ二つに分かれる形となりました。
「うれしい」理由には、女性と同様に「チョコが好き」「気持ちがうれしい」などがありましたが、一方の「うれしくない」理由には、「チョコが好きではない」「あくまでも義理であって本命ではないから」など、うれしい理由への“反対意見”のような回答が多くありました。
また、「お返しが面倒」「お礼にお金がかかる」といった、3月14日のホワイトデーをネガティブに意識したと見られる回答も多くありました。


当リリースでご紹介した内容を含むその他の調査結果は、弊社運営サイト「日本トレンドリサーチ」にて公開しております。

https://trend-research.jp/2020/02/12/2036/


※アンケートデータを記事として引用される際は、「日本トレンドリサーチによる調査」である旨と、「日本トレンドリサーチ」の該当記事のURLをあわせてご紹介いただきますようお願いいたします。


【日本トレンドリサーチについて】 ?
『日本トレンドリサーチ』では、弊社運営のアンケートサイト「ボイスノート」などの調査サービスを使用し、各種サービス・商品などの満足度について調査した結果を公開しています。


日本トレンドリサーチ:https://trend-research.jp/


【株式会社NEXERについて】

本社:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-43-1 池袋青柳ビル6F

代表取締役:宮田 裕也

Tel:03-6890-4757

URL:https://www.nexer.co.jp

事業内容:インターネットリサーチ、SEO、WEBブランディング、レビューコンテンツ、リアルショップサポート、WEBサイト制作
ValuePress!リリースへ
SEOTOOLS一括見積りサービス
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
Jエントリー
SEOTOOLSディレクトリ
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る