このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

【2020】絶対笑える!2000年以降の日本のコメディ映画ランキング

インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役社長:宮田 裕也)は「2000年以降の日本のコメディ映画ランキング」についての調査を実施し、その結果を当社サイト内にて公開いたしました。

2000年以降の日本のコメディ映画に関するアンケート結果を公開
インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役社長:宮田 裕也)は「2000年以降の日本のコメディ映画 」についての調査を実施し、その結果を当社サイト内にて公開いたしました。

?
◆2000年以降の日本のコメディ映画のランキングをご紹介
今回は、2000年以降の日本のコメディ映画に関するアンケートをおこないました。
Googleで「日本のコメディ映画 おすすめ」と検索して表示された30作品を抽出し、弊社運営のアンケートサイト「ボイスノート」にて、1444名に対して最も面白いと思う日本のコメディ映画 を回答していただきました。

◆最も面白い2000年以降の日本のコメディ映画の第1位は『テルマエ・ロマエ(2012年公開)』
最も多くの票を集めたのは『テルマエ・ロマエ』 で、252名の支持を集めました。
『テルマエ・ロマエ』は、ヤマザキマリによる漫画作品を原作とした映画で2012年に公開。
主演の阿部寛をはじめ、主要な登場人物である古代ローマ人を日本屈指の「濃い顔」俳優たちが演じたことが話題を集め大ヒットしました。
物語は、古代ローマ時代の浴場と現代日本の風呂をテーマとしたコメディ作品。
現代の日本にタイムスリップした古代ローマ人の浴場設計技師が、日本の風呂文化にカルチャーショックを覚え、大きなリアクションを返すことで笑いを描いています。
「湯船の中から真っ裸の阿部寛が出てくるだけで笑える」という声もあり、笑える要素がたくさんあるところが評価され1位となりました。

他の映画の情報などは、弊社運営サイト「ボイスノートマガジン」にて公開しております。
https://magazine.voicenote.jp/30700/

※アンケートデータを記事として引用される際は、「ボイスノートマガジン」からの引用である旨と、上記URLをあわせてご紹介いただきますようお願いいたします。

【ボイスノートマガジンについて】 ?
ボイスノートマガジンは、弊社運営のアンケートサイト「ボイスノート」などの調査サービスを使用し、アンケート結果×お役立ち情報をお届けする「リサーチマガジン」です。

オススメの脱毛サロンからちょっとした生活の知恵まで、編集部スタッフたちが、インターネットリサーチを通じてあなたの欲しいモノやサービス、情報を見つけるお手伝いをします!

ボイスノートマガジン:https://magazine.voicenote.jp/


【株式会社NEXERについて】
本社:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-43-1 池袋青柳ビル6F
代表取締役:宮田 裕也
Tel:03-6890-4757
URL:https://www.nexer.co.jp
事業内容:インターネットリサーチ、SEO、WEBブランディング、レビューコンテンツ、リアルショップサポート、WEBサイト制作
ValuePress!リリースへ
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
検索エンジン登録パック+A
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る