このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

【2,000人にアンケート】デリケートゾーンの黒ずみのホワイトニング対策をしている?していない?

株式会社シナジアが運営しているサイト「ベストトピックス」の「デリケートゾーン黒ずみの市販でおすすめ商品ランキング【154個を徹底比較】( https://synergia.co.jp/best-topics/delicatezone-kurozumi/ )」は、全国の15〜55歳の女性2,000人に対して「デリケートゾーンの黒ずみ」に関するアンケート調査を行いました。


【調査結果】
1. デリケートゾーンの黒ずみの原因の48.8%が「摩擦」
2. 7割近くの方がデリケートゾーンの黒ずみ対策を「何もしていない」と回答した!
3. デリケートゾーンの黒ずみケア商品にかけられる費用は月1,000円未満が最多(65%)

●調査結果掲載ページ
https://synergia.co.jp/best-topics/delicatezone-kurozumi/investigation20210925/


【調査概要】
調査対象 :15-55歳の女性
対象人数 :2,000人
調査対象地域:日本全国
調査方法 :Freeasy(インターネット調査)
調査期間 :2021年9月20日〜2021年9月22日
調査目的 :デリケートゾーンの黒ずみケアの市場や利用者の動向変化を調査

※本調査結果やグラフ、データをご利用いただく際は、必ず「ベストトピックス調べ」とご明記ください

※掲載をご検討くださっているメディア様へ
連絡いただけましたら、より高画質な画像をお送りいたします。
また、メディア様ごとに画像が被らないように、メディア様ごとのオリジナル画像を作成しお渡しすることも可能です。お気軽にご連絡ください。


■7割の女性がデリケートゾーン(V・Iライン)の黒ずみを気にしている!

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/277583/LL_img_277583_1.jpg
7割の女性がデリケートゾーンの黒ずみを気にしている

2,000人の女性へ調査した結果、デリケートゾーンの黒ずみが「気になる」「少し気になる」を選んだ方は合計67.8%でした。弊社で独自に行なった過去の調査と比べると今回の調査では5%減りました。

デリケートゾーンの黒ずみを気にする女性の割合が変動した理由は、調査時期や調査対象者だと思われます。前回と今回の調査結果を平均すると、デリケートゾーンの黒ずみを気にしている女性は約7割でした。


■デリケートゾーンの黒ずみがあると、異性や同性の目が気になってしまう…

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/277583/LL_img_277583_2.jpg
デリケートゾーンの黒ずみがあると、異性や同姓の目が気になってしまう

※デリケートゾーンの黒ずみが「気になる」「少し気になる」と回答した1,356人より297人が対象
※複数選択式

一番多かったのは「彼氏や夫などパートナーに見られるのが恥ずかしい」で、男性の目線を気にする女性が多かったです。しかし女性の目線が気になっている方もいたため、「男性からの目線が気になる方」と「女性からの目線が気になる方」の割合を以下にまとめて比較しました。

▼「男性からの目線が気になる方」の割合
・彼氏や夫などパートナーに見られるのが恥ずかしい:17.2%(1番多い)
・男性に積極的になれない:8.6%
・彼氏や夫などパートナーに「遊んでいる」と思われたくない:6.3%
→合計:32.2%

▼「女性からの目線が気になる方」の割合
・他の女性より黒ずんでいるのが嫌:15.7%(2番目に多い)
・脱衣所や温泉に入るときに見られないか不安:13.4%
→合計:29.1%

「男性からの目線が気になる方」は32.2%で、「女性からの目線が気になる方」より3.1%多かったですが、大差はありません。よってデリケートゾーンの黒ずみは、異性だけでなく同性からの目線も気になる悩みとわかります。「彼氏や旦那がいる」「プールやスーパー銭湯に行く」など、他人からデリケートゾーンを見られる方ほど、黒ずみが気になるのかもしれません。


■デリケートゾーンが黒ずみの原因1位は「摩擦」、2位は「炎症やかぶれ」

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/277583/LL_img_277583_3.jpg
デリケートゾーンが黒ずみの原因1位は「摩擦」、2位は「炎症やかぶれ」

※デリケートゾーンの黒ずみが「気になる」「少し気になる」と回答した1,356人が対象

アンケート調査でわかった上位の「デリケートゾーンの黒ずみの原因」について、考察とホワイトニング対策法を紹介します。

●デリケートゾーンの黒ずみの原因1位は「摩擦」(48.8%)
サイズのきついデニムや下着を身につけていると「摩擦」を感じると思います。デリケートゾーンは常に何かの衣類が当たっているため、摩擦でデリケートゾーンの黒ずみを起こすのは仕方がないことです。ゆとりのある下着やワイドパンツ・スカートを履き、摩擦を減らしましょう。

●デリケートゾーンの黒ずみの原因2位は「炎症やかぶれ」(21.5%)
次いで多かったデリケートゾーンの黒ずみの原因は「炎症やかぶれ」でした。アンダーヘアの脱毛法が誤っている、生理の時に蒸れていると、デリケートゾーンが肌荒れを起こします。

炎症やかぶれが原因でデリケートゾーンの黒ずみになっている方は、脱毛後に保湿を行い脱毛による肌ダメージを減らしましょう。美容皮膚科やエステサロンで脱毛施術を受けると自己処理の頻度が減り、肌にもやさしいです。炎症やかぶれが慢性化している場合は、無理をせず医師に診てもらってください。

●デリケートゾーンの黒ずみの原因3〜4位は「カラダの調子」(合計22.7%)
デリケートゾーンの黒ずみの原因3位は「ホルモンバランス」、4位は「ターンオーバーの遅れ」で「カラダの調子」に関する項目で合計割合は22.7%。5人に1人以上は「カラダの調子」からデリケートゾーンの黒ずみが起こっていると判明。

妊娠・出産時でホルモンバランスが乱れて黒ずんだ方は、産後元に戻る方も多いです。しかし2年以上もデリケートゾーンの黒ずみが残る方もいるため、早めに専用のクリームや石鹸を使ってケアをするとよいです。またホルモンバランスやターンオーバーは、「食事・睡眠・運動」の見直しで改善されることがあります。

→デリケートゾーンの黒ずみの原因を図解: https://synergia.co.jp/best-topics/delicatezone-kurozumi/#toc13


■73%の女性がデリケートゾーンの黒ずみ対策を「何もしていない」と回答

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/277583/LL_img_277583_4.jpg
73%の女性がデリケートゾーンの黒ずみ対策を「何もしていない」と回答

※デリケートゾーンの黒ずみが「気になる」「少し気になる」と回答した1,356人が対象

当アンケート調査でデリケートゾーンの黒ずみが「気になっている」「少し気になっている」と回答した方は68%もいたのに、黒ずみのホワイトニング対策を「特に何もしていない」方は73%もいました。多くの女性がデリケートゾーンの黒ずみを対策しない理由を考えてみたので次にまとめます。

・対策法がわからない
・効果がなかったらイヤ
・痛みや副作用が怖い…
・お金がかかりそう

デリケートゾーンの黒ずみのホワイトニング対策の方法がわからない、デメリットが気になって対策法に挑戦できない方が多いのかなと思います。

→デリケートゾーンの黒ずみを治す5つの解消方法を比較: https://synergia.co.jp/best-topics/delicatezone-kurozumi/#toc14


■デリケートゾーンの黒ずみ対策人気No.1はソープ!「手軽さ」が重視されている

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/277583/LL_img_277583_5.jpg
デリケートゾーンの黒ずみ対策人気No.1はソープ!「手軽さ」が重視されている

※デリケートゾーンの黒ずみのホワイトニング対策を「特に何もしていない」991人を除いた365人が対象

アンケート調査の結果より、デリケートゾーンの黒ずみ対策法ごとの考察をまとめます。

●デリケートゾーンの黒ずみ対策の1位は「ソープ」(33.2%)
3人に1人の方が使用しているのが「デリケートゾーン用のソープ」です。デリケートゾーンの黒ずみとニオイをまとめて対策できる点が魅力的です。

デリケートゾーン用のソープで黒ずみのホワイトニング対策をする方は、即効性よりも手軽さを重視しているのではないでしょうか?ソープならカラダを洗う流れで、デリケートゾーンの黒ずみを洗えばいいですからね。

●デリケートゾーンの黒ずみ対策の2位は「市販品」(21.6%)
5人に1人は「薬局やドラッグストアで市販薬やコスメ」でデリケートゾーンの黒ずみを対策しています。同じく薬局やドラッグストアで買える「ニベア」や「ワセリン」をあわせると37%になります。

500円前後で買えるニベアやワセリンが人気なのは、デリケートゾーンの黒ずみ対策を安く済ませたい方が多いのかなと思います。薬局やドラッグストアで手軽に買って、デリケートゾーンの黒ずみ対策をしたいのかもしれません。

→ドラッグストアやネットで市販のデリケートゾーン黒ずみのケア商品154個を比較: https://synergia.co.jp/best-topics/delicatezone-kurozumi/#toc1

●デリケートゾーンの黒ずみ対策の3位は「クリーム」(21.4%)
「デリケートゾーンの黒ずみケアクリーム」も2位とほぼ同率で、5人1人の方が使用しています。意外とデリケートゾーンの黒ずみケアクリームを使っている方がいるんですね。

自宅で本格的なデリケートゾーンの黒ずみのホワイトニング対策をしたい方は、専用のケアクリームを使うんだと思います。皮膚科に通いたくても通えない方も、クリームを使用していそうです。

→デリケートゾーン黒ずみの市販クリームおすすめランキング: https://synergia.co.jp/best-topics/delicatezone-kurozumi/#toc2

●デリケートゾーンの黒ずみ対策の4位は「皮膚科」(7.9%)
「皮膚科のレーザーや薬」でデリケートゾーンの黒ずみのホワイトニング対策しているのは7.9%しかいませんでした。皮膚科でのデリケートゾーンの黒ずみ対策は「値段が高そう」「痛みや副作用が怖い」といった理由で、挑戦しづらい方も多そうです。コロナの感染対策から病院の診療を控えている方もいるでしょう。


■デリケートゾーンの黒ずみケアにかけられる値段は1,000円未満/月が最多!

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/277583/LL_img_277583_6.jpg
デリケートゾーンの黒ずみケアにかけられる値段は1,000円未満/月が最多

※デリケートゾーンの黒ずみが「気になる」「少し気になる」方1,356人の内297人が対象

最多は「毎月1,000円未満」でした(65.0%)。7割近い女性がデリケートゾーンの黒ずみを気にしているのに、ケア費用は安く済ませたいと考えているようです。

デリケートゾーンの黒ずみケアは後回しになりがちだからでしょう。月々の限られた美容代は、美容院・ネイルサロン代や衣服代を優先に使われるのかも。

●デリケートゾーンの黒ずみケアにかけられる費用にあわせた対策法を紹介!
以下の表は、「デリケートゾーンの黒ずみケアにかけられる毎月の費用別おすすめ対策法」についてまとめたものです。

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/277583/LL_img_277583_7.jpg
デリケートゾーンの黒ずみケアにかけられる費用にあわせた対策法を紹介

■デリケートゾーンの黒ずみクリームやソープは8割以上がネットで探している

画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/277583/LL_img_277583_8.jpg
デリケートゾーンの黒ずみクリームやソープは8割以上がネットで探している

※デリケートゾーンの黒ずみが「気になる」「少し気になる」方1,356人の内297人が対象
※複数選択式

「近所のドラッグストア」や「友達に相談」の合計はたったの17.6%。残りの82.4%がネットで、デリケートゾーンの黒ずみクリームやソープを探していると判明しました。

自分の目や耳で確かめて探す方は少ないようです。その理由は「デリケートゾーンの黒ずみケア商品が実店舗に置いていないから」、「友人に聞くのが恥ずかしいから」だと思います。

●デリケートゾーンの黒ずみケア商品をネットで探す方のタイプ3つ
ネットでデリケートゾーンの黒ずみケア商品を探す方は、以下3つのタイプにわけられます。

1. コミ重視タイプ:@コスメ、インスタ、ツイッター、YouTube、LIPSで検索(46.2%)
2. 売れ筋・コスパ重視タイプ:Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング、メルカリ(25.4%)
3. 総合評価重視タイプ:Google、Yahoo(14.8%)

「口コミ重視タイプ」はSNSや口コミサイト、「売れ筋・コスパ重視タイプ」は通販やフリマサイト、「総合評価重視タイプ」は検索エンジンで探した方でわけています。

●デリケートゾーンの黒ずみケア商品は「口コミ重視」で探す方が多い(46.2%)
「口コミ重視タイプ」が46.2%ともっとも多かったです。使用者の口コミを見て「本当に効果のあるデリケートゾーンの黒ずみケア商品が欲しい」と感じている方が多いのでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみケアについては友人に聞きづらいため、半数近い方がネットの口コミを参考に商品を探していると考えます。次いで多かった「売れ筋・コスパ重視タイプ」は、通販やフリマサイトで探し、そのまま気に入ればすぐ購入したいという考えもあるかもしれません。検索エンジンで調べている方は14.8%と少数派で、「自分で地道に商品を調べて比較するのは面倒」と感じている方が多いのかも。

デリケートゾーンの黒ずみケア商品を探す時は、「口コミ」「人気」「すぐ買える」この3つが重要視されやすいとわかりました。


■デリケートゾーンの黒ずみケアをすれば周りの女性と差がつく!
デリケートゾーンの黒ずみが気になっている方は、ケアをすることをおすすめします。7割の女性がデリケートゾーンの黒ずみを気にしているのに、ほとんどの方が何もケアをせず、お金をかけていないのが現状だからです。よってあなたが少しデリケートゾーンの黒ずみケアをすれば、それだけで周りの女性より差をつけることができるのです。

デリケートゾーンの黒ずみは見えない部分ですが、ケアをすれば自信がついて外見の輝きも増すこと間違いなし。急なお誘いにもしっかりと備えられて安心です。美容院やネイル、ファッションにかかっていた美容代の一部を、デリケートゾーンの黒ずみケアにあててみるのもいいかもしれません。


【ベストトピックスについて】
ベストトピックスでは美容や生活、ファッションなど幅広い情報を知ることができます。専門家以上に詳しく調べ、編集部が独自目線で分析。

ベストトピックスHP : https://synergia.co.jp/best-topics/
デリケートゾーンの黒ずみページ: https://synergia.co.jp/best-topics/delicatezone-kurozumi/

▲参考になる画像
・デリケートゾーン黒ずみの市販でおすすめ商品ランキング【154個を徹底比較】
https://synergia.co.jp/best-topics/wp-content/uploads/2021/04/top-eye20210406.jpg

・デリケートゾーンの黒ずみの平均の色、度合いを調査
https://synergia.co.jp/best-topics/wp-content/uploads/2021/05/heikin-eye20210519.jpg


【会社概要】
株式会社シナジア
HP : https://synergia.co.jp/
代表取締役: 奥田 晃一郎
設立 : 2013年11月1日
本社 : 〒581-0027 大阪府八尾市八尾木2-28-3
事業内容 : サイト制作・ECサイト制作、SEO対策、記事・文章作成代行、
集客コンサルティング、アフィリエイト事業
@Pressリリースへ
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
キングソフト インターネットセキュリティ
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る