このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

マザーズ指数は反発、方向感に欠ける展開、材料株や直近IPOの上昇目立つ

マザーズ市況
 本日のマザーズ指数は反発となった。日経平均と対照的にマザーズ指数は上昇してのスタート。ただ、寄り付き後につけた1156.14ptをきょうの高値にその後は上げ幅を縮小。再び強含んで前場を終えたものの、後場には再び冴えない展開になるなど、終日もみ合う方向感に欠ける展開となった。なお、マザーズ指数は反発、売買代金は概算で1133.29億円。騰落数は、値上がり139銘柄、値下がり197銘柄、変わらず15銘柄となった。
 個別では、網膜投影型レーザアイウェアをSMBC日興証券が導入したと発表したQDレーザ<6613>がマザーズ売買代金トップにランクイン。QDレーザの他、スパイダープラス<4192>、coly<4175>、アクシージア<4936>、ENECHANGE<4169>など直近IPO銘柄には物色が散見された。米国でWAFの自動運用サービスβ版の提供を6月1日から開始と発表したサイバーセキュリティクラウド<4493>、250施設をワクチン接種会場として無償提供する方針との一部報道で関心を集めたTKP<3479>、大阪府より自宅療養者の相談や往診を行う「自宅療養者緊急相談センター」受託したと発表したMRT<6034>などにも資金が向かった。その他、ミンカブ<4436>、GNI<2160>、メドレー<4480>、マネーフォワード<3994>などが買われた。一方、直近で強い値動きから前週末には1000円台にのせたアライドアーキ<6081>を筆頭にサイバートラスト<4498>、AIinside<4488>、Appier<4180>、アンジェス<4563>などが売られた。


<FA>

株式会社フィスコへ
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
ブロードバンドセキュリティ
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る