このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

新興市場見通し:中小型株の好循環続く、IPOではフリーなどBB本格化

注目トピックス 市況・概況
先週の新興市場では、マザーズ指数や日経ジャスダック平均の堅調ぶりが目立った。日経平均は下値こそ堅かったが、米中摩擦への警戒感などから23500円を超えると上値が重かった。米感謝祭で海外投資家の取引参加が減ったこともあり、東証1部の売買代金はやや低調。このため個人投資家の物色が中小型株に向かい、マザーズ売買代金は900億円を超える日も見られた。なお、週間の騰落率は、日経平均が+0.8%であったのに対して、マザーズ指数は+2.9%、日経ジャスダック平均は+1.7%だった。マザーズ指数は7月中旬以来の水準を回復している。

個別では、マザーズ時価総額トップのメルカリ<4385>が週間で3.6%高となったほか、一部証券会社の新規レーティング付与が観測されたSansan <4443>は同21.4%高と大きく上昇した。そーせいグループ<4565>は同2.1%安となったが、肺疾患治療薬が中国で保険収載され、週末にかけて買われる場面があった。また、インパクトHD<6067>が週間の売買代金、上昇率ともマザーズトップ。インドの合弁先に関する一部報道を受けて思惑買いが向かった。トビラシステムズ<4441>、エクスモーション<4394>なども大きく上昇した。反面、フィット<1436>やEduLab<4427>が下落率上位に顔を出した。ジャスダック主力ではワークマン<7564>が同10.2%高。一部証券会社のレーティング引き上げが観測された。東映アニメーション<4816>は同6.5%高となったが、親子上場を巡る思惑から買われたようだ。その他はハーモニック・ドライブ・システムズ<6324>が同4.5%高、セリア<2782>が同5.7%安と高安まちまち。売買代金上位ではメイコー<6787>が大きく買われ、タツミ<7268>が週間のジャスダック上昇率トップとなった。反面、フジタコーポレーション<3370>や日本一ソフトウェア<3851>が下落率上位に顔を出した。

今週の新興市場では、中小型株の循環物色が続きそうだ。マザーズ指数は企業決算の発表が一巡した11月半ばから急ピッチの上昇を見せている。足元では利益確定の売りも出ているようだが、米中関係への懸念などから大型株の買いが手控えられ、引き続き中小型株に資金が向かいやすいだろう。今週から12月IPOのブックビルディング(BB)が増えるため、参加に伴い個人投資家の資金が拘束される点は懸念材料となる。ただ、目先は株価上昇で好循環が続きそうだ。

今週は、12月4日にLink-U<4446>、12月6日にHEROZ<4382>、日本スキー場開発<6040>、OSGコーポレーション<6757>などが決算発表を予定している。Link-Uは集英社との業務提携を発表し、先週末に株価が大きく上昇。OSGコーポは前四半期の決算がポジティブに、対照的にHEROZはネガティブに受け止められたが、今回の決算にも注目したい。先週末発表の決算ではウチダエスコ<4699>などが好感されているようだ。

IPO関連では、12月2日に名南M&A<7076>が名証セントレックスへ新規上場する。同社はM&A(企業の合併・買収)の仲介・コンサルティングを手掛ける。地方市場上場案件としては公開規模がやや大きいが、中小企業におけるM&Aニーズの高まりが追い風になると期待されているようだ。なお、今週はフリー<4478>など12社が新たにBB期間に入る。




<FA>

株式会社フィスコへ
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
サイト買取
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る