このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

プロネクサス Research Memo(3):「新中期経営計画2018」は順調に進捗

注目トピックス 日本株
■今後の展開

今後の展開では、従来の開示業務プロセス支援やIR支援に加え、BPOサービス分野を開拓するなど、川上から川下までトータルでサポートを行い、ビジネスの裾野を広げることで1社当たりの受注単価アップを見込む。ユーザーが一斉にサービスの拡充を求める訳ではないことから、急激に収益構造が好転する訳ではないが、こうした施策はジワリと収益に好インパクトを与えることになるだろう。有価証券報告書、株主総会招集通知などの印刷だけではなく、IRも含めた企業の情報開示をトータルコーディネイトする企業としてプロネクサス<7893>のプレゼンスは高まっていきそうだ。

上場会社IR関連については、Webサービスに対するニーズの高まりや海外投資家の増加に対応することによって、ビジネスが拡大するものと思われる。なかでも、英文関連サービスは、英文株主総会招集通知を作成している企業は約930社(同社の2017年3月現在のシェアは38%)にとどまっており、拡大余地は大きい。

他方、株主総会招集通知では「スマート招集」サービスに期待がかかる。導入企業は1年前までは2社にとどまっていたのが、前期は30社と想定以上に早いペースで拡大。まだ、ビジネスとしては助走段階だが、招集通知の電子化は確実に広がっていきそうだ。さらに、台湾をはじめとした日系企業のアジア進出支援ビジネスも、地方金融機関との提携で積極的に取り組んでいく。

2019年3月期を最終年度とする「新中期経営計画2018」は、現時点で順調に進捗。

最終年度に売上高23,000百万円、営業利益2,800百万円、経常利益2,850百万円、親会社株主に帰属する当期純利益1,970百万円を目標として掲げているが、難なくクリアできるものと想定できる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水野 文也)



<TN>

株式会社フィスコへ
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
インフォキュービック テキスト広告
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る