このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

エニグモ Research Memo(4):新マーケティングミックスの進化により2ケタ増収を見込む

注目トピックス 日本株
■業績見通し

1. 2019年1月期の業績予想
2019年1月期の業績予想(単独決算ベース)についてエニグモ<3665>は、売上高を前期(単体)比12.2%増の4,784百万円、営業利益を同2.1%増の1,745百万円、経常利益を同1.7%増の1,745百万円、当期純利益を同83.8%増の1,205百万円と増収増益を見込んでいる。

売上高は、新マーケティングミックスを継続的に実施するとともに、BIG DATAやAIの活用、パーソライズ施策※などにより、その効果や効率をさらに高めることで2ケタの増収を実現する想定となっている。

※パーソナライズドクーポンやパーソナライズドポイントの導入など。


一方、増益率が緩やかな水準にとどまるのは、新マーケティングミックスの構築・運用(約2億円)のほか、海外事業や新規関連サービスへの投資(約2億円)など、更なる成長に向けた先行投資を計画していることが理由である。

弊社でも、同社の売上高予想(増収率12.2%)は、前期の第4半期における売上高の伸び(前年同期比13.3%増)から判断すると、十分に達成可能な水準であるとみている。また、利益予想についても、積極的な先行投資を織り込んだ合理的な水準であると評価している。注目すべきは、新マーケティングミックスの効果や効率をさらに高める施策がどのような成果を生み出すかにある。特に、BIG DATAやAIを活用した新マーケティングミックスの連続的なアプローチが成長の角度をさらに引き上げ、業績の上振れ要因となる可能性にも注目している。

2. 活動方針
同社は、2019年1月期を事業拡大に向けて「複数の施策を仕掛ける攻めの一年」と位置付けており、新マーケティングミックスの更なる進化に加えて、引き続き、各種施策の精度向上(「購入ユニークユーザー向上」※1や「1人当たりの平均購入件数向上」※2、サービス拡大に向けたインフラ強化等)にも取り組む方針である。また、新たに開始する「即時下取り割引サービス」※3に加えて、具体的な内容についてはまだ未公表ながら、新規関連サービスのリリースも予定しているようだ。「GLOBAL BUYMA」については、更なる拡大により単月黒字化を目指す構えだ。

※1 SEO再強化、オウンドメディア及びアプリ機能の向上、レコメンド機能の強化、メンズ出品の強化、返品対象カテゴリーの追加、配送機能など。
※2 パーソナルショッパー向け機能向上、購入者向け機能向上、まとめ買い施策など。
※3 BUYMAで購入したアイテムである場合、その場で査定し、承認することにより、購入したいアイテムからの即値引き(下取り)が可能となるサービスである。もし、商品が査定額よりも高く買い取られた場合には、買取額と査定額の差額を振り込むところにも特徴があり、利用者にとってメリットが大きい。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)



<HN>

株式会社フィスコへ
SEOTOOLS一括見積りサービス
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
検索エンジン登録パック+A
SEOTOOLSディレクトリ
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る