このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

31日の香港市場概況:ハンセン0.2%安と8日ぶり反落、中国自動車セクターは逆行高

注目トピックス 外国株
休場明け31日の香港市場は小幅に値下がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前営業日比40.98ポイント(0.16%)安の25660.65ポイントと8日ぶり、本土企業株で構成されるH株指数が16.37ポイント(0.15%)安の10602.97ポイントと4日ぶりに反落した。一方、売買代金は1105億2100万香港ドルに拡大している(29日の売買代金は608億400万香港ドル)。1000億香港ドルの大台乗せは4月5日以来、ほぼ2カ月ぶりだ。

商品市況安が重し。WTI原油先物は昨夜、前日比0.3%安と反落し、この日の時間外取引で下げ幅を広げた。上海商品市場では、銅やアルミなどの先物が軒並み下落している。もっとも、大きく売り込む動きはみられない。中国指標の上振れなどを好感し、指数は小高く推移する場面もあった。中国国家統計局と中国物流購入連合会は31日、2017年5月の製造業購買担当者景気指数(PMI)が51.2で推移したと発表している。市場予想(51.0)を上回った形だ。

ハンセン指数の構成銘柄では、インターネットサービス最大手の騰訊HD(テンセント・ホールディングス:700/HK)が2.6%安と続落。1銘柄で指数を82.6ポイント押し下げている。先週末までは連日で上場来高値を更新していた。

石油関連セクターもさえない。石油グループ大手の中国石油天然気(ペトロチャイナ:857/HK)と石油生産大手の中国海洋石油(CNOOC:883/HK)がそろって1.3%安、油田掘削サービスの中海油田服務(チャイナ・オイルフィールド・サービシズ:2883/HK)が2.9%安で引けた。

非鉄セクターも安い。モリブデン中国最大手の洛陽モリブデン集団(3993/HK)が5.1%、ニッケル大手の新疆新シン鉱業(3833/HK)が2.2%、銅生産で中国最大手の江西銅業(358/HK)とアルミニウム中国最大手の中国アルミ(チャルコ:2600/HK)がそろって1.4%ずつ値を下げた。

半面、中国の自動車セクターは高い。吉利汽車HD(175/HK)が7.5%、華晨中国汽車HD(ブリリアンス・チャイナ:1114/HK)が4.2%、広州汽車集団(2238/HK)が3.2%、比亜迪(BYD:1211/HK)が2.9%、長城汽車(2333/HK)が1.3%ずつ上昇した。

本土市場は小幅ながら4日続伸。主要指標の上海総合指数は、前営業日比0.23%高の3117.18ポイントで取引を終えた。中国PMIの上振れに加え、マーケットの需給改善も期待されている。当局は大株主の持株売却規制を強化する方針だ。約1兆人民元相当の放出が先送りされる可能性がある。

【亜州IR】



<CS>

株式会社フィスコへ
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
検索エンジン登録パック+A
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る