このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

ブロックチェーンにより、VRBは資産銀行を暗号化し、新たな「契約型」ビジネス生態を構築する

TOKYO, Jun 28, 2019 - (JCN Newswire) - 2018年末までに、世界総GDPは84兆ドルで、その中でアメリカは25%を占めています。ドルをキャリヤーとして世界の価値を維持して流通する金融サービス機構は数万を超えています。その中で銀行が一番多く、数千軒の銀行が数十万のネットワークを世界の隅々に広げています。

ビットコインに代表される暗号化されたデジタル資産は誕生10年で、時価総額はすでに2.3兆ドルを超えています。世界の総生産額には及ばないですが、無視できない存在です。市場価値は兆元に達していますが、暗号化された資産の管理と流通を担っている銀行は少なく、VRBの出現は市場の空白を満たしています。そして新たな「契約」メカニズムを導入して、ユーザーに最適な暗号化資産管理と付加価値サービスを提供するように努めています。

VRB暗号化資産銀行:2.3兆規模資産の最適管理者
VRBは世界トップの契約型暗号化資産銀行として位置付けられています。現在は世界初の銀行免許証とアメリカのデジタル通貨運営許可書を持っています。法律で登録されたデジタル銀行は合法的に暗号化デジタル資産と関連金融サービスに従事できます。VRBユーザーの資金安全を十分に保証しています。このような安全で信頼できるVRBは、「スマート契約」技術の完璧なサポートによって、暗号化された資産のスムーズな流通が確保され、将来的には2.3兆ドル規模の資産の最適管理者になります。

膨大な量はVRBが暗号化資産の分野で最も強力な共通認識を凝縮し、今後の商業のために次の種のユーザーを植えることを意味する。超多量の資本が暗号化銀行に集まって、業界内で一種のポテンシャルエネルギーを形成し、先入観から強者まで強くなり、暗号化資産分野の全力を統合すると同時に、VRBもブロックチェーンの未来のために明確な方向を指摘しています。

規模だけでなく、世界的な資産の流通を促進することが、暗号化資産銀行のハード核目標となります。
VRBの最大の核心はブロックチェーン技術に基づいて徐々に成熟した知能契約技術を発展させ、過去の人と人の間の信頼を確立する過程を最大限に簡略化し、向上させ、更に第三者プラットフォームを通過する必要がなく、ユーザーポイントとポイントの間に信頼の基礎を構築し、情報孤島の現状を打破し、VRBグローバル暗号資産管理プラットフォームを構築する。暗号化資産のグローバルな流通を促進する。

デジタル資産の流通増値の基礎の上で、VRBは更にデジタル資産と実体商品の間の原始的な障壁を通じて、両者の間に自由自在に流暢な両替ができます。VRBの最終目標はブロックチェーン知能契約をキャリヤーとする社会商業の新しい信頼システムを構築することです。大規模でデジタル資産の流通閉ループを行い、新たな商業決済と信用システムを構築することはVRB暗号化資産銀行のハード核目標である。

路線図の計画によって、今年7月にVRB暗号資産銀行のサービスを初歩的に受けることができます。来年の9月までVRBの5大核心生態は全部オンラインになります。同年10月にVRB暗号資産銀行に基づくVRTデジタル資産接続実体商品と仮想資産の両替を見ることができます。全く新しい「契約型」商業生態はもうすぐ成型します。

もし私達が目を長くして、暗号化資産銀行がサービスの1億のユーザー、10億のユーザー、ひいては全世界のユーザーをカバーすることを普及させることを始める時、VRBは現在いかなる経済体の標的になるスーパービッグマックになります。

国家+都市を発表する:ユニティスター、ミヒカン
ニュース時間:2019年6月28日
会社名:VRB Corporation
連絡先:トムソン
メールボックス:contact@vrbcoporation.com
URL:vrbcoporation.com

Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com
JCN Newswireへ
SEOTOOLS一括見積りサービス
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
iディレクトリ
SEOTOOLSディレクトリ
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る