このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

ダイエットの成功のカギは 「間食」 にあった!

2019年5月23日

大正製薬株式会社

ダイエットの成功のカギは 「間食」 にあった!

・調査期間:2019年4月20〜23日
・調査手法:インターネットでのアンケート調査
・調査対象:ダイエットに失敗したことがある10〜60代の男女606名
 ※「全体」・「男性」・「女性」の数値は、日本の人口構成比に準じています


 大正製薬株式会社 (本社:東京都豊島区) は、ダイエットに挑戦し失敗した経験がある10〜60代の男女606名を対象に、ダイエット効果のある新しい食習慣「ヘルシースナッキング」に関する調査を実施しました。調査の結果から、まだまだ認知はされていないものの、試してみたいという意向の高さが明らかになりました。

間食でできるダイエット!? 「ヘルシースナッキング」のすすめ

清々しい五月晴れが快い今日この頃、一方で徐々に薄着になることから身体のあちこちが気になる季節でもあります。これまで理想の体型を追い求めて幾度となくダイエットに挑戦するも、日々の運動や食事制限がつらく失敗ばかり……という方も多いのではないでしょうか。ダイエットで成功している人ってものすごいがまんをしているのでは……つらい思いをせずにダイエットができたならば……なんて思いますよね。

そこで、ダイエットにつながる新しい食習慣、その名もヘルシースナッキングをご提案。スナッキングとは間食の意味ですが、間食と聞くと「太りそう…」と心配の声も。ダイエットの失敗経験のある男女606人に間食への罪悪感を抱くか聞いてみたところ、約6割の方が罪悪感を抱き、男性よりも女性の方が強い傾向にあります。また、間食の時間帯では、「夕食から寝るまでの間」がダントツで32%、次いで「3時ごろ」が15%、「5時〜6時ごろ」が10%という結果でした。がまんしなきゃと思いながらもがまんできずにやっちゃった、という感じですね。

間食する際(または間食後)、罪悪感を感じてしまうことはありますか?
罪悪感を感じやすい間食の時間帯をお選びください
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905236739-O3-iPLk0UnP

ダイエットに失敗した人の9割が 「試してみたい!」と回答

ヘルシースナッキングとは、間食により腹持ちを良くすることで、食事前の空腹感からくるドカ食いを防ぎ、結果的に1日の総摂取カロリーを抑えるという食習慣のことです。今回の調査でヘルシースナッキングについて聞いたところ、「内容まで知っている」3%、「名称だけは知っている」12%、「聞いたことがない」85%と、まだまだ浸透していない状況ですが、ヘルシースナッキングについて説明した上で試用意向を聞いたところ「ぜひやってみたい」、「やってみたい」と答えた方は、合わせて64%に上りました。ダイエットのつらさがわかる方々だからこそ、魅力的に感じるのかもしれません。

あなたは「ヘルシースナッキング」を知っていますか?
※ヘルシースナッキングとは、間食により腹持ちを良くすることで食時前の空腹感からくる
 ドカ食いを防ぎ、結果的に1日の総摂取カロリーを抑えるという食習慣のことを指します。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905236739-O6-N08mCSyf

あなたは「ヘルシースナッキング」によるダイエットを試してみたいと思いますか?
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905236739-O7-I3OsO38P

ヘルシースナッキングの食材としては、腹持ちがよくビタミンなどの栄養素もたっぷりなナッツ類や、ビタミンと食物繊維が含まれるフルーツ類、高たんぱくの乳製品、栄養バランスに優れた卵食品などが一般的に推奨され、1回当たり200kcal以内が目安となります。アーモンド1粒=約7kcal、クルミ1粒(2かけ)=約40kcal、バナナ1本=約80kcal、卵1個=約80kcalです。食べ過ぎないように計算しながら間食しましょう。

小腹が空いたら、ダイエットサポート飲料「コバラサポート」
そして「コバラサポートふくらみPlus」

とは言うものの、実際に間食でどれくらいのカロリーを摂って、晩ご飯にどれくらいのカロリーを抑えられたのかを計算するのは大変ですよね。晩ご飯を作ってはみたものの、いろいろな食材を使っているのでこのカロリーってどのくらいなんだろう!?…と。

そこで、このヘルシースナッキングに、ぜひ、おすすめしたいのがダイエットサポート飲料「コバラサポート」です。お腹が空いているときに冷やして飲むとおなかでふくらみ、空腹感を軽減できます。なんと言ってもコバラサポートは約32calと低カロリー、コバラサポートふくらみplusはカロリーがゼロですので、普段の食事量が減ることで1日の総摂取カロリーを抑えられます。

ふくらむ秘密は、「コバラセンサー技術」。空腹時の胃の中を想定した強酸性の液体に、コバラサポート、コバラサポートふくらみplusをそれぞれ加えた実験では、炭酸の泡を含んだゼリーになってコバラサポートが1.4倍に、コバラサポートふくらみplus では2倍にふくらみます。主な原材料はペクチンです。ペクチンは、果物などの細胞を結合している多糖類で水溶性食物繊維の一種です。炭酸が利いていてフルーツやヨーグルトなどの風味ですので、とても飲みやすいダイエットサポート飲料です。

ライザップと大正製薬がコラボした「コバラサポートR」 新発売!

「結果にコミットする。®」 でおなじみのライザップ。数々の芸能人や13万人※1を超える方々のボディメイクを実施していることで有名です。ライザップメソッドの中のひとつに食事のマネジメントがあり、糖質を抑えることも推奨されています。糖質、脂質、たんぱく質が三大栄養素と呼ばれていますが、運動したときに最初に燃焼されるのが糖質になります。脂肪を燃焼させたいと思っても糖質を摂取していれば糖質が先に燃焼され、脂肪は後回しにされてしまいます。だからダイエット時に糖質を抑えることも、重要なポイントになります。
※1 RIZAP株式会社 2019年4月末現在

そして、ライザップと大正製薬がコラボした新製品が「コバラサポートR」です。特徴は、カロリーゼロに加えてコバラサポートシリーズとして初めて糖質もゼロに!ビタミンB2、ビタミンB6、ヒハツ、アルギニン配合、炭酸が利いてすっきりとさわやかな風味に仕上げてあります。「今から夏に向けて無理なくやせたい」「忙しくて今日は残業。何か食べちゃうとカロリーが気になる」「晩ご飯を食べたのに、こんな遅い時間にお腹が空いた」というときにおすすめです。

ギラギラとした太陽が照り付ける暑い夏は、もうすぐそこまで来ています。今年は、コバラサポートシリーズによるヘルシースナッキングで、健康的なダイエットを試してみてはいかがでしょうか。


【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905236739-O4-Y7fb55d5


【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905236739-O5-RTmf9nmt

コバラサポートブランドサイト https://brand.taisho.co.jp/kobara/product/

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905236739-O8-Cd6JR090

共同通信PRワイヤー リリースへ
SEOTOOLS一括見積りサービス
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
キングソフト インターネットセキュリティ
SEOTOOLSディレクトリ
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る