このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

【TIW・アナリスト】本日10月30日(木)、パナソニック(6752)・キヤノン(7751)以上2銘柄のアナリストレポートを発行。

独立系証券リサーチ会社である株式会社ティー・アイ・ダヴリュ(東京都千代田区 代表取締役:藤根靖晃、以下TIW社)は、本日以下の内容でアナリストレポートを発行致しました。
詳細は、TIWホームページ( http://www.tiw.jp/ )または無料メールマガジンTIWAnalystWeekly「投資の眼」( http://www.tiw.jp/mail/index.php ) をご覧下さい。また、当社レポートを採用されている金融商品取引業者様一覧は、下記URLからご覧いただけます。( http://www.tiw.jp/service/database.html#inside


【TIW・アナリスト】
本日10月30日(木)、パナソニック(6752)・キヤノン(7751)以上2銘柄のアナリストレポートを発行。
株式会社TIW

10月30日 パナソニック(6752)
〜通期で下振れ含みながら、同業他社と比べ健闘。株価は依然評価不足であろう〜
要旨・投資のポイント
■09/3期上期業績は、売上4兆3,437億円(前年同期比4%減)、営業利益2,281億円(同4%増)。営業利益は1Q(4-6月)の貯金もあり計画を上回ったが、2Q(7-9月)はほぼ想定線の模様。通期予想は据え置かれたが、下振れ含みといえる。為替前提の変更、原材料高の影響、DSC(デジカメ)を含む主要製品販売の下振れ見通し等により、営業利益の通期TIW予想を5,600億円から4,800億円に引下げた。他の民生電機大手が大幅営業減益見通しの中で、・・・・(詳細内容は本レポートをご覧下さい。)

◎ 無料メールマガジンTIW Analyst Weekly「投資の眼」のご登録( http://www.tiw.jp/mail/index.php

10月30日 パナソニック(6752)
通期で下振れ含みながら、同業他社と比べ健闘。株価は依然評価不足であろう
10月30日 キヤノン(7751)
09/12期は円高影響やLBP、DSCの需要減で、大幅な営業減益の公算

◎ 最近の発行レポート一覧 http://www.tiw.jp/report/analyst_list.php

<免責>
本レポートに掲載された情報・意見は株式会社ティー・アイ・ダヴリュが信頼にたると判断した情報源に基づき作成したものでありますが、完全性、正確性を保証するものでは有りません。本レポートに掲載された内容は必ずしも適切且つ妥当なものとは限りません。投資に係る最終決定は投資家ご自身の判断と責任で行って下さい。

◎ 株式会社ティー・アイ・ダヴリュ会社概要
代表取締役   : 藤根 靖晃(ブログ: http://www.fujine.org/
基本理念    :「中立・公正な情報の普及によって資本市場の健全な発展に貢献する」
事業内容    : ◆ アナリストレポートの発行
            ◆ 企業・産業調査
            ◆ 金融機関向け各種サポートコンサルティング

◎ 本件に対する問い合わせ先
株式会社ティー・アイ・ダヴリュ  担当 西村、石川
東京都千代田区神田神保町3−5 BONMARUSANビル8階 
TEL 03-5215-5830 FAX 03-5215-5831 URL: http://www.tiw.jp/
お問い合わせはこちらから( https://www.analystnet.jp/tiw-form/qa/index.php


News2uリリースへ
SEOTOOLS一括見積りサービス
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
SEOTOOLSディレクトリ
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る