このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

「金・プラチナ・石油3油種は総じて上昇して大納会・穀物とコメはまちまち」【ドットコモディティ】

(12/30) 更新
米国デリバティブ誌「Futures 」のWEB版「FUTURES MAG.COM」なら、世界中の旬なマーケット情報やコラムについて、原文や日本語訳文をお選びいただき、ご覧になれます。
https://commodity-board.com/2011/05/futures-magazine.html

【原油】
30日の原油相場は、軒並み高。NY原油高から買いが主導した。大引けの前営業日比(帳入値比較)は、30〜240円高。先限の帳入値段は前日比200円高の5万0440円。

29日のNY原油は小幅上昇。中心限月の2月限は前日比0.29ドル高の99.65ドル。一時99.92ドルまで上昇したものの100ドルを突破するには至らなかった。

NY原油は上昇。米経済が欧州債務危機の影響を乗り切りつつある兆候や、中東情勢の緊張で供給が混乱するとの観測が背景にある。米失業保険申請件数では、4週移動平均が3年ぶり低水準となった。また中古住宅販売成約指数は2カ月連続で上昇した。イランは今週、原油輸出に対する制裁が発動される場合、ホルムズ海峡を封鎖して石油輸送を遮断する方針を示したため、その動きが軍事的リスクとなって石油相場を押し上げる要因となった。

本日午後5時からの夜間取引は、強もち合い推移を予想。NY原油相場の中心限月は午後15:30現在99.75ドル。予想レンジ(先限)は、5万0300〜5万0700円。

【金】
30日の東京金の日中取引は、小幅高。大引けの前営業日比は1〜3円高。前日のNY金が続落したものの、時間の経過とともにロコロンドン現物高とグローベックスが堅調に推移したことから東京金は上昇傾向を強めた。
29日のNY金市況は続落した。20セントを超える一段下げで引けた。中心限月の2月限は前営業日比23.2ドル安の1540.9ドルで引けた。一時1523.9ドルまで安値を追った。

シカゴ購買部協会景気指数や仮契約住宅販売指数がいずれも事前予想を上回ったことや、新規失業保険申請件数が4週間の平均で減少に転じたため、米景気の底堅さを物語る内容となった。年末で市場参加者が限定的なため、相場は素直に反応してNYダウは135ドル高と反発した。一方でこの日行われたイタリアの10年物国債の入札で平均利回りが前回の7.56%から6.98%に低下したが、なお危険水域といわれる7%に迫る高水準のため、為替市場はユーロ安ドル高が継続している。後半にかけて欧州中央銀行(ECB)がイタリア国債の買い入れを発表すると、これが好感されてユーロはやや持ち直している。

本日、5時から取引が再開される夜間取引では、一段下げが予想される。ロコ・ロンドン現物が続落して推移していることから売り人気が優勢化する見通し。午後3時30分現在のロコ・ロンドン現物は1554.80ドル。東京金先限ベースの予想レンジは3865〜3900円中心。

【コメ】
30日の東京コメ相場は、まちまち。限月によって方向を違える展開となって取引を終えた。大引けの前営業日比は、40円安〜30円高。先限は変わらずの1万3930円で引けた。

農水省は27日に24年産国内産米穀の政府買入れに関する入札公告を行った。来年1月19日に20万トン枠で実施する予定となっている。23年産の買入実績に基づく県別入札枠は7万4540トンで、これ以外に指定なしが12万5460トンに分けて行うことになっている。23年産入札の仕組みと同様、一本価格で応札するが、応札時に銘柄は問わないほか、入札回ごとに契約締結と引渡時期が異なる。また予定価格は実勢を踏まえるため、現行相対から諸経費を除いた水準が目安となっている。23年産より2000円以上高くなる見通し。最小申込単位は50トン。

【コーヒー】
30日のコーヒー相場(アラビカコーヒー)は、総じて上昇。大引けの前営業日比は、80〜2190円高。先限の大引けの前営業日比は、100円高の2万3700円。当限だけが2枚だけの商い成立で2000円を超える暴騰となった。

29日のNYコーヒー相場は、反落。軒並み2セント強の下落となった。中心限月の3月限は2.50セント安の224.25セントで取引を終えた。

【ゴム】
30日のゴム市況は、小幅安で引けた。大引けの前営業日比は、2.6〜0.1円安。年末ということで様子見気分が広がって同値圏で推移した。

この年末年始にかけてはタイなど東南アジアのゴム生産国の天候不順が懸念材料。今年は世界的にラニーニャで天候が不安定であることから、タイでも今年の大洪水が完全に解消されたわけではなく、再び天候が荒れて生産に支障が出てくる恐れがある。タイ防災局によれば、「南部のスラタニ、ナコンシタマラト、パタルン、ソンクラ、ヤラ、サトゥン、ナラティワート、クラビ、トラン、パタニの10県では、1月1日ごろまで豪雨と高潮に注意する必要がある」と警告している。

タイRSS3(対日商社向け1-2月FOB契約/バンコク港積み)330.00¢。理論上の採算値は266.40円。原料であるUSS3はkg当り89.0バーツ中心。

【大豆】
30日の東京一般大豆は総じて小幅下落。大引けの前営業日比は、600円安〜90円高。先限は30円安の3万8430円で取引を終えた。東京コーン相場はまちまち。大引けの前営業日比は80円安〜190円高。先限は190円高の2万2990円で取引を終えた。

シカゴ市場は欧州債務問題を意識して為替市場はドル高ユーロ安基調が続く中で、南米の天候は今週末にかけてブラジルの広範囲に降雨予報が出たことが警戒されて大豆市場から弱気ムードが先行して値を消す展開。朝方は株価の上伸を好感して押し目買いも見られたが、コーン、大豆市場ともに前日の高値を抜けずに息切れして値を消す展開となり、両市場ともにほぼ安値引けとなった。

==================================
1)本レポートは、ドットコモディティ株式会社が信頼出来ると判断した情報源から入手した情報に基づいて作成しておりますが、レポートに記載されている情報が正確であるとの保証は致しかねます。情報に関し不完全な場合もございます。本レポートに記載する価格、数値等は、過去の実績値、概算値、もしくは将来の予測値であり、実際の数値とは異なる場合があります。本レポートは将来の結果をお約束するものではございません。また本レポートに記載されている情報をいかなる目的で仕様される場合におきましても、お客様の判断と責任において使用されるものであり、本レポートにある情報の使用による結果についてドットコモディティ株式会社が責任を負うものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。

2)本レポートに記載されている内容の著作権は、原則ドットコモディティ株式会社に帰属いたします。本レポートにおいて提供されている情報に関してドットコモディティ株式会社の承諾を得ずに当該情報の複製、販売、配布、公表、修正、頒布または営利目的での利用を行う権利を有しません。
==================================
<会社概要>
会社名 : ドットコモディティ株式会社(http://www.commodity.co.jp/
所在地 : 東京都渋谷区恵比寿1-21-8 セラ51 ビル6F
代表者 : 舟田 仁(じん)
資本金 : 18 億9,999 万円
事業内容:商品取引受託業務、海外商品先物取引業務、店頭商品デリバティブ取引                                                
     経済産業省・農林水産省許可商品取引会社

News2uリリースへ
SEOTOOLS一括見積りサービス
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
ブロードバンドセキュリティ
SEOTOOLSディレクトリ
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る