このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像

SEOTOOLSニュース 

SEOに関連するニュースリリースを公開しております。
最新のサービス情報を、御社のプロモーション・マーケティング戦略の新たな選択肢としてご活用下さい。

プレジデンツ・データ・バンク提供【アライアンスプロデューサーが綴る企業レポートvol.13】メンタルヘルスケアサービスを展開する株式会社セーフティネットの利用会員数が60万人を突破!!

社員のうつ予防のために、企業の福利厚生として、株式会社セーフティネットが提供するメンタルヘルスケアサービスが、急速に導入されていっている。
【アライアンスプロデューサーが綴る企業レポートとは】
設立から4年、700社以上のベンチャー企業に、累計2000件以上のアライアンスコーディネートを行っている、プレジデンツ・データ・バンク(本社:東京都中央区、代表:高橋礎、http://www.p-db.com/))のアライアンスプロデューサーがお届けする注目のベンチャー企業レポート。新商品、新サービスの詳細や、提携募集、業績報告などを会社ごとに紹介しています。

【アライアンスプロデューサーが綴る企業レポート vol.13】

メンタルヘルスケアサービスを提供する株式会社セーフティネット(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:山崎 敦 資本金:6,000万円)の利用者数が60万人を突破した。

セーフティネットは、社員の「うつ」を予防すべくサービスを提供している。
セーブティネットのヘルスケアサービスは、産業カウンセラーを24時間体制で配備し、社内での悩み事、家庭での悩み事など、相談事のジャンルを問わず受け付ける。専門性のある相談に関しては、契約している精神医学者、弁護士、税理士、社会保険労務士、調査・警備専門家など専門家への相談取次ぎも行い、どのような相談にも対応できる体制が整っている。

サービスの契約は、対企業・組合となっており、企業・組合の福利厚生として導入されている。

セーフティネットの利用会員数の増加の背景には、厚生労働省の発表にある「15人に1人の割合で「うつ」を経験したことがある」というデータが示す通り、企業で発生した精神障害による労災請求の数が、年々増加傾向にあるということがある。

企業でも、社員のメンタルヘルスに関しては様々な取り組みが行われてきているが、いままでの取り組みはすべて「うつ対策でありうつ予防ではなかった。」(代表取締役 山崎氏)のが、実情であった。

セーフネットは、企業内で取り組みが難しい「うつ予防」に対抗するために、メンタルヘルスケアサービスを展開している。

今後は、厚生労働省の発表にあるように、メンタルヘルス対策を怠った企業には、雇用者責任が問われるようになってきており、企業の「うつ予防」に対する取り組みが本格的に始まっていくことが予想される。

時代の流れをいく、セーフティネットのメンタルヘルスケアサービスの展開に期待したい。


【株式会社セーフティネットについて】
設立:2001年1月
本社:東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル9F
代表者:代表取締役社長  山崎 敦
資本金:6,000万円
売上高:2億円(2006年1月期)
社員数:65名(2006年2月現在 契約社員含む)
事業内容:メンタルヘルス
URL:http://www.safetynet.co.jp

【プレジデンツ・データ・バンク株式会社ついて】
設立:2002年4月4日
本社:東京都中央区京橋1-1-5 セントラルビル10F
代表者:代表取締役 高橋 礎
資本金:1392万円
事業内容:
ネットワークインキューベート事業全般
・ ベンチャー企業向けポータルサイトの運営
・ 企業間アライアンス・マッチング
・ ニュースリリースの配信・PR・IR代行
・ M&Aアドバイザリー ・ 資本提携のコーディネイト
・ シンポジウム、セミナー、講演会等の企画運営
・ 未公開ベンチャーへの投資事業
URL: http://www.p-db.com/

【本件に関するお問い合わせ先】
プレジデンツ・データ・バンク株式会社
〒104-031東京都中央区京橋1-1-5 セントラルビル10F
担当:紀伊        
TEL:03-5255-3345 FAX:03-5255-3346         
Email:info@p-db.com
News2uリリースへ
SEOTOOLS一括見積りサービス
SEOTOOLS News Letter

SEOに役立つ情報やニュース、SEOTOOLSの更新情報などを配信致します。


 powered by blaynmail
iディレクトリ
SEOTOOLSディレクトリ
SEOTOOLSリファレンス
SEO対策
SEOの基礎知識
SEOを意識したサイト作り
サイトマップの作成
サイトの登録
カテゴリ(ディレクトリ)登録
カテゴリ登録(モバイル
検索エンジン登録
テキスト広告
検索連動型(リスティング)広告
プレスリリースを利用したSEO


TOPへ戻る